88歳男が“覚醒剤使用”で逮捕 過去10年間で最高齢

写真拡大

 金沢市に住む88歳の男が覚醒剤の所持や使用の疑いで逮捕されました。

 覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された金沢市の無職・竹内旻容疑者は先月29日、自宅で覚醒剤の結晶約0.5グラムを所持したとしてその場で現行犯逮捕されました。その後の尿検査で陽性反応が出たため、覚醒剤使用の疑いでも逮捕されました。竹内容疑者は「自宅に置いていたものは自分のもので間違いない。使用もした」と容疑を認めているということです。警察は入手先などを詳しく調べています。警察によりますと、石川県内で覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された人のうち、88歳は過去10年間で最高齢だということです。