マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

メキシコで石油パイプライン爆発20人死亡

 1月18日のニュースです。

メキシコ中部で石油パイプラインが爆発だそうです。

今回は20人が死亡でした。

 

前回が2010年と言う事でした。

この時代も単純に私の生活が荒らされていた時代ですね。

 

いい加減に田名部と山口組は死んでくれないかな。

それと組んで居る自民党もさ。

 

まあメキシコ現地では、ガソリンの窃盗が多発していると言う事で色々と国の事情が混沌としてますからね。

麻薬王が逮捕されたりと、変革の時期だと思います。

 

私はゴミに観られる筋合いはないんだな。

そしてゴミに教えを請う必要も無い。

ゴミは観なくて結構なんですね。

 

結局、自民党はスペインの太陽に流れましたよね。

ならば私のエネルギーを盗みに来るなよシロアリと言う事ですね。

山口組と芸能界らのことだ。

 

こっちを観るなと何度も書いているわけですね。

邪魔で目障りなんです。

 

こちらは裁判で損害は回収するので邪魔者は要らないんですよ。

2000年の膿はね。

駆除に専念しているだけですね。

 

私は仕分けをきっちりしているわけで、だから仙台では自分から人脈を捨てた。

そしてそれに群がっていたシロアリを駆除すれば完了ですのでね。

そいつが犯罪の2000年代なのでね。

 

私は根元から改善しますな。

 

私は個人的にはメキシコシティ仙台七夕を2011年に皇室を通して飾っていたので、どうなのだろうこの国の現行での思想は、とそんな感じでは見ています。

そんな中で2018年8月1日に航空機が離陸失敗で墜落しましたが、くだらない所とは付き合わない方がいいと思いますね。

 

色々と騙された所はあるんじゃないの?

現行で私は過去のエネルギーは回収したので、その後にペテン師がどんな詭弁、妄言を吐こうが、こちらは関係無いですね。

 

結局は私の入院前の振り出しに全て戻ったわけだ。

私は進む道はちゃんと変わっているし、シロアリは同じ脳みその様だ。

今回は厳格に切り捨てられたから終わりだ。

 

ただ私はメキシコには少なからず悪い風は送ってはいないよ。

国が荒れて移民問題等も出ているだろうから、やむを得ないのだろうと思います。

 

こういうのは常に私の生活が乱れると世界に広がるのだろうね。

やはり魑魅魍魎の駆逐は必須ですな。

 

世の中には要らないゴミが存在しますのでね。

 

大方出だしは関税合戦からがスタートなのかな。

私は知らないけどもね。

みんなバラバラと言うのは、私の身の回りがまさにそれだ。

そんなのが世界に広まっていそうですね。

 

私も小泉なんて全く相手にしていないし、このキチガイが常時妨害しているんでしょ。

 

思想の破滅はこんなもんでしょ。

みんなばらされて、嫌われて、全てを失って仕舞いだね。

 

 

 

 

 

 

メキシコで石油パイプライン爆発20人死亡
2019/1/19 12:011/19 12:25updated
©一般社団法人共同通信社

 【ロサンゼルス共同】メキシコ中部で18日、石油パイプラインが爆発し、ロイター通信によると、20人が死亡し、50人以上が負傷した。


This story is produced by 共同通信

 

メキシコで石油パイプライン爆発20人死亡 - 共同通信 | This Kiji
https://this.kiji.is/459191114190619745?c=39550187727945729

 

 

メキシコでガソリン不足、盗難多発で送油管停止

  •  
ガソリンスタンドには「ガソリンはないと」の手書きの掲示=メキシコ市/PEDRO PARDO/AFP/AFP/Getty Images

ガソリンスタンドには「ガソリンはないと」の手書きの掲示=メキシコ市/PEDRO PARDO/AFP/AFP/Getty Images

メキシコ・グアダラハラ(CNN) メキシコのハリスコ州などの諸州と首都メキシコ市でガソリン不足がここ約1週間深刻となり、ガソリンスタンドで数時間待ちの長蛇の列が発生するなどの混乱が生じている。

ロペスオブラドール新大統領率いる政府がガソリン盗難の多発を受け、複数のパイプラインを止めたことが背景にある。同大統領によると、盗難で国が受けた被害額は昨年、推定で30億米ドル。

メキシコの麻薬犯罪組織がガソリン盗難に関与しているとの指摘もある。

同大統領や国営石油企業「ペメックス」はガソリン不足は起きておらず、流通手段が変更されただけと説明し、国民に平静を求めている。

中西部ミチョアカン州でガソリン購入の列を作る人々/ENRIQUE CASTRO/AFP/Getty Images
中西部ミチョアカン州でガソリン購入の列を作る人々/ENRIQUE CASTRO/AFP/Getty Images

不足が報告されている州はハリスコを含め計6州。ただ、同州ではガソリンではなくディーゼル油を使っている公共輸送機関や貨物便への影響は発生していない。

産油国でもあるメキシコではガソリンの確保は国民の大きな関心を集める問題となっている。石油は国家の大切な所有物との意識も強い。2017年にはガソリンの値上げへの抗議行動も起きていた。

ガソリン窃盗は全国的な問題ともなっており、ここ数年は盗難行為が原因の爆発も複数回起きていた。2010年の爆発では28人が死亡していた。

CNN.co.jp : メキシコでガソリン不足、盗難多発で送油管停止
https://www.cnn.co.jp/business/35131212.html