マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【神の国森喜朗・癌】神戸電鉄(生田神社・欣勝寺)合格祈願「すべらない砂」発がん性成分が検出されたため2019年は配布取りやめ【JR西日本金沢支社】

 833回目の記事です。

1月6日のニュースです。

 

森喜朗仙台藩のコラボレーションである、

「すべらないけど癌になる」酷い砂です。

 

こんな愚かなの要らんわ。

所詮は年寄りのダジャレ。

 

この土地は福知山線でやらかしているので自重してほしいと思います。

 

喉元過ぎれば暑さを忘れる土地だね。

自浄作用が無い。

三塚博の他界日に重大事故を起こした反省がない。

たぶん森に移り、また厄災が出ておりますよ。

 

結局は川崎重工業が撤退の検討始めたのは、全て金沢の石川県が悪いんじゃん。

馬鹿の土地だと周りが悲惨。

 

この金沢は、灯籠流しすると水面上で火が移り、燃えますからね。

呪われている。

災いをまきちらすとか、頭どうかしてるね。迷惑。

 

matomedane.jp

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 馬鹿に口を開かせないのは延々の課題だと思います。

 

運が欲しい側が、運をまくのは1000年早い。

猛省すべきですな。

 

 

matome.naver.jp

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

  •  
  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸電鉄は、受験生を応援しようと兵庫県三田市内などで配っていた合格祈願のお守り「落ちない・すべらない砂」を、2019年は配らない方針を決めた。18年の配布後、砂に微量の発がん性物質が含まれていたことが分かったためで、同社は「受験生に心配をかけるのも申し訳ない」としている。

 

 お守りは、電車の車輪が滑らないように線路にまく砂で、雷が落ちないと伝わる同市桑原の欣勝(きんしょう)寺で祈とう。ビニールの袋(縦9センチ、横5センチ)に入れて16年から本格的な受験シーズン前に無料配布してきた。受験生のほか子どもや孫のために並ぶ人も多く、18年は1月に横山(三田市)、鈴蘭台(神戸市北区)、志染(兵庫県三木市)など県内5駅の駅前で約900個を配った。

 だが、同年に神鉄が配布する直前、JR西日本金沢支社が北陸3県で配った砂から微量の発がん性物質「結晶性シリカ」が検出されたことが発覚。神鉄は「袋を開けないで」と呼び掛けて配り、配布後、神鉄の砂にも結晶性シリカが含まれていることが判明した。(山脇未菜美)

 

神戸新聞NEXT|総合|合格祈願「すべらない砂」 神鉄、今年は配布せず
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201901/0011957368.shtml