マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【カルト酒】【飲みたくない】世界55カ国1万本で川崎町の酒蔵の杜氏が優勝【気持ち悪い】【仙台藩】

 11月21日のニュースみたいですね。

実に気持ちが悪いニュースであり、私は即排除です。

所詮は創価学会ですよね?

気持ちが悪い農林水産省の関係はこちらは排除ですな。

 

基本的に私は仙台藩の食材は食べたくないのですが、まぁ裁判で勝利して出て行くまでは食べなければならないと言うことです。

特に私は酒は飲まない方なので、川崎の酒を飲むことはない。

酒は飲めますけど、飲む価値は無い。それだけです。

 

 

これは、この50年の全てでしょ?

三塚博から杜喜朗だ。仙台藩の全て。杜の都

 

単なるカルトであり、川崎の酒はそこらで転がっている産物だと思いますが。

私は川崎の酒が美味いとは聞いたことはないが。

 

この流れで、確実に下記の店舗に並べるでしょうな。

私は近くのJAごと立ち入る場所ではないですけど。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

私が通いまくっていたヤマザワ松陵店ですら、切って1年で立体駐車場から車が2台転落したのに、アンテナが酷いな(笑)

創価学会とかボンクラしか居ないんでしょ。

低質の馬鹿カルトだからね。こちらは相手にしていないし。

 

 

 

世界最大規模の国際的な酒のコンクールの日本酒部門で、宮城県川崎町の酒蔵で作られた日本酒が最優秀賞を受賞しました。
この日本酒を造ったのは22歳の若き女性杜氏でした。

SAKE selection 審査会の様子
https://amd.c.yimg.jp/im_siggx3Jio5_SJB1GEDfpXChS6g---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20181124-00010004-oxv-001-1-view.jpg

世界55カ国から1万本以上が出品される世界最大規模の国際的な酒のコンクール、「SAKE selection」。
海外での和食ブームを背景に今年、新たに作られた「日本酒部門」の表彰式が21日、東京のベルギー大使館で開かれました。
全国から617銘柄の日本酒が出品され、その「本醸造酒」部門で、最優秀賞に選ばれたのが・・・。

あたごのまつ 鮮烈辛口(新澤醸造店)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggm9Jjm_hFM90EXdjsiYvpfA---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20181124-00010004-oxv-002-1-view.jpg

川崎町に酒蔵がある新澤醸造店の「あたごのまつ 鮮烈辛口」です。

試飲した人
「ワインのようなフルーティーさがありまして、とても辛口とは思えないですね」
試飲した人
本醸造でここまでスッキリかつ余韻がある、香りがあるお酒を造れるのは相当レベル高いですね」

SAKE selection 渡部七海さん(22)スピーチ
https://amd.c.yimg.jp/im_siggNWw3rNsx4fQNsalIxekS7g---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20181124-00010004-oxv-003-1-view.jpg

この日本酒を作った「杜氏」、渡部七海さん。なんと、22歳です。

新澤醸造杜氏 渡部七海さん(22)
「本当に皆様の力で、いろいろ教えていただきながら造ったお酒がこのように評価されてうれしく思っています」

新澤醸造店 渡部さん(左)と新澤社長(右)
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg6g5gBNNLu88v.RapYiD_rQ---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20181124-00010004-oxv-004-1-view.jpg

渡部さんが働く川崎町の酒蔵。創業145年の歴史があります。
渡部さんは東京の短大の醸造学科で酒造りを学び、3年前に新澤醸造店に入社しました。

新澤醸造杜氏 渡部七海さん(22)
「(酒は)生き物なんですけど、何か聞いても声が返ってくるわけではないので、気づいて直していければ良くなっていくけど、気づけなかったらどんどん悪くなっていく。発見が面白いと思う」

新澤醸造店 新澤巌夫 社長
https://amd.c.yimg.jp/im_sigggJC8EryYAnnetQXVboRZZw---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20181124-00010004-oxv-005-1-view.jpg

社長の新澤巌夫さんは今年1月、自ら17年間務めた日本酒製造の最高責任者である「杜氏」に渡部さんを指名することを決めました。
全国でも最年少の杜氏ではないかとも言われるほどの異例の大抜擢でした。

新澤醸造店 新澤巌夫 社長
「なんていうんですか、もう別格ですね、利き酒を一緒にしても同じお酒を飲んでもコメントの仕方とか判断の仕方が、一つ二つ次元が違うなと思わせてくれるし、ベテランよりも怖さを知らない分、やっぱり僕らには出せない味を出してしまうと」

新澤醸造
https://amd.c.yimg.jp/im_siggKpjlKux5jJ346R2NKpS3pA---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20181124-00010004-oxv-006-1-view.jpg

利き酒の能力だけでなく、日本酒造りにおける冷静な判断力や危機対応力などリーダーとしての素質があると見込まれた渡部さん。
22歳の若き杜氏は、国際コンクールでの「最優秀賞」という結果でその期待に応えました。

新澤醸造杜氏 渡部七海さん(22)
https://amd.c.yimg.jp/im_siggEFcUVWcYv5Qjjl.flX7row---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20181124-00010004-oxv-000-1-view.jpg

杜氏の仕事はおいしいお酒を作ることが一番だと思うんですけど、つらい顔して作ったお酒がおいしかったら、それはすごいことなんですけど、それよりみんなが楽しく働いて、そのままおいしいお酒につながったら良いかなと。改善できるところ、もっと良くできるところは良くしていって、楽しく仕事をしていきたいと思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00010004-oxv-l04

 

【宮城】国際的な「酒」のコンクールで最優秀賞の快挙 杜氏はなんと22歳の女性
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543150672/