マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

12月5日の太陽活動

 12月5日の太陽活動です。

特に大きな変化はないですね。

結局はまた黒点がずっと続くと言う現実ですね。

 

 

 

 

最近10日間の観測値 
データ日: 20181204 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT) 黒点 F10.7
2018年11月25日 15 70
2018年11月26日 0 69
2018年11月27日 0 68
2018年11月28日 0 68
2018年11月29日 0 68
2018年11月30日 0 68
2018年12月01日 0 69
2018年12月02日 0 69
2018年12月03日 0 68
2018年12月04日 0 69

 

黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)
http://swc-legacy.nict.go.jp/sunspot/index.php

 

 

日報2018年12月5日

【今日の宇宙天気情報(2018年12月05日 15時00分JST)】

この情報は、国立研究開発法人情報通信研究機構が配信しています。
担当:酒井
------------------------------------------------

【概況・予報】

太陽活動は静穏でした。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。
地磁気活動は静穏でした。
引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。
------------------------------------------------

【太陽活動】

太陽活動は静穏でした。
太陽面でBクラスの小さな活動が発生しました。

STEREO探査機の極端紫外線画像(EUVI)によると、本日から明日にかけて太陽面の東端から新たに回り込む活動的な領域はありません。

5日6時UT現在、太陽面上に目立った活動領域はありません。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。

■過去3日間に大きなフレアの発生はありませんでした。

地磁気活動】


地磁気活動は静穏でした。
太陽風速度は通常速度の430km/s前後で推移しました。
磁場強度は弱い4nT前後で推移しました。

SDO衛星の極端紫外線画像(AIA211)によると、太陽面低緯度の西15度付近にコロナホールが位置しています。
このコロナホールの影響は6日から7日にかけて到来する可能性がありますが、地磁気への大きな影響はない見込みです。

SOHO探査機の太陽コロナ画像(LASCO)とSTEREO探査機の太陽コロナ画像(COR)によると、今後の地磁気に大きな影響を与えるCME(コロナ質量放出)は新たに観測されていません。
CMEは一部時間帯のデータが確認できない状態となっています。
また、11月30日に発生したCMEの影響は本日から明日にかけて到来する可能性がありますが、地磁気への大きな影響はない見込みです。

引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。

 

レポート | 過去の日報・週報・臨時情報・トピックス一覧 | 宇宙天気予報センター
http://swc.nict.go.jp/report/view.html?ym=201812&ids=d2018339&type=daily+weekly+bulletin+topics#js-report-viewer

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com