マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【バチカン大崎市】「長く歩く人、認知症になりにくい」東北大の研究グループが発表

 12月10日のニュースです。

大崎は宮城の異種なので、あとは延々その通りかな。

こちらが行くことは二度と無い。

 

なんかね、歩けば認知症予防ですと。

まぁいいんじゃないですか?とそれだけ。

 

特に語ることもないね。当たり前なので。

 

足に刺激与えると、一番いいんですよ。

足のツボってやつ。

 

私の人生潰して喜んでいた奴らなんてどうでもいいからな。

まじでね。

 

どうせ二度と会うことはない奴らや。

 

土地改良と山口組が組み、そして仙台市役所とも組んだそうですよ。

みんな小泉でしょ?

お笑いだからまとめて亡びてくれと言う私の考え。

 

私は犯罪は奈落に落とすのが仕事なのでな。

それに入っているのが東北大学です。

 

 

 

 

 

 

「長く歩く人、認知症になりにくい」東北大の研究グループが発表

12/10(月) 10:16配信

読売新聞(ヨミドクター)

 1日に歩く時間が長い人ほど、認知症になりにくいとの研究結果を、東北大の研究グループが発表した。

 調査は、宮城県大崎市の65歳以上の住民1万3990人が対象。1日の歩行時間で「30分未満」「30分~1時間」「1時間以上」の3グループに分け、2007年から約6年間にわたって、認知症になった人がいるかどうかを調べた。

 その結果、「1時間以上」のグループで認知症になった人の割合は、「30分未満」のグループと比べて28%少なかった。「30分~1時間」も「30分未満」より19%少なく、歩行時間が長いと認知症になりにくい傾向がみられた。

 これらを踏まえ、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」のデータも活用し、歩く時間の長さと認知症のなりやすさの関係を試算。仮に「30分未満」「30分~1時間」のグループが歩行時間を延ばし、それぞれ1段階上のグループに移行すると、認知症になる割合を14%抑えられるとした。

 65歳以上のすべての人が1日1時間以上歩けば、日本全体で認知症になる割合を18%抑えられる計算になるという。

 研究をとりまとめた同大講師の遠又靖丈さんは「認知症を予防するため、高齢者に歩く時間を増やすように呼びかける意義は大きい」と話している。

 

「長く歩く人、認知症になりにくい」東北大の研究グループが発表(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00050001-yomidr-sctch