マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【宮宮交流】宮崎県高千穂町で住宅に6人の遺体【夜神楽】

 11月26日のニュースです。

要するに高千穂とは、これは山田奈緒子時代の私が宮城県庁に存在していない時代のものです。

私が閉鎖病棟にいた2013年時代ですね。

このころ私を潰したであろう美人局の女は、ブログの中の人間が一致していれば産休であったということです。

ブログそのものは私が2008年度に退職して、翌年度の2009年度からの開始なので、確実に宮崎県高千穂は私の中では排除です。

私は確実に切り捨てる時代であり、それをライフワークとして、希望として、司法で戦い、そしてその後も切り捨てて生きていくと言うことです。

戻ってはならない時代なんですよ。

これは自民党の奴らもスペインの太陽で進みますし、私は力は全て回収して現実を見せる

それだけが仕事ですね。

だから連中とは対面はあり得ないし、関係無いと言うことです。

本日は泉区役所で精神障害者家族教室が開かれたみたいですが、いつもの犯罪県議ら政治家共の工作でしょうな。

私はゴミは要らないからね。

 

 

 

住宅に6人の遺体 殺人で捜査 息子とみられる男性の行方捜す
2018年11月26日 18時10分

26日昼前、宮崎県高千穂町の住宅の中や外で男女合わせて6人が亡くなっているのが見つかりました。このうちの1人は子どもと見られるほか、中には外傷がある人もいるということで、警察は殺人の疑いで捜査するとともに、事件のあと行方が分からなくなっている世帯主の息子とみられる男性の行方を捜しています。

警察によりますと26日午前10時半前、「宮崎県高千穂町押方の飯干保生さんの自宅に電話したがつながらない」と町外にすむ家族から警察に通報がありました。

午前11時すぎ、警察官が飯干さんの自宅を訪れたところ屋外で女性1人、屋内で男性3人と女性2人の合わせて6人の遺体を見つけました。

6人は飯干さんの家族などとみられ、このうちの1人は小学生の女の子と見られるということです。中には外傷がある人もいるということで、警察は殺人の疑いで詳しい状況を調べています。

捜査関係者によりますと事件のあと飯干さんの息子とみられる男性の行方が分からなくなっていて、高千穂町中心部にある道の駅の駐車場にこの男性のものと思われる車がとまっていたということです。

警察は駐車場のそばにある五ヶ瀬川にかかる大きな橋の付近を捜索するなど行方を捜しています。

現場の住宅は高千穂町役場から南西におよそ3キロ離れた、山の中に10棟ほどの住宅が集まった集落のうちの一棟です。

保育園「ショックで不安」
高千穂町押方にある保育園の園長の男性は「防災無線で事件が起きたことを知りました。『登下校は集団でするように』ということだったので、保護者に迎えに来てもらうよう対応を取りました。まさか高千穂町でこんな事件が起きるとは思わずショックです。子どもたちを預かっているので不安です」と話していました。
地元のタクシー会社の男性「怖い」
宮崎県高千穂町押方のタクシー会社の男性は、「町の防災行政無線で、殺人事件が起きたので戸締まりなど用心をしてくださいと呼びかけがありました。ふだんは何もない平和なところなので怖いです」と話していました。
現場は
宮崎県高千穂町押方の現場の住宅では敷地内に青いシートがはられ、そのなかで警察官らが詳しく調べている様子が確認できます。

現場は山あいで田畑が広がり住宅が点在している地域です。

 

住宅に6人の遺体 殺人で捜査 息子とみられる男性の行方捜す | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181126/k10011723811000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 

sendainn.blog37.fc2.com

 

宮城のニュース

日本古来の文化に触れて 宮崎・高千穂神社の夜神楽、仙台の秋保神社で16日初披露 復興みこし寄贈を縁に

楽殿こけら落としへ向けた準備をする秋保神社の関係者ら

 仙台市太白区秋保町の秋保神社に7月末、神楽殿が新設された。こけら落としとして今月15、16日に行う例大祭で、宮崎県の高千穂神社の「高千穂夜神楽(よかぐら)」が奉納される。高千穂神社は2015年3月に「東日本大震災の復興の一助に」と秋保神社にみこしを寄贈した縁がある。今回、日本神話や伝説を題材にした夜神楽の代表的な演目を宮城県内で初披露する。
 夜神楽は天の岩戸伝説が起源と伝わり、33もの演目で構成される。「高千穂の夜神楽」として国重要無形民俗文化財に指定され、高千穂神社では毎年11月22、23日に開かれる「夜神楽まつり」で2日がかりで奉納される。
 秋保神社の神楽殿は3カ月の工期を経て完成した。鉄筋コンクリートの平屋で、壁面に巡らせた杉の引き戸を取り外しできる。延べ床面積は約30平方メートル。地域のイベント会場としても活用される。
 「こけら落としには夜神楽しかない」と高山晃和宮司(49)が高千穂神社側に相談し、出演が決まった。例大祭には夜神楽の演者として9人が来訪予定。16日午後5時~6時半、天の岩戸伝説の天照大神(あまてらすおおみかみ)ら神々を表現する5演目を披露する。
 400年以上続くとされる秋保神社の神楽は、地元保存会の約10人が15日午後に奉納。16日は高千穂神社から贈られたみこしが2頭の馬に先導されて秋保地区内を練り歩く。
 高山宮司は「日本古来の文化をぜひ感じてほしい。若い人たちが、お神楽の魅力に触れる機会になるといいと思う」と語る。連絡先は秋保神社祭典委員会022(399)2208。


関連ページ:宮城社会

2018年09月10日月曜日

 

日本古来の文化に触れて 宮崎・高千穂神社の夜神楽、仙台の秋保神社で16日初披露 復興みこし寄贈を縁に | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180910_13036.html