マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【周・太公望】覆水盆に返らず【過去の中国3000年】

 誰でも知っているものですね。

仙台の寄生虫にお似合いなのがこの言葉ですね。

他に何も無いでしょ。

こちらが相手にするわけがない。

世の中舐めた奴らなんて相手にするわけがない。

 

これを書いているこの時間に固定ネット回線を切られたわけですけど、

要するに無能世代である団塊から学ぶものは何も無いと言うことです。

屑から受ける教育は無い。

 

私は、団塊から教えを請うたら人間お仕舞いだと信じている。

 

 

覆水盆に返らず

【読み】 ふくすいぼんにかえらず
【意味】 覆水盆に返らずとは、いったん離縁した夫婦の仲は元に戻らないことのたとえ。転じて、一度してしまった失敗は取り返しがつかないということのたとえ。

【覆水盆に返らずの解説】

【注釈】 周の太公望は、若い頃貧乏なのに働かず読書ばかりしていたので、妻は愛想を尽かし出て行った。
後に太公望が出世して高位につくと、出て行った妻が復縁を求めてきたが、そのとき太公望は盆の水をこぼして「この水を元に戻せたら復縁に応じよう」と言ったという故事に基づく。
「覆水」とは、こぼれた水のこと。
【出典】 『拾遺記』
【注意】 「覆水盆に帰らず」と書くのは誤り。
【類義】 破鏡重ねて照らさず、落花枝に上り難し/落花枝に返らず、破鏡再び照らさず
【対義】
【英語】 It is no use crying over spilt milk.(こぼれたミルクを嘆いても仕方がない)
Things done cannot be undone.(一度なされた事は元に戻せない)
【例文】 「これから頑張るとかまじめにするとか、今さら誠意を見せても覆水盆に返らずよ。もう遅いわ」

 

覆水盆に返らず - 故事ことわざ辞典
http://kotowaza-allguide.com/hu/fukusuibonnikaerazu.html