マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【男女共同参画・女子学生発狂・狐憑き?】東京大学【自民党・三位一体・神道政治・渋谷 明治神宮】

 11月2日の昨日のニュースです。

世の中ストレスフル社会なので、色々と弊害があるみたいです。

これはみんな政治が悪いんだと思います。

天下の東大生でも発狂してしまう平成

誰が予想したでしょうか?

これが中曽根康弘が作った日本社会か?

 

個人的には、政治を見れば見るほどむかつくだけです。

 

下記に神社研究会が存在するので、それで何かを呼び寄せたのかもですね。

所詮は、こっくりさんみたいなオカルトだと思いますよ。

 

平成19年とは私の現役出勤がほぼ完了した翌年なので、もろですね。

 

そもそも平成の災害のオンパレードから考察すれば、神社は機能していない

だから実質伝承している神職は存在しない。

更に東大生の素人がオママゴトをしている。

そりゃこの通りなのかなと思います。

 そりゃ記憶力のみ良くても、オママゴトなので。

何処までやってもその通りですね。

 

 

 

 

東大・駒場キャンパス一号館、発狂した女子大生が窓ガラス割る事案

東京大学駒場キャンパス一号館で11月2日、女子大生が叫びながら窓ガラスを割る事案が発生しました。

発表によりますと11月2日午後1時40分ころ、東京大学(東大)の駒場キャンパス1号館で、女子大生が発狂しながら窓ガラスを割ったということです。

Twitter上には「駒場の1号館で一人の学生が発狂してガラスを割っている」「一号館で悲鳴が聞こえた」「一号館から叫び声が聞こえた」「窓が割れたような音と悲鳴が聞こえた」などという目撃情報が相次ぎました。

 

東大・駒場キャンパス一号館、発狂した女子大生が窓ガラス割る事案 | ニュース速報Japan
https://breaking-news.jp/2018/11/02/044965

 

 

 

東京大学 神社研究会について

 東京大学神社研究会(通称:東大神社研)は、神社とそれにまつわる日本文化を幅広く扱い親しむ神社文化総合サークルです。2007年に設立された比較的新しいサークルで、現在は東京大学文学部倫理学研究室の頼住光子教授を顧問としてお迎えしています。活動内容は神社関係の勉強会、『古事記』の講読や神社仏閣巡り、雅楽・舞の練習まで多岐にわたります。
 詳しくは以下のページや各部会紹介をご覧ください。


主な活動内容

勉強・怪異部会

 神社や神社に関連する幅広い文化をテーマにし、基礎的な勉強から学術的な研究までを行う部会です。神社・神道に限らず、広く宗教文化について知りたい、語り合いたいという人にもお勧めです。
勉強・怪異部会(神社/神道の勉強)

雅楽部会

 雅楽の鑑賞や実践練習を行う部会です。雅楽で使われる管楽器である鳳笙龍笛篳篥を実際に練習・発表したり、演奏会を聴きに行きます。雅楽のやんごとない音色に魅せられた人、新しく楽器をやってみたいという人にお勧めです。
雅楽部会(雅楽の演奏)

神楽部会

 神楽の実践練習・発表を行う部会です。現在は外部の山伏神楽研究会と提携し早池峰系の「山伏神楽」を練習しています。伝統芸能に興味のある人や体を動かしたい人にお勧めです。
神楽部会(神楽の演舞)

探訪部会

 神社仏閣や名所旧跡および祭りや縁日などを訪れ、楽しみ、かつ学術的研究を行う部会です。「遊びに行く」感覚での参加から、「研究に行く」気概での参加まで。いろんな場所へ実際に足を運んで見てみたいという人にお勧めです。
探訪部会(神社/仏閣の探訪)


第68回駒場祭

東大神社研は、第68回駒場祭にて「邦楽演奏・神楽月の会」と「神社喫茶・雅」の2企画を出します。「邦楽演奏・神楽月の会」は雅楽部会と神楽部会による合同公演を予定しておりましたが、メンバーの都合により神楽部会のみの公演となります。「神社喫茶・雅」ではわらび餅セット、お煎餅セットを販売し、どちらもお茶が付いてきます。また、会誌『千五百秋』第九号の販売も行います。

11/24(金)-26(日)
神社喫茶・雅@102教室(一号館一階)

11/26(日)
邦楽演奏・神楽月の会@剣道場(第一体育館一階)

11:30開場(11:45開演)
13:15開場(13:30開演)
演目はどちらも三番叟です。

お知らせ

  • 2018,03,28 新歓情報を更新
  • 2017.11.20 駒場祭情報、雅楽部会の活動日時を更新
  • 2017.08.10 夏コミ情報を更新
  • 2017.05.04 入会情報を更新
  •  
  • 2017.04.19 集合時間の訂正
  • 2017.04.17 新歓情報、活動情報を更新
  •  
  • 2017.04.12 新歓情報を更新
  • 2017.04.04 新歓情報を更新

 

 

 

東京大学神社研究会
http://jinjaken.web.fc2.com/

 

 

神社研究会とは

活動全般について

 東京大学神社研究会(略称:東大神社研)は、平成19年(2007年)1月に設立され、東京大学の学生を中心に「神社・神社文化(雅楽・神楽舞・和歌)や神道神道学・民俗学国学)およびその関連分野(神社仏閣・名所旧跡めぐり、神社周縁の民俗文化など)に関心のある学生」が集まって設立された、比較的新しいサークルです(当時の名称は「東京大学神社・神道研究会」)。
 同2月に大学事務局に登録され、現在では届出団体・学友会加盟団体になっています。顧問には、東京大学文学部倫理学研究室の頼住光子教授をお迎えしています。

 神社研は、「勉強・怪異部会」「探訪部会」「雅楽部会」「神楽部会」の4つの部会に分かれて活動しています。また、サークル全体で合宿を行ったり会誌『千五百秋』を発行したりもします。最近の活動と最新の活動予定についてはTwitter(@jinjaken)をご覧ください。

 全ての活動が自由参加制で、各部会の活動頻度も週単位。月単位となっており、気軽に参加できます。活動場所は、東京渋谷エリアにある東京大学駒場キャンパスが中心です。ただし、散策や練習などでは、活動ごとに異なります。
 神社研は、様々な大学の学生が参加するインカレサークルです。東大のほか、白百合女子大日本女子大國學院大、一橋大、東工大専修大、津田塾大、北里大、帝京大、電気通信大、学習院女子大、お茶の水女子大、聖心女子大など首都圏各地のさまざまな大学の学生が参加しています。学年も幅広く、学部生から大学院生までいます。年齢を問わず、学部4年生、大学院からの参加も歓迎です。なお、現在は勉強・怪異部会・探訪部会への、社会人の方のご参加はご遠慮いただいております。
 神社研では時期を問わずいつでも新入会員を受け入れています。ぜひ参加してみてください!

おことわり

 当会は、東京大学の顧問教員を戴いて活動する学術サークルであり、届出団体かつ学友会加盟団体です。当会は政治思想団体や新興宗教団体とは一切関係ありません。当会は「組織としての中立」を旨とし、会として政治的・宗教的活動や主張をすることはありません。また、政治団体や宗教団体への勧誘行為・布教行為は一切禁止他者への思想の押し付け行為等も一切禁止、とさせて頂いております。 よくある質問 もご覧ください。

 

 

活動場所

神社研の部室は、東京大学駒場Ⅰキャンパス キャンパスプラザB棟 3階 307号室です(キャンパスプラザの位置地図)。最寄り駅は京王井の頭線駒場東大前駅です。お気軽にお越しください。

 

 東京大学神社研究会
http://jinjaken.web.fc2.com/introduction.html