マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

1月15日 メイ「首相はゾンビリーダー」 EU離脱協定案否決で英メディアが痛烈批判

 1月19日にまとめられたニュースです。

 

下記を読むとですね、

2001年の平成13年フナブ・クーにたとえた携帯電話を引き合いに、ゾンビの展開と言うのは、あれですね。

私はほぼ毎日キャベツは食べていますけれども、やっぱね平成13年からの流れはみんなおかしいのだろうと思います。

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

メイ「首相はゾンビリーダー」 EU離脱協定案否決で英メディアが痛烈批判 © REUTERS / Justin Tallis
欧州
2019年01月19日 10:10短縮 URL
トピック Brexit:英国のEUからの離脱 (120)

英議会下院は日本時間16日未明、欧州連合EU)離脱合意案の採決を行い、反対多数で否決した。これを受けて、英国のメディアでは反対派からも賛成派からもメイ首相に言葉を惜しまぬ厳しい批判が続いた。スプートニクは激烈な批判を短くまとめて紹介する。

 

「首相は命運を決める投票を生き延びたが、自身がゾンビリーダーだという印象を強めたに過ぎない。彼女は核の冬のゴキブリだ。彼女を日光から分け隔てる7マイルの深さにある水中火山の亜硫酸ガスのなかで生き延びる海藻だ。これはNokia 5210(編注:ゴム製の本体のおかげで2001年に発売されたこの携帯は落下や衝撃に良く耐える)だ。彼女の演説はカビの生えたスポーツ用靴下のように生き生きとしていた。彼女は自分の子供たちがようやくキャベツを食べるか腹を空かせたまま寝床に入るよう、子供たちに甲高い声で叫ぶ母親の役割にそれほど悪くなく対処した。テリーザ・メイ政権で英国は全世界の笑いものになった。ミセス・メイは自身が恐ろしい政治的危機の中にいると認識するために毎日目覚めるグラウンドホッグデー(編注:映画、邦題=恋はデジャ・ブ)の中で、恐ろしい英国政治の世界に生きている」

 

メイ「首相はゾンビリーダー」 EU離脱協定案否決で英メディアが痛烈批判 - Sputnik 日本
https://jp.sputniknews.com/europe/201901195820067/