マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

12月3日の太陽活動

 12月3日の太陽活動です。

太陽風が少し上がったくらいですね。

まあ普段通り静穏。

 

そろそろの便所の土地仙台も嫌になりましたけどね。

ここの所裁判資料の作成もそうだし、色々と作業がゴミに妨害されていたので、そろそろまた始めなければ。

 

12月3日からの障害者週間は、まさにカルトが喜ぶゴミの週間だから酷いもんだね。

障害者とは神社本庁の思想みたいなものですよ。

キチガイだからね。

 

 

 

最近10日間の観測値 
データ日: 20181203 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT) 黒点 F10.7
2018年11月23日 0 69
2018年11月24日 14 70
2018年11月25日 15 70
2018年11月26日 0 69
2018年11月27日 0 68
2018年11月28日 0 68
2018年11月29日 0 68
2018年11月30日 0 68
2018年12月01日 0 69
2018年12月02日 0 69

 

黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)
http://swc-legacy.nict.go.jp/sunspot/index.php

 

 

日報2018年12月3日

【今日の宇宙天気情報(2018年12月03日 15時00分JST)】

この情報は、国立研究開発法人情報通信研究機構が配信しています。
担当:デヴェラ
------------------------------------------------

【概況・予報】

太陽活動は静穏でした。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。
地磁気活動は静穏でした。
引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。
------------------------------------------------

【太陽活動】

太陽活動は静穏でした。
太陽面で目立った活動は発生しませんでした。

STEREO探査機の極端紫外線画像(EUVI)によると、本日から明日にかけて太陽面の東端から新たに回り込む活動的な領域はありません。

3日6時UT現在、太陽面上に目立った活動領域はありません。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。

■過去3日間に大きなフレアの発生はありませんでした。

 

地磁気活動】


地磁気活動は静穏でした。
太陽風速度は通常速度の400km/sからやや高速な480km/sの間で推移しました。
磁場強度は弱い3nTからやや強い8nTの間で推移し、磁場の南北成分は一時-6nT前後の強い南向きの状態となりました。

SOHO探査機の太陽コロナ画像(LASCO)とSTEREO探査機の太陽コロナ画像(COR)によると、今後の地磁気に大きな影響を与えるCME(コロナ質量放出)は新たに観測されていません。

SDO衛星の極端紫外線画像(AIA211)によると、太陽面低緯度の西45度付近をコロナホールが通過しました。
今後、このコロナホールによる地磁気への大きな影響はない見込みです。

引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。

 

レポート | 過去の日報・週報・臨時情報・トピックス一覧 | 宇宙天気予報センター
http://swc.nict.go.jp/report/view.html?ym=201812&ids=d2018337&type=daily+weekly+bulletin+topics#js-report-viewer