マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

<八木山動物公園>チンパンジーのロロ(49) 愛され天国へ

 12月14日のニュースです。

 

ゴリラのドン(49)は宮城県警がポスターとして採用したのですが、チンパンジーのロロ(49)も同じ49歳で他界と言う事でした。

どちらも霊長類ですかね。

 

www.kahoku.co.jp

www.kahoku.co.jp

 

 

福田康夫2chでのあだ名は「チンパン」だったのですけど、なんかチンパンジーが他界したらしい・・。

 

 

首相時代には、その風貌や外交などの軟弱(とされた)姿勢から、「チンパンジー」と酷評されたこともあった。またそのキャラクターと父・赳夫のダッカ日航機ハイジャック事件対応のイメージなどもあったのか保守層にもなかなか熱い支持を得難い面もあったものの、その豊富な外交経験を活かした助言は一定の信頼を得ており、政権交代民主党の首相からも助言を求められた。 

2012年9月26日、次期衆議院選挙への出馬をせず今期いっぱいでの政界引退を表明。 
後継は長男の福田達夫。 

 

dic.pixiv.net

 

 

まぁあれですね。

私は2001年度の男女共同参画に於いて、2002年6月に山田奈緒子により美人局で潰されたわけですから、その時の男女共同参画相の初代が福田康夫ですね。

 

2000年度に私が行かされたのが福田クリニックですから、そういう流れと言うのはわかりきった話ですよ。

 

仙台藩に居ると私は踏み台にされるだけなので、そのような人脈の整理ですか?

そもそも人脈ですらないのだけどね。

そういう作業をしていた。

 

その中で色々と他界するものが存在するみたいだが、それは直接観なければわからない話だが、色々と因果はあるのだろうと思います。

 

でも、11月26日は皇居西部ライオンズの日だし、12月14日は赤穂浪士の討ち入りですから、あらあら単に土地の災いでしかなかったと言う事ですね。

他には何も無いと言う・・。

 

要するに、私はストーカー規制法と言う法律で因縁付けられて精神障害者に仕立て上げられたんですね。

その法律の元が埼玉県で発生した桶川ストーカー殺人事件です。

だから私を潰した山田奈緒子は埼玉県出身と言う事らしいです。

 そういうことで、流れとしては埼玉の女がわざわざ仙台に来て私の前に現れたのだから、私から見れば明らかに山田奈緒子こそが私に対するストーカーでしたよね。

結論としてね。

誰も会いたいなんて言っていない。宮城県総務部人事課が配置しただけですよ。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

49歳…古参のチンパンジー死ぬ 仙台・八木山動物公園

 

49歳で死んだチンパンジーの「ロロ」。来園してから46年以上、親しまれてきた(セルコホームズーパラダイス八木山提供)
49歳で死んだチンパンジーの「ロロ」。来園してから46年以上、親しまれてきた(セルコホームズーパラダイス八木山提供)

 仙台市の「セルコホームズーパラダイス八木山(八木山動物公園)は17日、飼育していたチンパンジーの「ロロ」(雌)が死んだと発表した。推定49歳。来園して46年以上を過ごし、国内最高齢で推定49歳のニシゴリラの「ドン」とともに古くから愛されてきた。

 昭和46年12月、およそ3歳でアフリカから来園。同年3月にはドンが一足先に来園していた。ロロは若い個体の世話をするなど面倒見がよく、飼育員は「いたずらされても優しく見守るような性格だった」と話しているという。

 

49歳…古参のチンパンジー死ぬ 仙台・八木山動物公園 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/smp/life/news/181217/lif1812170042-s1.html

 

 

 

 

宮城のニュース

八木山動物公園チンパンジーのロロ 愛され天国へ

人気者だった雌チンパンジーのロロ(仙台市八木山動物公園提供)

 仙台市八木山動物公園太白区)は17日、雌のチンパンジーのロロが14日に死んだと発表した。49歳。同園のチンパンジーは4頭になった。観覧通路に16日、献花台を設けた。
 同園によると、死因は心臓や肺の不調による呼吸不全。先月22日に元気がなくなり、食欲が減退した。同26日には呼吸が苦しくなったという。今月14日午前、園内の治療施設で手当てを受けたが、同日夕方に息を引き取った。
 チンパンジーの49歳は人間の80~90歳に相当する。動物公園の担当者は「市民にとても愛されていた。『今までありがとう』と声を掛けたい」と残念がった。
 ロロは1971年12月、アフリカから来園した。穏やかな性格で、同園では27歳の雌ポッキー、5歳の雄ギンジの面倒をよく見ており、仲が良かったという。


関連ページ:宮城社会

2018年12月18日火曜日

 

 

八木山動物公園チンパンジーのロロ 愛され天国へ | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201812/20181218_13012.html