マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

産業革新投資機構取締役9人辞任、ゴーン社長勾留延長絡みで東京地検準抗告、ローラら辺野古埋立ストップ署名、コカコーラ1割値上げ

 12月20日のニュースです。

大きいのを拾いました。

抗告と署名は単に流れですね。

署名は49は時間には使っています。

あとは官民ファンドは、狙ったところはあるかもですね。

 

コカコーラがこの日を狙って1割値上げしたのはどうなんでしょうね。

私は飲まなくなったので。

 

本日は、1973年にスペインの首相が暗殺された日ですから、まぁ自民党としては厄ですね。

そういう日に色々と動くのは私は思想だと思っています。

特にコカコーラはそれだと思いますね。

あとは流れとしてのものなので、そういうことになったと言うのはあると思います。

 

 

 

 

産業革新投資機構取締役9人、28日に辞任

©一般社団法人共同通信社

 産業革新投資機構は20日、田中正明社長ら民間出身の取締役9人が28日付で辞任すると発表した。

 

 

産業革新投資機構取締役9人、28日に辞任 - 共同通信 | This kiji is
https://this.kiji.is/448392834003420257

 

 

東京地検準抗告

©一般社団法人共同通信社

 東京地検特捜部は20日、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)と前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者(62)の勾留延長を認めなかった東京地裁の決定を不服として、準抗告した。

 

 

 

東京地検準抗告 - 共同通信 | This kiji is
https://this.kiji.is/448412716730696801

 

 

ローラの呼びかけ「辺野古埋め立てストップ」13万5000筆突破!玉城デニー知事も「深く感謝」

 
印刷

   人気タレント、ローラの「辺野古埋め立てストップ」の投稿が賛同の輪を広げている。18日(2018年12月)に、「We the people Okinawaで検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから。ホワイトハウスにこの声を届けよう」と呼び掛けた。

   アメリカ大統領府ホワイトハウスの請願サイト「We the people」に、30日以内に10万筆以上の署名が集まれば、米政府は対応を検討し、何らかの回答をすることになっている。 今月8日にスタートした「Okinawa」の署名は、18日までで9万筆だったが、ローラの呼びかけで一気に10万筆を突破し、20日午前8時には13万5000筆以上が集まっている。

アメリカ・ホワイトハウスに直接訴え

tv_20181220143707.jpg
 

   沖縄の玉城デニー知事もツイッターに「たくさんの方と繋がっている嬉しさを多くの皆さんが誇りに感じている。深く感謝です」と書き込んだ。

   高木美保(タレント)「芸能人の政治的発言はタブーだという発想を変える時代に来ていますよね。インターネットで世界と繋がっている中で、鎖国状態のような考えでいいのかなと思うし、この国をよくしたい、政治をよくしたいという純粋さをローラさんに感じます」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「日本政府は聞く耳を持たないんですよ。それでもできることは何か。もうアメリカ国民、アメリカ政府に直接訴えることしかないんだなと・・・」

 

ローラの呼びかけ「辺野古埋め立てストップ」13万5000筆突破!玉城デニー知事も「深く感謝」 : J-CASTテレビウォッチ
https://www.j-cast.com/tv/2018/12/20346520.html

 

 

コカ・コーラ、最大1割値上げ 19年4月に27年ぶり 
【イブニングスクープ】

サービス・食品
2018/12/20 18:00
日本経済新聞 電子版
 
 
 
 
 

飲料メーカー国内最大手のコカ・コーラボトラーズジャパンCCBJI、東京・港)は2019年4月にも、主力のコカ・コーラを含む清涼飲料を値上げする。まず大型ペットボトル商品を対象に、希望小売価格を6~10%引き上げる見通し。消費増税分の反映以外の値上げは27年ぶりになる。物流コストが上がっており、価格に転嫁する。業界首位が値上げに踏み切ることで、清涼飲料各社に波及する可能性がある。

コカ・コーラ、最大1割値上げ 19年4月に27年ぶり  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39191990Q8A221C1TJ2000/