マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

靖国危機、前宮司の手記に見解 「人々の祈りの中に『みたま』は存在」

 1月1日の靖国の見解だそうです。

かなり威厳が後退した。

 

私は魂は弄れるからね。

魂を始末しても戻されるので苦戦していますけどもね。

確実に確認していないので、魂のふりした霊媒かもしれません。

 

私の方が次元を越えて強力だし、霊媒いじりなんてチョロいです。

そんなもの感じないし、どうでもいいしね。

 

私にはパワースポットは最初から無効なので。

 

除霊とか、テレビで霊媒師がやっていますけど、あれはママゴトでしょ。

こちらは瞬時処理できる。

 

私は現場見なくても言われればその場で処理出来ますね。

実に簡単すぎる仕事ね、あれ。

除霊とか、現場見なければ探せない低質さ?

私は地球の裏側でも霊の意思を読んで瞬時に消せますね。

乱暴なのが果たして道理かは置いておいてね。

 

現行で、私が力を奪われるのは小泉が山口組使い、そして山口組が更に無関係の人間を使い、なかなかの人数になって神通力を唱え続けているそうじゃないですか。

 

だからなかなか除霊が出来ないだけですね。

 

霊媒師の仕事であれば瞬時に完了するね、私は。

子供の遊技ですな。

 

山口組とか、毎日私に駆逐されているし、同じ事を毎日毎日繰り返している。

精神世界では焼け野原だし、みんな撤退していく。

アップルの撤退はその象徴でしょ。

 

馬鹿の相手は誰もしない。

 

 

 

現状で私の力を盗みに来るのは私を始末しようとしている山口組らだから、

それと組む者は私は全て駆逐で問題無いと思っている。

容赦はゼロですので。

 

 

この流れは、ジブリの「もののけ姫」のシシ神退治でしょ?

 

http://2.bp.blogspot.com/-oZCMQXSRVcs/U39tXkO7xEI/AAAAAAAABjs/pOz7MdCjAgw/s1600/shishigami.jpg

 

 

私は獅子座だけども、そもそも対峙してくるゴミは力回収すれば済む話でね。

虫けらご苦労だけですよね。

 

私は神社のエネルギー回収については律儀だから県警に告知済みだし、特に何も見解はないと言う話でした。

全く問題ございません。

エネルギーは財産にはならんからね。

だからエネルギー量そのものの対価としては裁判はしないからね。

 

 もののけ姫とか、ゲーマーから見れば世界観浅いしチープだからね。

大したもんじゃない。つまらんね。

 

私はあとは司法で金は回収して、更に神社は兵糧攻めにして遊ぶじゃん?

お笑い宗教ですな。

そもそも私の人生潰し神社で厄払いしていたのが土地改良ですので。

その通りの芋づるの見解ですね。

 

結局は、神職がエネルギーが発生できず、またエネルギーの石も持たず、無宗教の私が無限にエネルギーを有しているのはとても奇妙であり、滑稽ですな。

 

それで調子に乗ればその通り。

 

 

 

下記のアニメの方が面白いのは確か。

古事記よりもこのアニメをおすすめします。

個人的には。

エンディングもとても良かった。

結局は無理なものは無理。

それだけ。

でも奇跡は起きたね。

力そのものが対価だった。

 

 

ちなみに、ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ

このゲームのキーは賢者の石ですね。

これを手に入れるのが目的ですけども、

まぁ無限のエネルギーには当時は助かりましたね。

こういうのはいいです。

錬金のはどろどろしていて現実的です。

 

ドラクエはね、Ⅲのそして伝説へ。

聴く曲はこれだけですから。

これを聴けばいい。

 

 

 

 

 

賢者の石「等価交換」の原則などを無視した錬成が可能になる幻の術法増幅器。その形状は石(固体)とは限らず、「哲学者の石」「天上の石」「大エリクシル」「赤きティンクトゥラ」「第五実体」「鮮血の星」など、様々な別称が存在する(赤色なのは共通)。また本物は壊れることが無い完全な物質とされる。基本的な設定は一般的な賢者の石の設定に準じている。その正体は複数の生きた人間を対価に錬成される、魂が凝縮された高密度のエネルギー体。石その物に莫大なエネルギーと構築式が内包されているため、代価はおろか錬成陣すら必要とせずに錬金術を行使できる[9]。さらに「真理の扉」を開ける際にも石を代価とすることで「通行料」を払う必要が無くなる。ただし伝承と違い、どんなに魂が詰まっていても使用すればその分だけ内包される魂(エネルギー)は減り、最後には壊れてしまう。また、製法に通じた術者であれば錬金術を使って「壊す」事も可能である。錬成には円と五角形を組み合わせた錬成陣を用い、より大きな錬成陣を用いる際には単純に対価となる人間を円の中に入れるだけではなく、いくつかの交点で多くの人の死が必要となる。「血の紋」とは国土錬成陣におけるこの交点のことである。マルコーは賢者の石を破壊する術を発見し、エンヴィーの石を破壊している。

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

靖国神社が前宮司の手記に見解 「人々の祈りの中に『みたま』は存在」

Messenger
終戦の日の靖国神社=昨年8月15日午後、東京・九段北(酒巻俊介撮影)
終戦の日靖国神社=昨年8月15日午後、東京・九段北(酒巻俊介撮影)

 靖国神社は1日発行の社報「靖国」で、「文芸春秋」昨年12月号に掲載された小堀邦夫前宮司の手記「靖国神社は危機にある」の内容に対する見解を発表した。

 手記で小堀氏は、戦没者がたたらないよう靖国神社は祭祀(さいし)を続けてきた-との認識を示したが、見解は「靖国神社の使命は、ご祭神などの崇高な事績を後世に伝え、祭祀を厳粛に行い続けることにより日本のさらなる平和と発展に寄与することにあります」とし、「『みたま』のたたりを恐れ、鎮めることを目的とした神社ではありません」と否定した。

 小堀氏は、天皇陛下靖国神社を参拝せず戦地への慰霊の旅を続けられていることについて「かつての戦地には、遺骨はあっても靖国神社の神霊(みたま)はそこにもうおられないと考えます」「神霊が陛下といっしょに移動することはありえないと思われます」と述べていた。

 これに対し見解は「公共性を有する神社や慰霊碑だけでなく、神棚や墓所・仏壇、さらには亡くなられた方々それぞれの縁の場所においても、人々の祈りの中に『みたま』は存在すると考えます」と、戦地にも戦没者の霊はいるとの認識を示した。

 靖国神社広報課は「教義や教典を持たない神道については信仰上の神霊観念にさまざまな考え方があるが、靖国神社としての見解を示した」としている。

 小堀氏は昨年、内部の研究会での「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ」「今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ」といった発言が週刊誌に報じられ、10月末で宮司を退任していた。

 

 

靖国神社が前宮司の手記に見解 「人々の祈りの中に『みたま』は存在」 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/190109/lif1901090021-n1.html