【1月4日 AFP】メキシコ中部プエブラPuebla)州にあるンダチヒアン・テワカン(Ndachjian-Tehuacan)遺跡の中から、同地がスペイン人に征服される以前に信仰されていた豊穣と戦いの神シペ・トテック(Xipe Totec)を祭った神殿が初めて発見された。メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)が発表した。シペ・トテックは、人身御供とされた捕虜の皮をささげられた神として知られている。

 INAHによれば、史料から、神官らが二つある円形の祭壇の一方にいけにえをささげ、もう一方の祭壇でいけにえの皮をはぎ、その皮を自分たちでまとったことがうかがえる。

 歴史家の間では、シペ・トテック(皮はぎ神)は、現在のメキシコ中部・西部とメキシコ湾沿岸部の地域で多数の民族に崇拝されていたというのが通説だった。しかし、シペ・トテックを祭った神殿が見つかったのは今回が初だという。

 また、遺跡発掘現場で見つかった工芸品の中には、シペ・トテックの石像3体が含まれていた。皮をはがれた状態を示す頭像二つとトルソー(胴部だけの像)で、トルソーの背中の部分には、シペ・トテックが着たとされるいけにえの皮が彫り込まれている。

 頭部の石像はそれぞれ高さ70センチほどで、重さは約200キロ。トルソーについては「彫刻的に非常に美しい。高さは約80センチで、腹部に穴が一つ開いている。史料では、その穴には儀式のために『命を吹き込む』緑の石が埋め込まれていたとされている」と、プロジェクトの責任者である考古学者のノエミ・カスティーヨ・テヘロ(Noemi Castillo Tejero)氏は説明している。

 INAHによれば、神殿が使用されていたのは西暦1000年ごろから1260年前後までとみられている。現在のメキシコに当たる地域は、1519年にスペイン人エルナン・コルテスHernan Cortes)が上陸した後、スペインに征服された。(c)AFP