マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【伊達仙台・スペインの太陽】1月25日  仙台塩釜港仙台港区停泊コンテナ貨物船から重油漏れ 七ヶ浜ノリ養殖中止で被害最大14億円【塩竈神社】

 1049回目の記事になります。

1月20日のニュースです。

 

この仙台塩竃港と言う名前は、塩竈神社の海と塩の神に縋りたいからこんな名前になったと思いますよ。

 

そこで重油漏れと言う事は、塩竈神社の仕事はそういうことですな。

これで個人的には宮城県神社庁は終わったと確認できますね。

塩竈神社は県内では国弊中社であり、社格は県内トップで神職養成所が存在する。

ここが駄目ならばみんな駄目。

 

仙台塩竃港ですが実質は仙台港区なので、発生場所は仙台市ですね。

でも名前に塩竈がついているので当然に塩竈神社が悪いと思想の展開が起きる。

だって名前を貸したわけですから。

 

この土地は思想レベルに問題があるから、こちらは相手にしていないからね。

まぁ私には関係無く、自分たちで土地を汚し、運気を下げ、こうなった。

 

大杉神社は海上交通の神ですけども、まさにその職域であり、

コンテナ船から重油が漏れ出す有様は、無能の伊達を中心に仙台を回し、墓穴を掘ったに過ぎない。

相手にする価値のない奴らだからな。

 

 

そもそも職域は宮城県農林水産部ですから、ここがキチガイなのは常識だからね。

キチガイだからみんなおかしくなるんですよ。

 

結局、自民党縦割りと山口組らか?

私に触れるなと言う言葉が理解出来ないのは、理解しがたい。

 

現行で起きているのは「触らぬ神に祟りなし」のみだ。

 

去った人材を見るなと言う事。

 

 

被害額が12億円から14億円です。

平成12年とは1999年です。

平成14年が2002年。

 

これは、1999年の人類滅亡から三位一体の改革までの年です。

やらかしたのは小泉純一郎宮城県農林水産部です。

災いを起こすのはあちら側であり、こちらの問題ではない。

 

ここでさ、こちらに刷り込みすれば悪化のみだからね。

こちらは逆風を吹かせてカルトの破壊が仕事だから。

 

何処まで書けば、理解出来るのか本当に疑問。

 

馬鹿に付ける薬は無いんですね。

 

結局は相手にされていないのにこちらを見るのは全てストーカーなんですよね。

だってこちらは一切興味は無いし、見ていないのだから。

 

頭がおかしいのが見続けるっていつの時代でも同じですね。

 

最後にトドメ。

2002年6月に宮城県仙台地方振興事務所で私を官製美人局で精神科に連れて行ったのは、イモトと言う宮城県職員です。

 

バレバレの終わったゴミ時代。

 

そして神戸のイモトに損害賠償請求。

いつもの宮城県で完結している漫才。

 

誰も相手にしていないし、天に見捨てられて奈落に落ちる宮城県農林水産部だな。

無能の象徴。

 

 

 

12月20日(じゅうにがつはつか、じゅうにがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から354日目(閏年では355日目)にあたり、年末まであと11日ある。

1830年 - ベルギー独立革命: イギリス・フランスなど列国がベルギーのネーデルラント連合王国からの独立を承認。

1948年 - 「日本専売公社法」「日本国有鉄道法」公布。

1973年 - スペイン首相ルイス・カレーロ=ブランコがETAにより暗殺。

1985年 - 横浜エフエム放送FM横浜)が開局。

2000年 - 新潟県民エフエム放送が開局。


12月20日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%8820%E6%97%A5

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

宮城のニュース

仙台港>コンテナ貨物船から重油漏れ 七ヶ浜ノリ養殖中止で被害最大14億円

重油が付着した養殖ノリ(宮城県漁協七ケ浜支所提供)

 仙台塩釜港仙台港区(仙台市宮城野区)に停泊中のコンテナ貨物船から燃料用重油が漏れ出し、近くの海域でノリを養殖する漁業者が所属する宮城県漁協七ケ浜支所(七ケ浜町)は25日、商品の安全性が確保できないとして、今季の生産を停止し、養殖施設を撤去することを明らかにした。被害総額は最大14億円に上る見込みという。

 宮城海上保安部によると、重油漏れが起きたのは20日夜。貨物船の男性船長から「船内タンク間での燃料移し替えの作業中に重油が海に流れ出た」と通報があり、乗組員が吸着マットなどで回収作業に当たった。
 港湾関係者によると、流出量は約1000リットル。当時は西風が吹き、重油の一部が港湾外に流出したとみられる。宮城海保は重油の流出量や範囲などを調べている。
 七ケ浜支所が22日に調査し、ノリや養殖施設に重油が付着していることを確認。貨物船の停泊場所の北東方向にある菖蒲田浜(七ケ浜町)や松ケ浜(同)の養殖場で被害が大きいという。
 七ケ浜支所によると、生産停止に伴う被害額は8億円超で、重油が付着した養殖施設の廃棄に4億~6億円かかる見込み。コンテナ貨物船を所有する井本商運(神戸市)に補償を求める方針。
 七ケ浜支所運営委員会の寺沢春彦委員長は25日の報道各社の取材に「これからが最盛期なのに、悲しい出来事だ。落胆している」と話した。


関連ページ:宮城社会

2019年01月26日土曜日

 

 

仙台港>コンテナ貨物船から重油漏れ 七ヶ浜ノリ養殖中止で被害最大14億円 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190126_13008.html