マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【スペインの太陽東西線】三菱重工業、JAXA H3打ち上げを受注【創価学会・奥山恵美子メディアテーク】

 12月6日のニュースです。

JAXA創価学会と組んでいます。

過去に私が角田市へ拉致されて連れて行かれました。

角田市JAXA施設のはH2ロケットですね。

フルサイズ模型です。

 

馬鹿みたいな奴らは要らんからね。マジで。

角田市仙南シンケンファクトリーのドイツ地ビール工場ですから、

この自治体は奥山恵美子仙台市と共に、私の人生を潰すためにある土地ですね。

 

創価学会だから、奥山恵美子の12月6日の選定していると言うことですよ。

私はこの宗教とは一切関係はないからね。

切り捨てて、切り捨てまくっているのでね。

 

下記の「わたしと宇宙展」を開催したのは創価学会で場所は奥山恵美子が館長をやった仙台メディアテークです。

メディアテークとはフランス語ですね。

まぁバレバレだよね。もう相手にしないしね。

 

こいつらは、私の人生に寄生したシロアリと言うことですな。

 

糞施設なので、ちゃんと11月18日の創価学会の日と、私が2002年6月で官製美人局山田奈緒子で潰された翌年からの2003年の数字を冠したJAXA角田宇宙センターのページがありますね。

 

どうでもいいが、シロアリは私に寄るなと言うことですよ。

このうすらゴミどもはな。 

 

ゴミ宗教は私が存在しなければ成立しないからな。

私だけが場所が違うので、「蜘蛛の糸」の様に、ゴミを奈落に落とせるのですね。

だって低質ゴミ宗教だからね。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

www.travel.co.jp

 

www.jaxa.jp

 

f:id:masafree:20181206203335j:plain

 

 

 

 

 

三菱重工業、H3打ち上げを受注

英通信大手の商業衛星

©一般社団法人共同通信社

次世代ロケット「H3」の想像図(JAXA、三菱重工業提供)

 三菱重工業は6日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と開発を進める次世代ロケット「H3」で、初めてとなる民間衛星の打ち上げ契約を獲得したと発表した。英国の衛星通信サービス大手「インマルサット」の商業衛星で、衛星の種類や受注価格は非公表。三菱重工は「開発中のロケットが受注するのは異例だ」としている。

 H3は2020年度の初号機打ち上げを目指しており、インマルサットの衛星の打ち上げは22年以降となる見通し。

 H3は、現在の主力のH2Aと比べ構造を簡素化し、価格を半分の50億円程度に抑えて国際的な市場に挑む。

 

 

 

 

三菱重工業、H3打ち上げを受注 英通信大手の商業衛星 - 共同通信 | This kiji is
https://this.kiji.is/443345705031402593

 

 

 

宮城でロケット!?角田市台山公園・JAXA角田宇宙センター

更新日:2015/11/18 09:19

右肩のプロフィール写真右肩

国内でロケット等の宇宙開発事業に関わる場所と言えば、種子島やつくばを想像する方が多いのではないでしょうか?
ところが、ロケットの心臓部であるエンジンは、宮城県角田市にある「角田宇宙センター」で研究・開発・試験が行われています。
角田市の台山公園には、ロケットや宇宙開発に関する観光施設もあります。
人気ドラマ『下町ロケット』で一躍注目されるロケットを、間近で見る事ができるスポットをご紹介します。

巨大なH-IIロケット実物大模型&スペースタワー・角田市台山公園

      
巨大なH-IIロケット実物大模型&スペースタワー・角田市台山公園

写真:右肩

地図を見る

宮城県角田市には、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の「角田宇宙センター」があることから、宇宙をテーマとした観光施設が市中心部の「台山公園」に整備されています。 
何と言っても一番見応えがあるのは「H-IIロケットの実物大模型」でしょう。
初の純国産ロケットであるH-IIロケットは、全高49m、直径4mと巨大で、模型とはいえ迫力満点!「ロケットを見た」という充実感も味わえます。
そして、ロケットの横にまるで発射台の様に建っているのが「スペースタワー」です。高さが44.9mあり、エレベーターで上部の展望台へ登ることができます。

コスモハウスで宇宙開発の展示見学・角田市台山公園

      
コスモハウスで宇宙開発の展示見学・角田市台山公園

写真:右肩

地図を見る

巨大なロケットを外から眺めたら、次はスペースタワーの足元にある「コスモハウス」へ入場しましょう。宇宙開発に関わる様々な展示を見る事ができます。

まず目に入るのが、米国NASA無人宇宙探査機「ボイジャー」の実物大模型です。人類史上初めて太陽系の外へ出て、地球から最も遠くに到達した人工物(現在も移動中)です。
その他、ロケットエンジンの実物、地球資源衛星「ふよう1号」の実寸大の実験模型や、種子島宇宙センターのロケット発射台1/100サイズ模型(設置から発射までのアクション付き)をはじめ、様々な模型やパネル、映像等にて宇宙開発について学ぶ事ができます。
また、宇宙飛行士の青いユニホームを着て記念撮影ができたり、宇宙食をはじめとしたJAXAグッズを購入する事もできます。

日本でここだけ!ロケットを見下ろせるスペースタワー・角田市台山公園

      
日本でここだけ!ロケットを見下ろせるスペースタワー・角田市台山公園

写真:右肩

地図を見る

コスモハウスを見学したら、いよいよ発射台の様な「スペースタワー」に登ります。
ガラス張りの窓からH-IIロケット実物大模型を見ながらエレベーターで登って行くのですが、ロケットの横を上昇する光景は「これからロケットに搭乗する様な気分を味わえる!」と密かに評判で、何往復もエレベーターに乗る方が続出しているのだとか。

スペースタワーの展望台からは、角田市街から蔵王連峰まで望む景色が楽しめますが、H-IIロケット実物大模型を見下ろせば、見上げる時とは異なる迫力を感じる事ができます。
ロケットの実物大模型は全国に複数展示されていますが、展望台があってロケットを見下ろせるのは、日本ではスペースタワーだけでしょう。

実物のロケットエンジンが見れる!JAXA角田宇宙センター

      
実物のロケットエンジンが見れる!JAXA角田宇宙センター

写真:右肩

地図を見る

ロケットの心臓部であるエンジン。その研究・開発を行っているのが、宮城県角田市にあるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の「角田宇宙センター」です。
広大な敷地に研究開発・試験施設が分散しており、宇宙空間に近い環境で燃焼試験を行える国内唯一の施設です。その中に一般者でも見学できる「宇宙開発展示室」があります。

建物の前には、ロケットの1/10サイズ模型(H-II、H-IIA増強型)をはじめ、H-IIロケットのエンジン実機(LE-5、LE-7)や、H-IIロケット第2段燃料タンクの実機といった、試験で使われた貴重な実物が展示されています。
ドラマ「下町ロケット」で登場するあの「バルブシステム」も、エンジンに組まれた状態で見る事ができます。

ロケットの高度な技術を見学・JAXA角田宇宙センター

      
ロケットの高度な技術を見学・JAXA角田宇宙センター

写真:右肩

地図を見る

宇宙開発展示室がある建物に入ると、日本歴代ロケットの1/20サイズ模型が出迎えてくれます。
館内には、試験で使用されたロケットエンジンをはじめ、エンジンで使用される主要部品のカットモデル等が展示・解説されています。特に目に引くのは、打ち上げに失敗したH-IIロケット8号機のLE-7エンジンで、原因究明のため海底から引き上げられた実物です。

ロケットエンジンを見ると、非常に複雑で繊細な姿が印象的です。それもそのはず、自動車は約3万点の部品で出来ていますが、ロケットはエンジンだけで約10万点以上もの部品で構成されています。それだけ複雑で高度な技術を要するのです。
次世代のロケットとして、飛行機の様に何度も宇宙と往復できるスペースプレーンや、これに搭載するスクラムジェットエンジンの展示コーナーもあり、実際に研究開発が進められています。

ロケットは宇宙へ飛び立つ最先端技術の結晶!その世界を体感して下さい

宇宙やロケットといった世界は、普段の生活からは壮大すぎて縁遠い存在ですが、ロケット発射の際はニュース等で多く報道されますし、ドラマ『下町ロケット』でクローズアップされた事もあり、興味を持たれる方も多いと思います。
そうした機会に、ロマン溢れる宇宙開発技術をちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介しましたスポットの詳細につきましては、以下「関連メモ」のリンクより公式サイトをご確認下さい。
尚、JAXA角田宇宙センターは、ゲートの警備所で入場手続き(署名等の記入)が必要です。11月~3月は平日のみのオープンで土日祝日は見学できませんので、ご注意下さい。

宮城でロケット!?角田市台山公園・JAXA角田宇宙センター | 宮城県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド
https://www.travel.co.jp/guide/article/14086/

 

 

 

宮城県角田市角田宇宙センター

人工衛星を大気圏外まで運ぶロケット。このロケットの心臓部となるエンジンの研究・開発を行っているのが角田宇宙センターです。角田宇宙推進技術研究所(旧航空宇宙技術研究所)と角田ロケット開発センター(旧宇宙開発事業団)が統合して一つになり、より密接に協力しながらロケットエンジンの信頼性向上に重要な役割を果たしていきます。
当センターでは、H-IIAロケット等に搭載する液体ロケットエンジンの研究開発および試験を行っているほか、人工衛星用の液体アポジエンジンや小型球形固体ロケットモータの研究開発も行ってきました。さらに、ロケットエンジンのターボポンプ、燃焼器、ノズルに関係した基礎から応用までの様々な研究を行って、日本のロケットエンジン技術の向上に貢献してきました。
現在では、将来の高性能エンジンとして、地上から宇宙まで使用が可能な複合エンジンに関する研究開発も行っています。また大気圏再突入を模擬した実験、研究も進めています。

 

電話

0224-68-3111

主要施設

高空燃焼試験設備
 
液酸/液水エンジン供給系試験設備
     
ロケット高空性能試験設備
 
極低温先進ターボポンプ試験設備
 
研究交流棟

 

 

JAXA | 角田宇宙センター
http://www.jaxa.jp/about/centers/kspc/index_j.html

 

 

f:id:masafree:20181206210022p:plain

f:id:masafree:20181206210100p:plain