マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【118番】郵貯1300万円に関するパブリックコメント【海上交通】

 1月18日のニュースです。

 

郵貯1300万円フナブ・クーです。

本日は誰でも知る海の110番ですね。

118に電話をすれば、海上保安庁に繋がります。

 

それはいいのです。

 

問題はさ、おまえら小泉の郵貯海上交通とは関係無いでしょと言うことですね。

 

海上交通の神がとりあえずは大杉神社です。

 

これが私の家系のルーツの様で、私は勝手に調べたから教えられていないのでどうでもいいですけどもね。

裁判では使いますけどもね。

 

要するに私に嫌われるとろくなことがないじゃないですか。

そういう器、そういう力、だからそういう称号であり、血筋、DNA。

それが全てですね。

 

別に仙台逓信病院は消えたし、まあ私の母親に縋る郵貯はいいさ。

私は無関係な話ですのでね。

 

そもそも私の母親が病院選んだのでしょ。

産まれる私が選べるわけはないですからね。

 

私は過去の50年弱は要らないし、それが使えるとは思わないことだ。

 

私は青葉病院の看護記録で、自分が大杉神社を語っているのは確認しました。

だから郵貯ら小泉は厳格に切るし、完全に相手にはせんね。

私は「馬鹿かこいつら」と白い目で見ているだけ。

 

こちらは大杉神社は放置していますけども、小泉と僕こそが要らないからね。

排除するだけ。

ただのキチガイでしょ。

 

結局はアマゾンアカウントは閉鎖しましたけども、これが神奈川からよく届く所は不快だったのでよろしい整理でした。

神奈川には極力金は払わないし、プリンタのトナーも「横浜トナー」からはおさらばですね。

私は横浜と名が付くのはあとは金輪際買わない。

 

 

 

 

 

www.kaiho.mlit.go.jp

 

 

パブリックコメント:意見募集中案件詳細

金融、保険 /銀行

郵政民営化法施行令の一部を改正する政令(案)に関する意見募集

案件番号 225019002
定めようとする命令等の題名 郵政民営化法施行令の一部を改正する政令
根拠法令項 郵政民営化法(平成17年法律第97号)第107条第1号イ
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
問合せ先
(所管府省・部局名等)
金融庁 03-3506-6000(代表)
企画市場局総務課信用制度参事官室(内線)3537,3560

総務省 03-5253-5985
情報流通行政局郵政行政部貯金保険課
案の公示日 2019年01月18日 意見・情報受付開始日 2019年01月19日 意見・情報受付締切日 2019年02月18日
意見提出が30日未満の場合その理由
関連情報
意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案
関連資料、その他
資料の入手方法 担当課において手交
備考 本ページ(案件番号「225019002」)における命令等の案と、案件番号「145209234」(総務省)の命令等の案は同一です。
したがって、本ページか、案件番号「145209234」(総務省)のいずれかにご意見をご提出下さい。
(一方にご提出頂ければ、もう一方にご提出頂く必要はございません。)

 

パブリックコメント:意見募集中案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=225019002&Mode=0

 

 

 

平成 31 年 1 月 18 日
金融庁
総務省

郵政民営化法施行令の一部を改正する政令(案)」の公表について
金融庁及び総務省は、郵政民営化法施行令の一部を改正する政令(案)について、平
成 31 年(2019 年)1 月 19 日(土)から 2 月 18 日(月)までの間、広く意見を募集
することとします。
(制度の概要)
郵政民営化法(平成 17 年法律第 97 号)では、特定日注までの間、郵便貯金銀行が、
原則として一の預金者等から受入れをすることができる預金等の額(以下「預入限
度額」という。)が定められており、郵政民営化法施行令(平成 17 年政令第 342 号)
でその具体的な金額が定められています。
平成 30 年 12 月 26 日に、郵政民営化委員会から「郵政民営化の進捗状況について
の総合的な検証に関する郵政民営化委員会の意見(平成 30 年 12 月)」において、預
入限度額に関し、「通常貯金と定期性貯金の限度額を別個に設定することとし、限度
額は、それぞれ 1,300 万円ずつ同額とする」と示されたことを受け、今般、郵政民
営化法施行令の一部を改正するものです。
(注)特定日とは、日本郵政郵便貯金銀行の全株式を処分した日、又は、他の金
融機関との間の適正な競争関係及び利用者への役務の適切な提供を阻害するお
それがないと認める決定があった日のいずれか早い日をいう。
意見募集対象となるのは、郵政民営化法施行令の一部を改正する政令(案)の概要
(別紙1)です。
詳細については、意見公募要領(別紙2)をご覧ください。
インターネットによる御意見はここをクリックしてください。(e-Gov へリンク)
お問い合わせ先
金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
企画市場局総務課信用制度参事官室
(内線 3537、3560)
総務省 Tel 03-5253-5111(代表)
情報流通行政局郵政行政部貯金保険課
(内線 5989)
(別紙1)郵政民営化法施行令の一部を改正する政令(案)の概要
(別紙2)意見公募要領

 

 

http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000182211