マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

伊勢市役所前に「国民総参宮」のぼり旗 「政教分離違反」指摘受け撤去

 1月8日のニュースです。

 

国民総参宮の旗が指摘を受けて撤去されました。

 

正論でしょうから仕方がないですね。

 

紅白で旭日旗が映されたそうで、それでこの流れは気持ち悪いと思いました。

 

個人的意見。

私は閉鎖に入り、メキシコ銀貨の腕時計やマラカイト製アステカ・カレンダー、あとは金属製のアステカカレンダーのデザイン皿も捨てられたな。

その辺はもう手に入りません。

また何処かで見ることもあるかもね。

 

私の人生からすれば、のぼり撤去は笑ってみています。

 

現行で私はアステカ・カレンダーは手元にはないです。

メキシカン料理とかだと壁に飾っていそうですよね。

 

そういうのは裁判完了して暇が出来てからかね。

 

 

私は神社の相手はしていないと言う自己主張でメキシコの帽子被っているわけですから。

当然、マヤ・アステカ文明は人身御供の文明だったけど、私がするわけもないしね。

邪魔なのだけ寄らなければいいわけですよ。

 

私は母親が採用したのは必ず捨てますからね。

目障りなので。

 

あと、私は三重の米は食わない。

結びの神をチョイスしたのは愚かだった。

 

○○の神とか、神が付く米は今後避けるようにします。

嘘つきなので。

 

私は神社の相手はしていないので、あんなのに便乗するのは古事記(乞食)で生き恥だと思っている。

捨てた人の個人的意見です。

 

商店もそうだし、世襲で代々継ぐ有様と言うのは、特産物・伝統工芸品等色々な秘伝を継承していない限り、世襲であぐらかいているだけですね。

 

ゼロから店持った人とは違うでしょうね。

そんなことを思う。

 

名が売れると神社に吸い寄せられるあの儲け手法は実に醜い。

あれがこの宗教の醜さだな。

 

神職こそが鍛錬もしないで、禊ぎもしないで、肥えて平成の大厄災を引き起こしている。

まともな脳みそしていれば成果無き集団に下げる頭は存在しない。

それは人として恥だ。

 

 

 

伊勢市役所前に「国民総参宮」のぼり旗 「政教分離違反」指摘受け撤去

åç

 

 

8日、三重県伊勢市役所前に掲げたのぼり旗を撤去する市職員

 

 天皇の代替わりに合わせて、三重県伊勢市伊勢神宮を参拝するよう呼び掛けるのぼり旗六本を、同市が昨年十二月二十八日から十二日間にわたり、市役所前に掲げていたことが分かった。のぼり旗には「平成感謝 国民総参宮」と書かれていた。地方公共団体が特定の宗教を優遇することを禁止する「政教分離の原則」に反すると指摘を受け、市は八日に撤去した。

 のぼり旗を作ったのは市と伊勢商工会議所、市観光協会など四団体でつくる「御大礼奉祝委員会」。鈴木健一市長が会長、商議所会頭が委員長を務める。退位の前後、皇室ゆかりの伊勢神宮天皇陛下らが訪問されるため、提灯(ちょうちん)行列などの出迎え事業を行うことを目的に昨年六月に発足した。

 八日に市役所であった記者会見で、のぼり旗を市役所に設置した見解を尋ねられた鈴木市長は「観光誘客につながればとの思いから許可したが、不適切だった」と回答。会見直後、市役所敷地内から撤去するよう指示を出した。昨年十二月に成立した市の二〇一八年度一般会計補正予算で、奉祝委への負担金として二百九十八万円を支出したことも判明。奉祝委の一八年度予算の八割を占める。市によると、奉祝委の参加団体が負担額を相談して決めた。

 三重大の樹神成(こだましげる)教授(行政学)は「伊勢神宮は全くの観光施設ではない。他の宗教を信仰する市民もいる中、行政が参宮を誘導するような旗を掲げるのは政教分離の点で問題がある」と指摘。公金支出については「奉祝委に支出する目的は何か、根拠を説明することが必要だ」と述べた。

 

東京新聞:伊勢市役所前に「国民総参宮」のぼり旗 「政教分離違反」指摘受け撤去:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201901/CK2019010902000247.html