【12月19日 AFP】 エチオピア北部アムハラ(Amhara)州の警察当局は、村が滅亡すると主張して混乱を招いたとして、「終末の予言者」を逮捕したと、国営メディアが報じた。

 国営メディア「AMMA」によると、予言者の男は村の信者に対し、近ごろ天から戻り、陰うつなメッセージを持ち帰ってきたと説明。

 男は「神のメッセージを携えて、天国からちょうど戻ってきた。17日に私が住む地域の人々全員が消えるだろう」「天国へ入った時、自分は聖母マリアVirgin Mary)だと話す女性に会い、神にも会った」と主張した。

 この予言を受け、住民らは学校や事業を数日間閉じたという。(c)AFP