マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【長野(笑)】いのちの森水輪で撮影された進化型UFO変形の瞬間!

 1月3日発表の8月1日のニュースです。

 

さて長野県です。

このニュースの話の展開が私個人は面白くて、

パワースポットの神社、そしてテオティワカンまで話が展開したのはさすがだなと思いました。

 

太陽のピラミッドはマヤ思想の象徴ですね。

 

で、撮影日は三塚博の2015年8月1日なんですな。

 

長野県の三塚は自民党清和会の三塚の三塚村なので、こちらは関係はないかな。

五輪開催した場所ですのでこちらはスルーですね。

 

自民党の三塚は遺跡の三塚。学芸員の発掘です。

遺跡を拝んでも何も居ないのは常識ですけども。

 

私は生きている三塚の子孫なので、アホの相手は全くしないと言う結論です。

 

私が画像見た限りでは、「こいつはUFOじゃないじゃん」と言う感想ですね。

 

要するに、結論としては「いのちの森(笑)」、横浜小泉

それだけのニュースだとは思いますね。

挙げ句に埼玉県の山田奈緒子も入ってる。

 

こいつらスペインだろと私は思いますけどもね。

 

 

心と体といのちのセンター水輪について

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

歴代会長[編集]

会長 派閥呼称 期間
1 福田赳夫 福田派 1979年 - 1986年
2 安倍晋太郎 安倍派 1986年 - 1991年
3 三塚博 三塚派 1991年 - 1998年
4 森喜朗 森派 1998年 - 2000年
5 小泉純一郎※1 2000年 - 2001年
6 森喜朗 2001年 - 2006年
7 町村信孝 町村派 2006年 - 2007年
- 町村信孝
中川秀直
谷川秀善※2
2007年 - 2009年
8 町村信孝 2009年 - 2014年
9 細田博之 細田 2014年 -

 清和政策研究会 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E5%92%8C%E6%94%BF%E7%AD%96%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A

 

 

 

長野で撮影された進化型UFO変形の瞬間!

 
 
 

ステルス型戦闘機のように変形。非常にくっきりと写っている

 驚きのUFO写真を入手した!! ケータイ普及以前は、カメラを持ち歩く人などほとんどいなかった。しかし、いまやスマホが普及し1億総カメラマン時代。UFO写真が続々と撮影され、本紙に投稿されているが、これほどはっきりと写っているものは珍しい。撮影場所は長野県長野市飯綱高原の研修施設「いのちの森水輪」の上空。2015年8月1日午後8時ごろに現れたUFOを連続撮影したものだ。

 4枚連続画像を時系列で確認すると、まず画面の左の方に長方形で青暗いものの中心と、両端が白く光る物体が出現。次に光が弱まった感じになる。その後、青暗いものがステルス型戦闘機のように三角形に変形し、さらに画面中央近くに黄色い光も出現する。青暗い物体と黄色い光が徐々に形を変える。

 3枚目の画像が驚異的で、青暗い物体の白い光が増えて強まったことで、物体の形と色がはっきりする。ひし形もしくはステルス型で、色はコバルトブルーだ。後部には煙か管かヒモのような白い線が見える。

 黄色い光は中央から左に飛び去り、光がぶれているが、黄色い球状の物体だったことが分かる。

 4枚目は手ブレが激しいため、光の残像が写っているだけだが、残像から推測するに、2つの物体が複雑な形状であろうことが推測できる。

「いのちの森水輪」はパワースポットとして有名な戸隠神社の近くに位置し、気功合宿など心と体の育成場所として、多くの人に利用されている。

 撮影したのは横浜市に住む主婦Yさん。研修で友人たちと同施設に滞在。星も輝き天気も良かったので研修の合間をぬって中庭に出て、UFOを呼ぼうと空に向かって友人ら全員でコンタクトを取ったという。

 しばらくすると空に光が数回現れた。それを目撃した数人がスマホで撮影したところ、Yさんのスマホにだけ、光とUFO映像が写っていた。

 Yさんは「友人たちは目では光を見ていましたが、スマホでは撮れていませんでした。スマホに光が写っていたのは私のだけでしたので、びっくりしました。よく見ると、明かりがある飛行体のようなものがあったので、これがUFOなのかと驚き、皆さんにもスマホの画像を見てもらいました」と語る。

 また、一緒に研修会に参加し光を目撃した、埼玉県新座市の主婦Iさんは「光が現れたので、急いでスマホで写真を撮りました。でも、私のスマホには何も写っておりませんでした。ほかの皆さんも何も撮れておらず、撮れていたのはYさんのだけでした。Yさんからはその場でスマホの画像を見せていただき、みんな驚いていました」と話す。

 以前、メキシコのテオティワカン遺跡・太陽のピラミッド頂上からUFO画像を撮影し本紙に寄稿したことがある、UFOウオッチャーの山田博士はこう分析する。

「研修会でのサークルで、一緒に光を全員が目撃しており、スマホで全員が光を撮影。その中でYさんのスマホに撮れていた画像で、その場で全員が、Yさんの画像を確認しており、信ぴょう性は高いと思います。また、異次元から現れるように、数機の機体が鮮明に連続して撮れており、極めて貴重なものです。UFO映像にフェイクが多いといわれる中で、異星人存在の有力証拠となりそうな、UFO実写画像であると思います」

 また、UFO研究家の竹本良氏は「青い四角形の物体に照明がついているように見えるものは既存の航空機とは思えません。しかも、曲がった管に見える突起物も理解しがたいです。ベル形やシリンダー形のUFOが懐かしくなるくらい、UFOも進化しているのでしょうか? 飯と名の付く場所にはイワクラ(巨石)が多く、レイラインといわれる不思議な霊脈エネルギーが通るという説もありますが、そういったエネルギー流を利用して飛行する宇宙船なのかもしれませんね」と指摘している。

 

長野で撮影された進化型UFO変形の瞬間!
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1233109/

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

テオティワカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動
世界遺産 古代都市テオティワカン
メキシコ
「月のピラミッド」から望む「死者の大通り」と「太陽のピラミッド」
「月のピラミッド」から望む「死者の大通り」と「太陽のピラミッド」
英名 Pre-Hispanic City of Teotihuacan
仏名 Cité préhispanique de Teotihuacan
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (3), (4), (6)
登録年 1987年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
テオティワカンの位置
使用方法表示

テオティワカンナワトル語Teōtīhuacānスペイン語Teotihuacan)とは、メキシコの首都メキシコシティ北東約50キロの地点にあり、紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡[1][2]。当時のアメリカ大陸では最大規模を誇り、メソアメリカの中心的都市として機能していた。

概要[編集]

テオティワカン人の宇宙観、宗教観を表す極めて計画的に設計された都市で太陽のピラミッド月のピラミッドそして南北5キロにわたる道(「死者の大通り」)が基点となり各施設が配置されている。この都市で祀られた神々は、農業文化と関係深いケツァルコアトルや水神トラロックチャルチウィトリクエ植物の再生と関係あるシペ・トテックなどである。

社会についてはあまり知られていないが、規模から考えると神権的な権威が存在し、高度に階層が分化し、発達した統治組織があったものと推測されている。市内には職人の地区が設けられ、盛んな商業交易の中心地であり、農民たちの巡礼となって集まる信仰の中心地でもあった[3][2]

テオティワカンとは、ナワトル語で「神々の都市」という意味で、これは12世紀頃にこの地にやってきて、すでに廃墟となっていた都市を発見した、メシカ人アステカ人)が命名した。アステカ人はテオティワカンを後々まで崇拝の対象とした。

古代都市テオティワカンとして、1987年世界遺産文化遺産)に登録されている。

 

テオティワカン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AF%E3%82%AB%E3%83%B3