マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【格式】ダイナースクラブの広告記事、「厳しいご指摘を頂いている」早期に掲載終了

 11月28日のニュースです。

日本初のクレカ会社の広告で一騒動だそうです。

何事もやはり最初と言うのは意味があるので、プライドはあるのだろうと思います。

私はねー、現役時代はクレカは持っていたけど、あまり使わないで終わりましたからね。

それで犯罪組織のおかげで無職になったので。

その時にクレカは解約したんですね。

ヤマダ電機のジャックスでしたけど。

 

今はこちらはデビットカードしかないですけど、VISA通れば私の場合はカードには一切格式は求めないですからね。

 

そういう人生であったので、下記の様な美人秘書の話題?

まあ勝手にやってくれと言うことで、こちらは関係はないですけど、

 

個人的にクレカと言う存在?

酷いのがリボ払いと言う奴ね。

 

あれって貧乏だから分割払いと言うのが結論ですよね。

ちょっとね、分割がステータスとか言われてもね。

個人的にはそういう目で見ていますけど。

 

クレカ通るのは、職業がまともと言う評価はあるけれど、

クレカが好きなのは破産も好きですからね。

女らしい愚かな話題と言えますかね。

 

これも男女共同参画の弊害なんですかね。

女がブランドを一瞬で落とす。

哀れでしかないです。

 

特にね、女の小銭の使い方は堅実な男と違い使い切るからね。

あの方々は貯金をしらない。

そういうのはあると思いますけど。

 

結婚してから現実知って、財布の紐が固くなるまでがワンセットですよね。

 

 

hoken-teacher.jp

 

 

日本だと、下記の通り、クレカを使わない人は信用されないと言う風潮はありますね。

 

news.cardmics.com

 

 

でもですね、ワールドワイドで見ると、世界はクレカではなくてデビットカードなんですね。

 

xn--lck4blfg0d8q.co

card-professor.jp

 

 

私もVISAデビットですけど、これが世界の主流ですね。

 

まぁ日本はガラパゴス携帯とか珍妙なのが発達する場所ではあったので、その類かなと思いますが、大方世界で通用するものではないだろうなと・・。

 

デビットカードは、金が無ければ買い物は出来ないのでその時点できちんとお金を持っている人です。

クレカは貧乏層が持つと、現金化で工面する一時しのぎなので。

ここは大きく違いますね。

 

まあクレカのブランドの場で書くものでもないですが、クレカの本質は前借りなので、本来は無くて良い機能ですね。

なぜ日本ではクレカが主流なのか私は疑問ですけど。

 

審査とか何とか、おまえらにして貰う必要も無いと言う個人的な意見です。

要らないですしね。

 

 

これはですね、最近の話題のiPhoneを分割購入するための審査もそれですね。

何というかね、貧乏なのに10万円の2年ほどで使い切る高いスマホを求める日本国民と言うかね。

 

mobile.srad.jp

 

 

この思想は世界には無いので珍妙ですよ。

日本独特です。

 

それで、高いスマホなので落として画面を割っても直さない層が一部居ると言うことですね。

不思議な現象ですよね。

画面割れていると、格安スマホユーザーよりも足下見られますよ。

単なる貧乏情弱でしかないですからね。

 

 

nlab.itmedia.co.jp

 

www.kashi-mo.com

 

 結論として身の丈に合わない買い物と言うことですね。

私は安いsimフリースマホです。

まぁ貧乏だからね。

でも、画面割れたら買い換えますけど。すぐに。

 

分割の手法も色々あるのですけど、キャリアによっては長期契約の替わりに一括よりも端末代を割り引いてくれるのはあるのでそれならば理解は出来るけど、

払う金額が同じで審査とかね(笑)

馬鹿じゃんとしか思えないです。

 

 でね、高級iPhone持っていて、私くらい使いこなすのもそれほどの割合は居ないだろうと言うことで(笑)

ここ大事ですね。

 私は中央よりは上位だとは思うけど。

 

若い人はいくらでも私より使いこなすと思うけど、特に私から上の年代層は、まあ50代以上ね。これ年代はかなりやばいですね。

 

 

スマホはオモチャだから誰でも使いこなせますけど、そういう基本、IQに該当する処理が出来なくなりつつある方と言うのは疑問ですね。

国会でタブレットが使えない連中とかね。

 

 

gunosy.com

 

 

 

ダイナースクラブの広告記事、「厳しいご指摘を頂いている」早期に掲載終了

若い読者に訴求したかったそうだが…

 
 

雑誌「GOETHE」(ゲーテ)のウェブ版に掲載されたダイナースクラブカードの広告記事「美人秘書たちの本音トーク炸裂! いま男性が持つべきクレジットカードとは?」がSNSを中心に話題になっている。

 
ゲーテに掲載されたダイナースクラブの広告記事(現在は削除されている)
 
幻冬舎

ゲーテに掲載されたダイナースクラブの広告記事(現在は削除されている)

 
 

この広告記事は、実在する会社の現役秘書3人が座談会形式で“男性が持つべきクレジットカード”について語るもの。

ただ、内容の一部において以下のように、

秘書A 通販サイトのカードでいばられてもね(笑)。

秘書B 男性が交通系の機能がついたカメラ屋さんのカードで支払っていたときは、気まずく感じてしまって見ないふりをしました(笑)。

秘書C 百貨店とかスーパーとかのカードしか持っていないと、「この人は何にもこだわらない人なんだろうな」と思っちゃう。

と、たとえば楽天カードやビックカメラSuicaカードを想起するような記述があったことなどから、ネット上では賛否両論が巻き起こっていた。

Twitterからいくつかの反応を拾うとこのような具合である。

 

「ブランドを逆に下げる」

 
 

「ダイナースやめようかな、と真剣に思う記事ですごい!」

 

ダイナースといえば、 58年前に日本初のクレジットカードとして登場して以来、上質さとその格式で知られていた。

そういう意味で、今回の広告記事の演出に多少なりともがっかりした利用者がいたようだ。

「美人秘書」たちが座談会で他社のクレジットカードを貶めるような発言をし、その一方でダイナースクラブカードを持ち上げる。これではむしろそのブランドに傷がつくのではないか、と。

では、そもそもこの広告記事はどういった目的で制作されたのだろうか。広告主である三井住友トラストクラブのマーケティング担当者の井上聡氏はこう語る。

「広く若者層に支持されているゲーテさんならではの独自の視点で、ダイナースクラブカードの魅力を表現していただくことを企画意図としておりました。若い読者向けという事で切り口も若いユーザー層の視点からの記事制作を目指しておりました」

若い読者向けの切り口で作られた記事広告だという。

内容について賛否あることに関しては、「現在、厳しいご指摘を頂いている事に関しては承知しております。不快な思いをされた方がおられることを真摯に受け止めております」としており、社内でも認識しているそうだ。

ゲーテから持ち込まれた提案だっため、企画・制作はすべてゲーテに一任したという。秘書たちの発言については「実際に座談会で出た議論」だったそうで、「当社が誘導や指示等を行ったものではありません」としている。

なお、当該記事は11月20日に公開され、26日に削除された。その跡地には「こちらの記事は掲載期間を終了いたしました」とある。

広告の掲載期間としては短いのではないかと聞くと、27日、こんな答えが返ってきた。

「広告をご覧いただいた皆様のご指摘を真摯に受け止め、昨日、記事の掲載期間終了を決定致しました」

 
 
ダイナースクラブの広告記事、「厳しいご指摘を頂いている」早期に掲載終了
https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/diners

 

 

 

アメリカのクレジット利用法」は、最も危険な考え!?

アメリカ」では「クレジットカード」の考え方が、日本とは全く違うのです。

  • 日本は一括払いを利用することが多い
  • アメリカは、リボ払い(分割)が常識!

この利用方法についての考え方が最も違います。

日本でも「クレジットカード」は「リボルディングが便利」として「クレジットカード」を利用する方は大勢いますが、一方で「分割は嫌い」とする方も多くいるのも事実です。

この事実が、日本は「クレジットカード後進国」と言われる理由の1つでもあります。

国内で、債務整理を行った経験のある方のほとんどが、複数のカードで「リボ払い」をしていた状況にある方です。

アメリカ」では「クレジット」は、分割で返済することが常識となっていて、利用限度額まで利用します。

1つの「クレジット」の枠が限界に達すると、違う「クレジット」を申込み、また同じように限度額まで利用します。

この利用方法が「常識」であるので「サブプライム」でのほとんどの貸付が、返済不可能な金額までに膨れ上がっていた原因でもあるのです。

つまり「クレジットカード」は「月々少額の支払いが出来る、便利なカード」との考え方は、債務を拡大すると言うことが証明されていることになります。

この考え方は「クレジットカード大国」と言われる「韓国」も同じです。

「韓国」では「クレジットカード」は自転車操業するアイテムだと、常識のように考えられています。その結果、今「韓国経済」も破綻に向かっているのです。

この「クレジット」の考え方は、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどあらゆる「クレジット」に対しての考え方で「クレジットカード」だけに対する考えかたでは無い故に、たちが悪いとも言えるのです。

「ニルソンレポート」で判る「クレジットカード負債額!」


上記のグラフは「ニルソンレポート」が公表した2015年6月の最新チャートで、「アメリカの家庭負債とクレジットカード負債」の推移を表したチャートです。

上段のグラフの「水色の縦軸」が「アメリカ家庭の負債総額」の推移を示しています。

2007年「サブプライム」2008年「リーマンショック」の年が負債のピーク値となっていて、13兆円を超えています。その後、回復傾向にあったものの2013年、2014年と増加傾向になっていることが判ります。

「家庭負債」とは、先に触れた住宅ローンなどを含む「全てのローン(負債)」を言います。

上段のグラフ中にある折れ線は「家庭負債」の中で「消費者ローン」のみの負債推移を表しています。

2014年をみると「家庭負債 約13兆円」の内「消費者ローン」が約3兆円の割合を占めていることになります。

下のグラフは「消費者ローン」の中で「クレジットカードでの負債」を表していて、2014年の「クレジットカード負債」は約1兆円であることが判ります。

「ニルソンレポート」では「1990年以降での消費者ローンに占めるクレジットカード負債の割合が最低レベルに達した」とコメントしています。

確かに数字だけみると「クレジットカード」が健全に利用されているように見えますが、実際は「サブプライム層」以下の国民が「信用低下」によって「クレジットカード」を利用出来なくなったことに起因しているのです。

その結果「クレジットカード」に頼れない債務者は、他の消費者ローンなどへ依存している為に「家庭負債」も「消費者ローン」の数値も増加傾向にあるのです。

「クレジット破綻した国」が辿る「デビットカード」への道!

現在「韓国」では「クレジットカード破綻」が国内需要を低迷させ、経済を圧迫している要因になっていることから「デビットカード」への移行を国策として進めています。

現在はカード社会であり、構築された決済システムは崩壊することは無いでしょう。

ですが、「クレジットカード破綻」をそのまま放置していれば、大きな波となって国の経済全体を飲み込む可能性も否定出来ないことも事実です。

ですから「クレジットカード決済」も出来る「クレジット」で無いカード!「デビットカード」への移行を促進する訳です。

アメリカ」も「VISAデビット」がクレジットを逆転!

実は2014年に「VISAデビット」が「VISAクレジット」を逆転しているのです。

「ニルソンレポート」から2000年から2014年までの「デビットカード」と「クレジットカード」の売上高の推移表があります。


 1,800兆円市場に走る大激震!デビットカード急増の理由!? | クレジットカード大学
https://card-professor.jp/debitcard-surge/

 

 

 

中には貯金なしも?20代の貯金平均

男性の中央値

20代男性では、貯金額の中央値は200万円と算出されています。中央値とは、集められたデータを小さい方から順番に並べていき、その真ん中にあるデータを取った値のことです。

男性の貯金額の平均は金額ごとで割合化すると、100万円以下が6.4%、200万円以下が11.8%、300万円以下が32.1%となっています。続いて400万円以下が26.8%、500万円以下が17.2%、600万円以下が3.0%となっており、それ以上と答えた人は2.7%でした。

女性の中央値

20代女性の中央値も男性と同様200万円です。女性の平均貯金額は、100万円以下が26.4%、200万円以下が21.5%、300万円以下が13.2%となっています。次に400万円以下が13.9%、500万円以下が4.2%、600万円以下が9.7%をそれぞれ占めています。

男性と異なる点は600万以上の貯金がある人が10%近くいることです。ちなみに、700万円から1,000万円以上は11.2%でした。中央値は200万円なので、貯金額にばらつきがあることが分かります。

 

 20代の男性・女性別の貯金平均はどのくらい?効果的な貯金方法とは | 保険の先生
https://hoken-teacher.jp/archives/2986