マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【仙台藩】12月3日 栗原市、大崎市、仙台市秋保の事故【カルトの土地ばかりで事故】

 12月3日のニュースですね。

仙台市消防局のニュースも写真は12月3日です。

 

色々と、この仙台市交通局の赤字である当初の年間89億円も含めて、

栗原市大崎市、秋保の同日事故は、これはカルトが勝手に崩壊しているだけですね。

頭がおかしいのかしら。

 

いい加減消えてくれと願うばかりだな。目障りなので。

 

特に大崎市古川は恥の概念が無いからね。

いい加減死んでくれとしか言えない。

 

www.kahoku.co.jp

 

 

栗原市で車同士衝突 89歳男性死亡 見通し良い交差点で...

仙台放送カテゴリ:地域

3日、宮城・栗原市で、車同士が出合い頭に衝突し、89歳の男性が死亡した。

死亡事故があったのは、栗原市鶯沢南郷の十字路交差点。

警察によると、3日午前10時ごろ、東に向かって走っていた軽乗用車と北に向かっていた乗用車が出合い頭に衝突した。

この事故で、軽乗用車を運転していた、栗原市鶯沢北郷の無職・高橋宗男さん(89)が首の骨を折るなどして、およそ1時間半後に死亡が確認された。

乗用車を運転していた63歳の女性に、けがはなかった。

現場は見通しの良い交差点で、警察が、事故の原因をくわしく調べている。

 

 

栗原市で車同士衝突 89歳男性死亡 見通し良い交差点で... - FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00069130OX

 

 

大崎市 集積所から出火...放火か 4件の火事との関連は!?

仙台放送カテゴリ:地域

3日未明、宮城・大崎市で、集積所に置かれていたかごなどが焼ける火事があった。

現場周辺では、2018年10月、4件の火事が起きていて、警察は関連を調べている。

午前0時50分ごろ、大崎市古川中里の住宅前にある集積所に置かれていたかごから、火が出ているのを通りかかった人が見つけ、119番通報した。

消防がポンプ車など9台で消火にあたり、火はおよそ30分後に消し止められたが、プラスチック製の資源ごみの回収用のかご10個と、住宅の外壁と屋根の一部が焼けた。

この火事で、けがをした人はいなかった。

警察は、現場に火の気がないことなどから、放火の疑いもあるとみて、火が出た原因を調べている。

また、現場からおよそ1km離れた古川稲葉地区では、2018年10月、4件の火事が相次いで起きていて、警察は、関連を調べることにしている。

大崎市 集積所から出火...放火か 4件の火事との関連は!? - FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00069126OX

 

 

宮城のニュース

秋保で2棟全焼 女性1人が軽傷

全焼した木造2階の住宅と木造平屋の店舗=3日午前3時25分ごろ、仙台市太白区秋保町湯元

 3日午前2時25分ごろ、仙台市太白区秋保町湯元の住宅地から出火、無職山尾賢児さん(82)方の木造2階と、飲食店など2店舗が入る隣接の木造平屋の計2棟が全焼した。山尾さん方の2階を借りて住んでいた無職越戸みささん(72)が煙を吸い、軽いけがをした。
 仙台南署が火元と出火原因を調べている。


関連ページ:宮城社会

2018年12月03日月曜日

 

 

秋保で2棟全焼 女性1人が軽傷 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201812/20181203_13039.html

 

 

 

宮城のニュース

<救急出動>仙台市、5万件超で年間最多更新へ 猛暑や厳冬影響

仙台市立病院の救命救急センター前に到着した救急車。高齢化や異常気象の影響で今年の出動は5万件を突破する見込み=3日午後1時20分ごろ、太白区

 仙台市の今年1~12月の救急車出動件数(速報値)が初めて5万件を超え、過去最多を更新することが確実視されている。更新されれば5年連続。高齢化の影響で搬送件数は増加傾向にあるが、今夏の記録的猛暑、1、2月の寒波と大雪などの異常気象が数字を押し上げた。
 2日現在の出動件数は4万8195件。過去最多だった2017年(4万9816件)の同期を2725件上回る。熱中症の統計を取る4~9月が2万2112件で、うち記録的猛暑が連日続いた7月が最多の5035件。市内で史上最高の37.3度(8月1日)を記録した8月と合わせ44%を占めるなど、熱中症患者の搬送が相次いだ。
 熱中症にかかりやすい65歳以上が全体の45%を占めており、市消防局の担当者は「年齢が上がるにつれて暑さに気付きにくくなるのではないか」と分析する。
 厳しい冷え込みが続いた1月の出動件数は4859件で、前年同月を555件上回った。市内は南岸低気圧の影響で大雪に見舞われ、凍結した路面で転倒するなどした歩行者が救急車で運ばれた。
 出動件数は14年以降、最多記録を更新し続けている。01年以降の推移はグラフの通り。10年に4万件を超え、12年に下落したが、その後は上昇に転じた。
 背景には高齢化がある。市内の高齢化率は10月現在で23%。救急車の搬送に占める65歳以上の割合は17年、53%に上る。15年に初めて過半数となり、年々上昇している。
 市消防局は4月、青葉消防署に救急隊を1隊増やし、26隊体制にした。昨年12月には市内35万世帯に正確な通報を求める119番のマニュアルを配布した。
 荒井勲救急課長は「激しい気候の変化に弱い高齢者は天候や気温に合わせ、不要不急な外出を控えたり室温を調節したりして対策を取ってほしい」と話した。


関連ページ:宮城社会

2018年12月04日火曜日

 

 

<救急出動>仙台市、5万件超で年間最多更新へ 猛暑や厳冬影響 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201812/20181204_13019.html