マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

他人の人生に干渉する(口出しする)人のレベル

 これは重要ですよね。

これは、自己中に多いと思いますけどね。

評価されなければ満足しないタイプね。

 

こういうのは頭がおかしいのでとっとと離れればいいんですけどね。

承認欲求のタイプですね。

 

このタイプはまんまストーカーです。

 

そういう連中と言うのは、何処までも頭がおかしく、強要してきますから、必要な措置は必須ですね。

 

それが子育てになると最悪な結果になります。

 

私は視力は勉学で落とした。

かなり無駄だったと思います。

昼は照明は点けるなとも言われて、それで視力は大きく落としました。

 

やはり視力は1.5でありたいね。

くだらん大学や公務員なんてどうでもよかったから、やはり視力もそうだし、健康体が一番すよ。

 

公務員になっても出会ったのはゴミだからね。カルトゴミ。

親に全て騙されていたと言うことだ。

 

それで私が得たものは全く無く、私は宮城県庁で人間らしさを失った。

あそこは犯罪の巣窟である伏魔殿だからね。

 

 

www.mamatenna.jp

 

 

私の人生はカルトのヘリコプターペアレントだからね。

結論として役に立たなかったから、私のためにならなかったからゴミは死ね

これだけですよね。

自覚ない?シロアリ共。

 

これだったら、ファミコンで遊び続けて高卒で終わり

あとはネットにかじりついて金の儲け方考えた方が良かった。

確実に統合失調症にはならなかったからね。

 

ゴミ死ねと言う結果論しかないよね。

 

現実、ファミコンで遊びつつけて、そして女見つけて、任天堂の経営するラブホテルに行った方が、いい人生だったわな。

あとはネットでお金儲けしてな。

 

生産性はないですけど、政治家と組む犯罪公務員の相手こそが全く生産性が無く不毛だからね。

こちらの方がむしろ良かっただろうと言う事。

まぁ任天堂はラブホテルは大昔に撤退しましたけどね。

人間は遊んでいた方が常に楽しいんだから。

その方が心も遊びだから満ちあふれているしね。

人間の基本ですな。

 

結局、私はファミコンまで捨てられたわけです。

なんなの?このシロアリども。

これだけしか感想はないよね。 

 

シロアリの考えが意味不明過ぎるんだが。

死ねばいいよね。

 

要するに、それはゲームではなくてもいいんですよ。

それが登山でもいい、釣りでもいい。色々な楽しみがある。

 

別に仕事だけが人生ではないからな。

そういう括りから外れて生きる人も居るし、一部は評価されるからね。

生き様なんてたくさんあるし、大事なのは犯罪者の相手はしないこと。

これだけですね。

 

まぁ室内でテレビゲームよりも、アウトドアの方が評価は高いですよ。

ウケも当然良いしね。

金が無いから金がかからない遊びでゲームになるだけだね。

そういうのはありますね。

 

 スマホでゲームやれば確実に視力は落ちるからね。

ここは致命的だな。

 

だから、こちらはスマホの時間はそんなに多くないしね。

 

まぁテレビよりはスマホゲームの世界観の方がまともとは言える。

くだらんあの娯楽観るならばまだゲームの方がましだな。

それだけ平成のテレビはくだらん。

 

テレビは観ている間は脳が全然働かないからね。考えないから。

あんなの観ていても頭が働かないし意味はないね。

むしろ脳細胞が死滅しているかもね、テレビ。

 

 

 

他人の人生に干渉する(口出しする)人のレベル(駄)

味の
2015年7月14日 12:44

人の人生に口出しする人がいます。
伴侶の会社のランクがどうだとか、子供がいるかどうか
結婚しているかどうか・・

多少は誰でもそういう会話すると思いますが、たまに悪意のある会話をする人いますよね。私はこんなに幸せだけど、あなたはどうなの的な・・。しかも、それをしつこく繰り返す。
本当に幸せなら別に人に見せびらかさなくてもいいんじゃないかと思うのですが。
そういう人ってレベル低くないですか。
何のレベルかと言われると・・・
会話を楽しむレベル、人としての価値が低いような。

高校の時に地方の進学校でして、とても静かで過ごしやすく、アクの強い人たまにいますけど、すごく居心地が良かった。
大学は専門分野に行っていたので、また頭脳集団とは別でしたので、ちょっと変わっていましたが。

ところが、社会に出ると本当いろんな人がいまして。
会社でもとても知的な普通の人が入れない会社の人は、ほれぼれするような人や仕事のさばき方が見事な人がいるんですけど(変な人もいますが)、
そうじゃない会社に入ると人が酷いというか・・。

「私はすごい」とか言い続ける人の会話を聞くのは苦痛でして。必要以上に持ち上げないといけない人は気を使ってあげないと、機嫌が悪くなるので面倒です。

今、私がすごく知的な職場にいるわけではないので、そう感じるのかもしれませんが
すごく恵まれた、職場や環境にいても、そんなおかしな人っているんでしょうか。

たまに高校の同級生に会うと、ママ友の集まりかなんかで苦痛だと言ってました。色んな人がいてごちゃごちゃしている。
高校の時の雰囲気良かったよねーと同意したりして。学生の時の部活の仲間にあっても、クレバーなのですっごく楽です。
地域性もあるのかもしれません。

そういう変な意見や人に惑わされず、自分の道を進めばいいとは思うのですけれど。
経験や体験をお聞かせ頂ければと思います。

 

他人の人生に干渉する(口出しする)人のレベル(駄) : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0714/721480.htm

 

 

 

ママの子育て自慢SNSは信じるな プロ直伝・育児で疲れ切らないコツ

 
 
印刷
 独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

【すくすく子育て】(Eテレ)2016年10月22日放送
「育児疲れ」

   一人きりの育児で近くに誰も頼れる人がいない、周りのママたちは上手にできているのに自分だけなぜこんなに大変か、つい子供に当たってしまい自己嫌悪に...。

   育児をしていれば、誰もが一度は経験するだろう「育児疲れ」。番組では、辛さを抱えるママたちをスタジオに招き、生活スタイルを考えた。

  • お母さんは毎日大変なんです
お母さんは毎日大変なんです

子供を預けるのは教育費の一部だと考えて

   神奈川県に住む大木さんの悩みは「近くに頼れる人がいない」。

   夫婦とも広島県出身で、出産後今の住まいに引っ越してきた。近所には親戚や親しい友人がいない。

   育児が自分の仕事だから頑張らなくてはと思う半面、いざという時に頼れる人が夫だけなのは心細い。疲れがたまった時に「しんどい」と思ってしまう。

   1歳9か月の娘・綾乃ちゃんは、家でも外でも母親の自分から離れない。延々と娘の遊びに付き合い、疲れてイラッとしてしまう時もある。

大木さん「本当に欲しくて欲しくて子供を授かったから、イライラしたりしないだろうと思っていたけれど、実際に子育てしていると、疲れてくるとイライラする。子供にとってはどうなのかと感じる。イライラしている自分が良くないんじゃないかと」

   武庫川女子大学・倉石哲也教授によると、大木さんのように地元を離れ、身近に頼れる人がいない環境での育児を「アウェイ育児」という。NPO法人「子育てひろば全国連絡協議会」の調査では、「あなたが育った市区町村で現在子育てをしていますか?」という質問に対し、「いいえ」と答えた親が72.1%だった。

恵泉女学園大学・大日向雅美学長「一時預かりやファミリーサポートを使うなど、地域でサポーターを見つけるとよい。ママだけでなく、色んな人に守られて子供の社会経験が広がる。贅沢ではない、教育費の一部だと思って。ママはリラックスでき、子供のためにもよい。地域の人に上手に甘えたらよいと思う」

   離れるとすぐに泣いてしまうので、そんな状態で預けても大丈夫なのか、と大木さんは気にしている。

倉石氏「子供は離れる時とお迎えに行った時に泣くが、離れている間はご機嫌に遊んでいたりする。泣くのは母親との関係が強くなっているということだから、逆に離れても大丈夫と思ってもよい」
大日向氏「地域の人に預けると、町に出ると『大きくなったわね』など声をかけてくれる。見守ってくれる人を地域に増やすと、子供の安全にもつながる」

   自分とは違う考え方を知り、大木さんは「たまには預けようか」と前向きに考え始めたようだ。

育児は「比較しない」が大原則

   東京都の佐野さんは、「上手くいかないのは私だけ?」と悩んでいる。

   6か月の娘・永実(えいみ)ちゃんには、今も2~3時間おきに授乳し、まとまった睡眠時間が取れないでいる。子供を持つ友達がいないため、情報収集にSNSを利用しているが、他のママの書き込みや写真を見て落ち込む時も。

佐野さん「自分は寝かしつけに平気で3時間かかる。他のママさんが『もう寝かしつけてひとり時間を楽しんでいます』みたいな投稿をしていると、比べても仕方ないと頭ではわかっているんですけど...」

   大日向氏は「嘘だと思いましょう」と大胆提言。「SNSにはいい所しか出さないでしょ。たまにいいショットがあるから載せたくなるんですよ」

倉石氏「SNSは自己満足じゃないですか。他人の自己満足に付き合わなくてもいいと思う。育児は『比較しない』が大原則。比較してしまうような状態になっているなら、SNSを見るのをやめるなど、自分でブレーキをかけるようにして」

   育児疲れの悩みや愚痴をSNSでこぼしたい時もあるという佐野さんだが、子供が欲しくてもいないという人に「子供がいるだけでうらやましい」「仕事も辛いのに」などと思われてしまいそうで、それもできないという。

倉石氏「楽しい話はSNSでしたらよいが、辛い、しんどいという話は直接するのがよいと思う。家族や、広場などで同じような立場の人に。愚痴は大人の甘えの行為なので、とても大事」
 

ママではない自分も大事

   東京都の渡邉さんは、辛い時に子供に当たってしまい自己嫌悪に陥っている。

   夫の転勤で社宅に引っ越してきたばかりで、周囲は単身者ばかり。平日の昼間は、ほとんど10か月の息子・陽太(ひなた)くんと二人きりだ。

   陽太くんはとても甘えん坊で、ママの姿が見えなくなるとすぐに泣いてしまう。

渡邊さん「外に行って、みんなで遊んで欲しいと自分から離した瞬間『ギャー』と泣き始める。泣くだろうと心構えしていても、繰り返されるとストレスになってしまう」

   時折気持ちに余裕がなくなり、子供に大声を上げてしまう。その後は自己嫌悪に陥る。

   夫は仕事が休みの日は子供の面倒を見てくれるが、その間に1週間分の料理の下ごしらえをしたり、掃除をしたりと、リフレッシュはできていない。

大日向氏「子供が泣く声が耐えられない、かわいそう、早く行ってあげたいと思うのは大切な感性。自信を持って、時々『小爆発』をしましょう。怒っていいんです。追い掛け回されて泣かれて、イラッとしないママなんて人間じゃないと思う。ママの素直な感情を受け取る、怒る人のエネルギーを感じるのも子供の成長に必要。いつも笑顔でいるなんて人形みたいで、子供の発達に決していいことではない。ただ、叩いたり3日前のことまで引きずり出したりするなど、感情的に叱るのは良くない。感情を込めて怒るのと区別を付けて」
倉石氏「イライラしている時は体が緊張していたり、呼吸が浅くなっていたりする。怒った、怒りそうだと思った時は深呼吸や屈伸をしてみると気持ちが落ち着く。1日15分でも30分でも、子供が寝た後でも自分の時間を作ってセルフケアして」

   「子供がいるんだから自分の時間はなくて当然だ」と思っていたという渡邊さん。

大日向氏「ママになったんだから自分のことは100%忘れなくちゃいけないなんて思わないで。女性であったり妻であったり、一人の人間としての部分も大事にしながら、そこにママが加わったと思うと楽になれると思う。ママがゆったりする姿は子供にとってもよい。これからは別の自分を探していいんです」

   三者の悩みを聞いて、番組MCのアンガールズ山根良顕も、一児の父として思うところがあったようだ。

山根「パパには頼った方がいい。ママが言ってくれれば何とか対処しようとするから。パパにぶつけた方が子供にぶつけなくなるだろうし、世のパパはそれくらいは耐える覚悟があると信じています」

全文表示 | ママの子育て自慢SNSは信じるな プロ直伝・育児で疲れ切らないコツ : J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2016/10/31282210.html?p=all

 

 

子どもの成長の芽を摘む「ヘリコプターペアレント」とは? 

過保護・過干渉が過ぎる親“ヘリコプターペアレント
親が可愛いわが子のために、あれこれしてやりたい…と思うのは当然のこと。しかし、その思いが強すぎると、わが子のためどころか、知らず知らずのうちに成長の芽を摘んでしまう“ヘリコプターペアレント”になってしまう可能性もあるといいます。“ヘリコプターペアレント”とは? 『1人でできる子になる テキトー母さん流子育てのコツ』の著者・立石美津子さんにお話を伺いました。

●子どもの成長の芽を摘むヘリコプターペアレントとは?

「ヘリコプターペアレントとは、“子どもが失敗するのを見るのが耐えられない”“子どもに大変な目に遭ってほしくない”“子どもに可哀想な思いをさせたくない”“子どものために良かれと思って…”のような思いから過保護・過干渉が過ぎ、常に子どもの頭上を旋回し、何かあれば急降下するヘリコプターのように付きまとう親を皮肉った言葉です」(立石さん 以下同)

ヘリコプターペアレント

例えば、普段の生活のなかでこんなことをしてしまってないだろうか?

【幼児期】
・子どもが自分で出来ることを「出来ない」と決めつけて、先回りしてすべてやってしまう
・子どもが着たがっている服や履きたがっている靴を禁止し、親の趣味や思考を押し付ける
・危険と思うと、なんでもやる前に“危ないから止めなさい!”と阻止する。
・子どもが泥遊びをしたいと言っているのに、パズルで遊びなさいと強制する。
・友だちと遊ぼうとしている子どもに、ケンカもしていないうちから“仲良くあそびなさい”とクギを刺す。(ケンカすることが前提になっている)

【学童期以降】
・毎朝、子どもの忘れ物チェックを親がやる
・忘れ物をいちいち学校に届ける
・部活、委員会、友達関係、恋愛まで、すべて親が口を出す。

ヘリコプターペアレントは諸外国でも社会問題となっているそうで、こうした親の元で育った子どもに、将来にさまざまな悪影響を及ぼすという。

「わが子が失敗しないように先回りして、あれこれ世話を焼きすぎるがために、子どもは失敗体験もできず、成長や自立のチャンスを奪われてしまいます。また、『親の言うことを聞いていれば間違いない』と育てられているので、常に親の顔色を伺うようになるだけでなく、自分の意思で選んだ成功体験もないので、自信もなくなり自己肯定感も低くなってしまいます。わが子のため…という思いが、子どもの将来をここまで深刻なものにしてしまう可能性があるのです」

どんな親にとってもわが子は可愛くて大切。だからこそ、自分自身の力で生きていける子に育ててやらなければいけないと、立石さんは話します。

「親がずっと一生わが子を監視していられるわけではありません。子どもは失敗することでたくさんのことを学び、生きる術を身に付けていくのです。どうか成長のチャンスを取り除くことのないようにしてください」

花も水をやりすぎれば根腐れして枯れてしまいます。子育ても同じなのかもしれませんね。
(構成・文/横田裕美子)

 

子どもの成長の芽を摘む「ヘリコプターペアレント」とは?  | 過保護・過干渉が過ぎる親“ヘリコプターペアレント” | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
https://www.mamatenna.jp/article/73524/