マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

刑法193条 公務員職権濫用 仙台市泉区保健福祉センター障害高齢課

 本日はこの仙台市役所の犯罪について書きます。 

この組織は、簡単に言えば公営ヤクザです。

 2012年4月1日に障害者総合支援法が成立して、私をモルモットとして表題の泉区保健福祉センターが私の所に来るようになったわけです。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 頼みもしないのに、2012年4月から泉区役所がちょっかい出して来たのですよ。

そして、下記の記事の様に「アポなし訪問」が始まりました。

 

otonanswer.jp

 

 

自民党のやり口はですね、まず宮城県仙台市に人権侵害を繰り返させて、そこを改善点として法改正する手口の様ですね。

 

まぁ仙台市役所とかはモラルのないヤクザですからね。

泉区役所の障害高齢課はね。

 

 泉区役所の特徴は絶対に私にはアポは取らない特徴があるのですよ。

まず連中は私を成人した人間としてみていないからね。

 

アポはとらないくせに、連中は私を同席させるからね。

ヤクザだから。

 

だから、警察とかは「職務質問」は法的に認められているので執行できますけど、

仙台市役所にはその根拠法令が無いんですよね。

私は警察にはそういう職務質問はめったに受けないのですけど、なんか精神障害者医療福祉の管轄窓口と言うのは完全にヤクザですね。

 

 道ばたで職務質問受けたのは、中学3年頃に自転車の不灯火で一度ですね。

青切符では複数だったけど、これは「職務質問」ではないですからね。

職務質問は見た目が怪しいとされるやつですので。

今の自転車は不灯火は無いですからね。勝手に点灯しているので。

当時は技術が未熟だったので、タイヤに接地させるダイナモの発電でしたから、

あれは重くなるので、どうしても不点灯になってしまうのはありました。

 

 で話を戻して、

私の評判を聞くと、私は計算も何も出来ない障害者と言うことで噂が広がっていてね。

まぁ私を精神障害者としてレッテルを貼り、それで喜んでいる私の母親の在り方をみれば、要するに産む資格のない屑が団塊である私の母親ですかね。

 

そもそも泉区は土地として屑だから、こちらは相手にしていないですしね。

この土地は創価学会とキリストでしょ?

 

そういう風説の流布」みたいな他人の名誉を毀損させる犯罪の土地に住む言われはないなぁ。

あれは仙台市役所と言う官が主導の不法行為でしょ。ゴミしかいないし。

浅野史郎だからな。

 

仙台市泉区は、この土地を私が選んだことは無いし、ここは創価学会とキリストと自民党らの土地でしょ?

三塚博に絡めた三吉神社のキチガイの土地だね。

 

 

宮城県庁とかは、あそこにはキチガイしかおらんから、私に規則を押しつけて喜んでいた頭がおかしいのしかおらんかったな。

 

それが自民党の政治だし、私の人生に合わせて法改正して、そして押しつけてくるからね。

流れとしては、法改正に合わせて、それを私が押しつけられると言う方が正解ですね。

 

結局政治家含む官が犯罪者だから、私が社会参加していないと規則も押しつけられないし、政治が出来ないそうですね

だから詭弁を繰り返して、社会参加が大事だと私の周りに発言させている。

 

でも今の私の置かれ方からすれば、全て法治国家として警察に売り渡すのだね。

どんな人間と付き合うかはそれは個人が決めることだし、社会参加が大事であっても何処の社会を選ぶかも大事ですね。

まさか創価学会泉区がまともな社会とでも

 

泉区役所は、私の人生の妨害をしてくる自民党に指示された犯罪集団だからね。

それと自衛隊が暴れているのでしょ?

 

私が何か電話等で組織に対する業務妨害を繰り返していたならば問題だろうが、現行で私は警察や裁判所等しか相手にせんからね。

 

なんかこの土地で組織の相手をしなければならない法律がありますかね。

 

こちらは、行政公務員が妨害して来たならば、みんな司法に委ねるだけだから。

妨害してくる連中は人間ではないからね。

排除するために法が整っていますので。

 

日本には行政ストーカーと対面しなければならないと言う法律はないよね。

 

これは今現在通院している病院にも話はしていますね。

色々と、転院の妨害を泉区役所からされたとか話はしているのでね。

 

 

結局は、警察なんてこちらが呼ばなければ来ないですし、呼ばなくても来るのが泉区役所ですね。

私の父親は呼ばれなくても精神障害者家族教室に進んで出席している。

こいつらが犯罪者と言うことでしょ。

私の人生を出汁にしている工作員ですね。

 

最後に、これ書いているこの行までの15分程度で、自衛隊の砲撃練習が始まりましたな。

私の閉鎖病棟行きの主因の理由に、自衛隊からの警察へのクレームがあるからね。

全て小泉純一郎村井嘉浩だからな。そして沖縄米軍

犯罪者なんて燻り出されたあとだ。

 

 まあねあれですね、今日も警察に電話したけども、

一人暮らしした方がいいとアドバイスされましたし、

結局泉区役所とともに私を精神病院に売り渡す、親の姿をした人間モドキなんてのは、こちらは要らないかな。

 

その証拠にテレビはパナソニックビエラ、車はトヨタヴィッツだからね。

完全に親こそが小泉と村井の刺客であり、警察の方が遙かにまともだと言う現実ね。

 

パナソニックヴィッツは、キリシタンの踏み絵と同じだろ。

持っているだけで犯罪者だと理解出来るわ。

 

私から言えばですね、ヴィッツとフィット乗っているのは悪魔だな。

別にトヨタ乗っていても良いけど、これだけは乗っては駄目な奴だわ。

 

 それと、私の2013年7月12日退院後の同年度に出た「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第49 号)」の退院促進に関する通達ですね。

法律第49号で私の生誕年である六十干支みずのえね壬子ですから、浅野史郎の犯罪はもろばれなんですね。

私をモルモットで1年と3か月(フナブ・クー)だけ入院させてから、退院促進などと寝言を吐く犯罪省庁が常時運行の厚生労働省ですね。

 

 

 

 

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
平成二十五年法律第六十五号
第一章 総則
(目的)
第一条 この法律は、障害者基本法(昭和四十五年法律第八十四号)の基本的な理念にのっとり、全ての障害者が、障害者でない者と等しく、基本的人権を享有する個人としてその尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有することを踏まえ、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項、行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置等を定めることにより、障害を理由とする差別の解消を推進し、もって全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することを目的とする。
(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一 障害者 身体障害、知的障害、精神障害発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)がある者であって、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものをいう。
二 社会的障壁 障害がある者にとって日常生活又は社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物、制度、慣行、観念その他一切のものをいう。
三 行政機関等 国の行政機関、独立行政法人等、地方公共団体地方公営企業法(昭和二十七年法律第二百九十二号)第三章の規定の適用を受ける地方公共団体の経営する企業を除く。第七号、第十条及び附則第四条第一項において同じ。)及び地方独立行政法人をいう。
四 国の行政機関 次に掲げる機関をいう。
イ 法律の規定に基づき内閣に置かれる機関(内閣府を除く。)及び内閣の所轄の下に置かれる機関
ロ 内閣府宮内庁並びに内閣府設置法(平成十一年法律第八十九号)第四十九条第一項及び第二項に規定する機関(これらの機関のうちニの政令で定める機関が置かれる機関にあっては、当該政令で定める機関を除く。)
ハ 国家行政組織法(昭和二十三年法律第百二十号)第三条第二項に規定する機関(ホの政令で定める機関が置かれる機関にあっては、当該政令で定める機関を除く。)
ニ 内閣府設置法第三十九条及び第五十五条並びに宮内庁法(昭和二十二年法律第七十号)第十六条第二項の機関並びに内閣府設置法第四十条及び第五十六条宮内庁法第十八条第一項において準用する場合を含む。)の特別の機関で、政令で定めるもの
ホ 国家行政組織法第八条の二の施設等機関及び同法第八条の三の特別の機関で、政令で定めるもの
五 独立行政法人等 次に掲げる法人をいう。
イ 独立行政法人独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。ロにおいて同じ。)
ロ 法律により直接に設立された法人、特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人(独立行政法人を除く。)又は特別の法律により設立され、かつ、その設立に関し行政庁の認可を要する法人のうち、政令で定めるもの
六 地方独立行政法人 地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第一項に規定する地方独立行政法人同法第二十一条第三号に掲げる業務を行うものを除く。)をいう。
七 事業者 商業その他の事業を行う者(国、独立行政法人等、地方公共団体及び地方独立行政法人を除く。)をいう。
(国及び地方公共団体の責務)
第三条 国及び地方公共団体は、この法律の趣旨にのっとり、障害を理由とする差別の解消の推進に関して必要な施策を策定し、及びこれを実施しなければならない。
(国民の責務)
第四条 国民は、第一条に規定する社会を実現する上で障害を理由とする差別の解消が重要であることに鑑み、障害を理由とする差別の解消の推進に寄与するよう努めなければならない。
(社会的障壁の除去の実施についての必要かつ合理的な配慮に関する環境の整備)
第五条 行政機関等及び事業者は、社会的障壁の除去の実施についての必要かつ合理的な配慮を的確に行うため、自ら設置する施設の構造の改善及び設備の整備、関係職員に対する研修その他の必要な環境の整備に努めなければならない。
第二章 障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針
第六条 政府は、障害を理由とする差別の解消の推進に関する施策を総合的かつ一体的に実施するため、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針(以下「基本方針」という。)を定めなければならない。
2 基本方針は、次に掲げる事項について定めるものとする。
一 障害を理由とする差別の解消の推進に関する施策に関する基本的な方向
二 行政機関等が講ずべき障害を理由とする差別を解消するための措置に関する基本的な事項
三 事業者が講ずべき障害を理由とする差別を解消するための措置に関する基本的な事項
四 その他障害を理由とする差別の解消の推進に関する施策に関する重要事項
3 内閣総理大臣は、基本方針の案を作成し、閣議の決定を求めなければならない。
4 内閣総理大臣は、基本方針の案を作成しようとするときは、あらかじめ、障害者その他の関係者の意見を反映させるために必要な措置を講ずるとともに、障害者政策委員会の意見を聴かなければならない。
5 内閣総理大臣は、第三項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、基本方針を公表しなければならない。
6 前三項の規定は、基本方針の変更について準用する。
第三章 行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置
(行政機関等における障害を理由とする差別の禁止)
第七条 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。
2 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。
(事業者における障害を理由とする差別の禁止)
第八条 事業者は、その事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。
2 事業者は、その事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をするように努めなければならない。

 

elaws.e-gov.go.jp

 

                         障発0 1 2 4 第2 号
                         平成26年1月24日
     都道府県知事
   各        殿
     指定都市市長
                厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長
                     ( 公 印 省 略 )
      医療保護入院者の退院促進に関する措置について

 今般、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律(平成25
年法律第49 号)により改正された精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和
25 年法律第123 号。以下「法」という。)及び精神保健及び精神障害者福祉に関す
る法律施行規則の一部を改正する省令(平成26 年厚生労働省令第4号)により改正
された精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行規則(昭和25 年厚生省令第31
号)が、平成26 年4月1日から施行されることに伴い、精神科病院の管理者に医療
保護入院者の退院促進に関する措置を講ずる義務が新たに課されることとなった。当
該措置の具体的な運用の在り方については下記のとおりであるので、適切な実施に努
められるとともに、貴管下市町村並びに関係機関及び関係団体に対して周知徹底方お
取り計らい願いたい。

 

 

 

 

 

 

許せますか? 自宅への“アポなし訪問”に「玄関先なら」「非常識」と賛否、マナー講師に聞く

友人や知人による「アポなし訪問」の是非がネット上で話題になりました。マナーの専門家の見解とは。

アポなし訪問、あなたは許容できる?
アポなし訪問、あなたは許容できる?

 

 友人や知人による「アポなし訪問」について先日、ネット上で話題になりました。事前の約束や連絡などが一切ない状態で、友人や会社・学校関係の知人などに突然自宅を訪問された経験のある人は少なくないようです。

 アポなし訪問を「迷惑」だと感じる理由として、「家の中が片付いていない」「来客を迎える準備がない」「化粧や服装が来客に対応できる状態でない」を挙げる人も多く、ネット上では「本当に迷惑」「非常識」「居留守を使ったことある」「身内なら許せる」「玄関先までなら大丈夫」など、さまざまな声が上がっています。

「アポなし訪問」の是非について、マナーのプロの見解とはどのようなものでしょうか。「マナーは互いをプラスにするもの」をモットーに、国内外の企業や大学などで人財育成教育やマナーコンサルティングを行うほか、NHK大河ドラマなどのドラマや映画でマナー指導を行い、国内外で85冊以上のマナー本を出版するマナーコンサルタント西出ひろ子さんに聞きました。

 

相手の立場に立ち、事前の連絡を

Q.マナー的観点からみて、知り合いの個人宅へのアポなし訪問はOKでしょうか、NGでしょうか。

西出さん「状況や相手との関係性に応じてその答えは変わりますが、知り合いの個人宅へ訪問する際には、事前に連絡をする方がよいでしょう。そのため、アポなし訪問は基本的にはNGといえます。マナーの大前提は『相手の立場に立つ』ということ。

事前に何の連絡もなく、突然自宅を来訪されたら、自分ならどのように思うかを考えてみるとどうでしょう。外出で家を不在にしていたり、予定のない休日に家でくつろいでいたり…そんな時に突然の来客があれば、戸惑う人はいらっしゃいますね。逆に言えば、自宅に伺う旨について事前に連絡があれば、訪問を受ける側は前もって予定を立てたり、身なりや部屋を整えたりするなど、準備できるということです。

たとえ、『来訪してくれること』自体がうれしい行為であっても、アポがなかったために会うことがかなわず、『連絡さえ入れておいてくれれば、ちゃんと会えたのに』と思うこともあるでしょう。アポのない突然の自宅訪問は、双方が残念な思いをする結果につながってしまいかねません」

Q.玄関先までであれば、マナー的にはどうでしょうか。

西出さん「『どうしても一目お会いしてごあいさつしたい』『取り急ぎ物品の手渡しだけをしたい』など、やむを得ない事情によって突然の訪問が必要となるケースもあるでしょう。相手との関係性やその状況などによりますが、玄関先や門の前でのみ、ごくわずかな時間だけ会うことを目的とした訪問であれば、アポがなくてもよいといえる場合もあります。ごくささいな用事のために前もって約束をすると、お互い事前に予定を立てておけるメリットはありますが、その分相手の時間を縛ってしまうことにもなるからです。

ただし、こうした訪問の形式は誰にでも通用するものではなく、相手との関係性に大きく左右されることを肝に銘じておきましょう。相手に不快な思いをさせる場合も十分にありうるので、注意が必要です」

Q.アポなし訪問を受けた際、どのように対応すればよいでしょうか。

西出さん「アポなし訪問を迷惑と感じる場合もあるかもしれませんが、『相手にも何らかの事情があるのかも』と相手の立場に立ってみる心の余裕を持てると素敵ではないでしょうか。そういう気持ちになることで、自身にストレスを感じさせないことにもつながり、お互いにとってプラスになります。

とはいえ、なかなかそのような気持ちになれない場合、まず大事なことは、突然の来客に驚いたり戸惑ったりしたとしても、露骨に嫌な顔や表情をするのは控えることです。関係性によっては、『驚いた』などの旨を正直にお伝えしてもよいと思います。訪問する側/される側のそれぞれが意識するべきポイントは次の通りです」

【訪問する側】

 アポなしで自宅を訪れる際には「相手が在宅しているとは限らない」ことを念頭に置いておく必要があります。もし遠方から急遽(きゅうきょ)訪問した場合に不在だった場合は、ポストにちょっとしたメモを残しておくのもよいでしょう。

 基本的にアポなし訪問はNGのため、アポがないにもかかわらず家に上げてもらおうとするのは「ずうずうしい」「失礼だ」などと思われても仕方のないことです。「せっかく訪れてくれたから」と、厚意で家に上げていただけるケースもあるかとは思いますが、「玄関先に入れていただけるだけでもありがたいこと」だという気持ちを持つことが、マナーとして大切なことです。

 また、よく「散らかっていても気にしないから!」と言う人がいますが、「家や部屋が来客を迎えられる状態でない」ことを最も気にするのは訪問を受ける側です。こうした発言はマナーがないと言われても仕方のない、自己本位な言動といえます。

【迎える(訪問を受ける)側】

 約束やアポのない時に突然の訪問を受けると、驚いたり困惑したりする人が大半でしょう。さまざまな事情で、突然の来客を家に上げることができない場合も多いと思いますが、「本当は家に上がってほしいけど、今はとてもそんな状況ではない」旨を説明し、「『あなたのことが嫌だから上げたくない』というわけではない」ことを伝えられるとよいですね。

許せますか? 自宅への"アポなし訪問"に「玄関先なら」「非常識」と賛否、マナー講師に聞く | オトナンサー
https://otonanswer.jp/post/29003/