マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【宮城県農林水産部】気仙沼湾ホタテ、出荷を再び規制【厄災組織】

 11月20日のニュースですね。

11月13日に解除した規制が、元の木阿弥だそうです。

この人達は天に見捨てられた集団だからね。

まあ分かるというかですね。

 

私はこんな貝は怖いので、消費者としては食べられないね。

常に仕事が出来ない連中と言うことだと思います。

いつまで継続しているのやら。

漁民に首吊れと言うことですかね。

 

 

 

 

 

宮城のニュース

気仙沼湾ホタテ、出荷を再び規制

 宮城県は20日、国の規制値を上回るまひ性貝毒が検出されたとして、気仙沼湾気仙沼市唐桑町御崎-同市波路上と同市本吉町との境)産ホタテガイの出荷自主規制を関係漁協に要請した。同湾産は13日に出荷規制が解除されたばかりだった。
 出荷が規制されていた小泉・伊里前湾(気仙沼市波路上と同市本吉町との境-南三陸町歌津と同町志津川との境)産は6日の検査から3週連続で国の規制値を下回ったが、20日の検出値が県の自粛基準を超えたため、関係漁協に出荷自粛を要請した。
 一方、女川湾・牡鹿半島東部(石巻市雄勝町と女川町との境-同市黒崎)産については、20日の検査で自粛基準を下回り、出荷自粛措置が解除された。
 県産ホタテガイは、国の規制値を超えるまひ性貝毒が検出されたことに伴い、生産する県内全7海域で4月下旬、出荷が規制された。規制が続いているのは気仙沼湾、小泉・伊里前湾の2海域。


関連ページ:宮城社会

2018年11月21日水曜日

 

気仙沼湾ホタテ、出荷を再び規制 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181121_13048.html