マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【日本の癌 農林水産省】1998年から2000年当時、なぜ飲んで泉中央まで着いた父親を、朝が早い私が車で迎えに行かなければならないのか理解出来なかった【邪魔な奴ら】

 特に2000年なんてのは農林水産省縦割りなんて完全に用済みだったわけですね。

私の父親は昭和の人間なので、酒飲むのが仕事と錯誤しているこの平成の今時では流石に減っている屑世代ですかね。

この時代の国の役人なんてのは、定時で仕事が終わればそのまま庁舎で酒を飲んでいたそうですよ。そういう時代だったみたいです。

ですので、私の父親なんてのは大方酒が入って帰宅する屑でどうしようもない。

 

自分でちゃんと足を確保して帰ってくるのであれば、そりゃ他人なのでどうでもいいんですね。

こちらが23時前に帰宅して、飯を食い、そして当時はテレホーダイのネット時代ですね、なぜこの23時台から24時台に足が確保できない馬鹿の為に私が迎えに行かなければならないか?と言うことですよ。

 

それで、もう深夜の23時台ですから固定電話に誰かが電話してくる時間帯ではないので、こちらはテレホーダイを申し込んでいるから1時間程度のネットがしたい

でも馬鹿が丸々妨害すると言うことです。

あり得なくないですか?

 

それが、毎日なんですね。なんだこの屑と言うことです。それが農林水産省の役人の体質ですね。

 

それで私は次の日は午前5時半には起床なんですよ。

父親は朝の8時頃に出るので、7時前くらいだと思いました。

 

こういう自立出来ない屑は、父親ではないですね。

特になぜ酒飲んでくる馬鹿を睡眠時間やネットの妨害までされて迎えに行かなければならないのか?

完全に意味不明です。当然駄賃も寄越さない。

 

 

それでですね、当然深夜なので真っ暗の中で車の運転ですよね。

雨の日もあった。でも私は運転していたわけですよ。

それで当然事故は一切無しですけど。

 

この歳まで来て、少し前に転院するに当たり、親がうざいのでサイクリングを始めたわけですね。当時はまだ9月と言うことで残暑も伸びていました。

それは通院は自転車で行こうと考えたわけです。トヨタヴィッツ同乗なんてご免被ると言うことです。

夜にライトを点けて走っていたわけです。

 そしたらですね、夜は見えなくて危ないから走るなと私の部屋に来て騒ぎ立てるわけですね。

気が狂った様に

 

それで、当人が現役時代の時は、私を足として使って、雨の日であろうが雪の日であろうが、夜に迎えに来させるわけですよ。

 

これが農林水産省の湯船に浸かった人間の思想ですね。

何を言っているのかが全く分からないのが特徴です。

農民の頭なのでそのとおりですよ。

 

 目と言うのは、水晶体と網膜で構成されていますけど、基本的に目が悪くなるのは水晶体が原因です。

だから、視力が悪くなったから同時に明るさも感じなくなる、夜に見えなくなるか?と言えば全然違うのですね。

当然光が大幅に減りますから、昼間よりは情報量は格段に落ちます。

 

 ここ、無知の脳みそだと目が悪いから夜も見えないと直結するんですね。

だから眼鏡やコンタクトを入れれば、全く問題はありません。

 

 要するに自分よがりな馬鹿の相手はしたくないなと・・。

 

当然糖尿になると緑内障とかも発生するので、これでやられるのは網膜です。

ここがやられてしまうと二度と欠けた視界は戻らないので、要注意ですね。

 

 

 テレビゲームをやると動体視力は向上するらしいです。

特に私のテレビゲーム時代はシューティングゲームの全盛期だったわけですね。

戦闘機で、弾幕よけながら敵を倒すタイプのゲームです。

画面に映った敵や弾をみんな同時にかつ瞬時に見なければならないので、これを繰り返していると明らかに動体視力が上がり、色々な物がバラバラに動いても、そこそこ追尾が出来るようになります。

これは訓練だし、当人の能力でも決まります。

 

下記に参考として論文を転載させて頂きますけど、これば事実です。

ゲーマーは動体視力はいいです。

 

ボンクラ農林水産省の農民よりは、ずっと動きは捉えられますね。

 

 ですので、劣ったアホに夜は見えないと言われても、怠けているおまえが見えないだけだろで終わりですね。

 

ということで、動体視力が良い人間は、視野が広がるので、運転での事故は明らかに少ないはずですね。

 

当然白バイ隊員なども、現実世界でテレビゲームをやっている様なもので、テレビゲームをやらなくても動体視力はいいんです。当たり前ですね。

 

ちなみに動体視力と言うのは脳の処理です。視力とは無関係です。

 

 

 

この平成の終わりである現在は、そのままレースゲームも出来るので延々やっていれば誰でも運転は上手くなりますね。

こういう技術が、自動車学校のシミュレーターに導入されているので。

 

 

youtu.be

 

 

シューティングで言えば、最後の時代はこんなのですね。

 

www.youtube.com

 

 

2Dシューティングで言えば、これクリア出来ればかなりかなと。

 

www.youtube.com

 

 

 

まぁ、「R-TYPE」なんてのは、クリア出来るのは一握り。

みんな洗礼受けて撤退しますね。

私は一周クリアで終わりましたけど。

 

 

 それで、仙台市役所が誘致したコナミスポーツ

このコナミを知っていれば誰でも知っている横スクロールシューティングの原点がこれですね。これより前にゼビウスとかもあります。私はゼビウス3DSで現在も持っています。ファミコングラディウスもクラシックミニで手元にあります。

 

www.youtube.com

 

もともと仙台の行政公務員には馬鹿しかいませんし、何がコナミなのかも分からない。

口を開く資格も無い馬鹿しか居ないと思いますよ。

 

 

 

私が中学、高校でやっていたのがこれでした。DARIUSです。

これは、3画面を使ったゲームなので、プレイすると目立ちます。

終盤になるとギャラリーが集まってきますね。

これもクリアになると人数が絞られるので、みんな観に来るわけです。

 

www.youtube.com

 

3画面なので、弾の速度が速いです。

農林水産省の頭では無理です。

 

私はこのゲームはやり込んでいたので、100円入れれば確実にクリア出来るゲームでしたね。

ちなみに、初めてやれば大部分は最初のステージでゲームオーバーです。 

このゲームはやる人が少ないんですよ。難しいし目立つので。

だからいつも空いている。そんなゲームでした。

 

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b2/DARIUS.jpg/1200px-DARIUS.jpg

 

当時、シューティングゲームでボディーソニックが搭載されて、

30hzの重低音がゲームセンターに響き渡るのはこれだけだったので、

まあ目立ったと思います。 

 まあ、割とパターンゲームではあるので、やり込むと簡単になるでしょうね。

 難易度を上げたEXTRAバージョンも初回であっさりクリアしました。

 

 

 

 まぁ、ラスボスの、この動画ではグレートシングですけど、

こいつは一番耐久力があり、攻撃力もそれなりと言うことで、

最後はこんな感じだと分かればいいのではないでしょうか?

まあ、私はクジラでは死ぬことはないですね。

youtu.be

 

ここで鳴るBGMがBOSS7で、みんなこの音楽聴くためだけにプレイしています。

この音楽で、通常の音楽のシステムコンポでのサブウーファーの再生力テストも出来ます。

それくらい本当に低い重低音が出ます。

 

 動画のプレイヤーはプレイは上手いとは思います。

 ここまでの人ってそう居ないんですね。

 プレイヤーが女の人と言うことで驚きですね。

 なかなか居ないと思います。

 

 

STG御三家単語

ヨコシューゴサンケ

 

概要

通常、「横STG御三家」または「三大横STG」と言えば次の3シリーズす。

 

 

STG御三家とは (ヨコシューゴサンケとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
https://dic.nicovideo.jp/a/%E6%A8%AAstg%E5%BE%A1%E4%B8%89%E5%AE%B6

 

 

この論文、なぜか動体視力での効果がないと言う論文なのですが、とりあえず貼ります。

この論文はですね、脳の学習と言う考察がないので意味が不明です。

 誰でも最初は良いが、脳は疲れていきますので。

慣れ、学習と言う項目を無視しています。

金メダルのアスリートが、初めて一度その競技をしただけでその実力を発揮出来ますか?

出来ませんよね。

学習を無視した論文は要りません。

目と言うセンサーのテストをしているのではなく、脳の処理能力のテストなんですが・・。

意味不明です。

 

 

 

ビデオゲームが運動時の視力を改善するメカニズム
~神経活動と循環動態の関連から~

林 直亨 池村 司 山口 裕嗣


要約

【背景】シューティング型ビデオゲームを長期間行うと視力が改善することが報告されている(Li et al.Nature Neurosci 2009).一過性のゲーム実施であっても,視力を改善するのであれば,運動前にゲームを行うことによって視力が改善され,ひいては視力と関連した競技力の向上が期待される.そこで,本研究では,一過性のビデオゲーム実施が,①視力を向上させるのか,②視力を向上させるのは脳内の処理メカニズムの改善によるものか,について検討することを目的とする.脳内の処理メカニズムの指標としては,脳神経・循環機能の関連(Neuro-Vascular Coupling; NVC)を用いた.
【方法】男性被験者 11 名に最高心拍数の 60%に相当する自転車エルゴメータ運動を 30 分間の休息をはさんで 2 回繰り返して行わせた.ゲーム試行では休息中にシューティング型ビデオゲームを 30 分間行わせ,対照試行では安静を保たせた.1 回目の運動開始前から 2 回目の運動終了後まで断続的に視力と NVCを計測した.視力としては,静止視力(片眼および両眼),動体視力,5%および 10%の対比感度,水平視野を計測した.NVCを評価するために閉眼時および視覚刺激時の後大脳動脈の血流速度を計測し,両者の比を NVC として算出した.

【結果】右眼の静止視力は安静時の 0.6±0.1 から 1 回目の運動後には 0.9±0.1 へと有意に上昇した.ゲーム試行ではゲーム終了後に 0.9±0.1 であり,初期の安静値よりも有意に高い値を示した.一方,対照試行では休息終了後に 0.7±0.1 であり,安静時に比較して有意差はなかった.10%対比感度も 1 回目の運動後には有意に上昇し,休息後にはゲーム試行のみ高い値を示した.2 回目の運動は視力に影響を与えなかった.他の視力には時間および試行の影響はなかった.NVC にも時間および試行の影響はなかった.
【結論】運動および運動後のシューティング型ゲームは一過性に視力を増加させる可能性が示唆された.
ただし,視力の増加は片眼の静止視力と一部の対比感度に限られた.観察された視力の向上は,後大脳動脈の NVC とは関連しないことが推察された.

http://www.kozuki-foundation.or.jp/ronbun/spresearch/spres09_hayashi.pdf

 

 

アクションテレビゲームで視力が改善

Nature Neuroscience

2009年3月30日

Action video games improve vision

Nature Neuroscience(電子版)の研究によると、アクションテレビゲームで遊ぶと、比較的固定されているとこれまで考えられていた視覚の一面が改善されることがわかった。これは特定のテレビゲームによる訓練法で、成人の視力が改善される可能性を同定した初めての論文である。

対比感度とは、均一の背景に対する灰色の影のごくわずかな変化に気がつく能力であり、夜間や視界の悪いときの運転のような状況では重要である。視覚のうちこの能力は、老化したり弱視(「lazy eye(怠惰な目)」ともいう)などの病気にかかったりすると最初に悪化するものの1つである。対比感度の改善には普通、眼科手術、あるいは眼鏡かコンタクトレンズにより、目の光学系を物理的に変える必要がある。

D Bavelierらはテレビゲームの達人を調べ、彼らの対比感度が、アクションテレビゲーム以外で遊ぶ人に比べてよいことを発見した。対比感度のよい人ほどアクションテレビゲームで遊びそうだからこのような結果になったのではなかった。ゲームをしない人が集中的にテレビゲームを日課とすると、対比感度検査の成績が改善されたのである。アクションテレビゲーム以外のゲームをした人には改善はなく、アクション満載のテレビゲームで遊んだときに特有であった。

重大なことに、この研究における改善は場合によっては、数カ月あるいは数年の単位で持続した。コンピューター画面の前で時間を浪費することは視力に悪いと示唆されることがたまにあるが、必ずしもそうではないようだ。

DOI:10.1038/nn.2296 | 英語の原文 

アクションテレビゲームで視力が改善 | Nature Neuroscience | Nature Research
https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に動体視力について、企業の説明を丸々転載して終わりにします。

常に私は馬鹿は口を開くなと思います。

まあ免許を持たない馬鹿が口を開く時点で終わっていると。

 

 

 

1月の安全運転のポイント

いい運転、ハートフル
平成17年1月


新年明けましておめでとうございます。今年も安全運転で無事故を達成していきましょう。
さて、新年のスタートにあたり、安全運転の実行の誓いを新たにしていただくため、安全運転に最も重要な「見る」ということを取り上げました。われわれは「見る」ことがなければ当然運転はできません。しかし、ただ「見る」のでなく「正しく見る」ことが実行されないと事故になります。実際に「正しく見なかった」ための事故が多くまた増えているのです。

「見る」ことの不完全な事故が増えている
通常、ドライバーは交通場面や景色などを視野に入れ情報を捉えながら(視覚による認知)、わき道からの他車の流入などのさまざまな事態等に備えて運転行動を行っています(判断、操作)。また、視野のなかで未知・危険の情報を察知した場合にはそれを注視して確かめようとします。運転中はこれらが繰り返し行われます。
しかしながら、この10年間のデータによると"はっきり確かめなかった(安全不確認)"によるものが約2倍、"見たが他に目を移してしまった(動静不注視)"も1.7倍強などと大幅に増加しています。(図1)また"見るという意識を失った(漫然運転)"、"見るべき対象を見なかった(わき見運転)"も増加傾向にあります。いかに、見ているが不完全であることが多いかということがわかります。
逆に事故防止のため、運転に「正しく見る」ことが極めて重要であるということです。

「見る」ことの重要性
見ることの重要性については「目に写ることと見えることは別であり、見ようと意図するから見える」「単に視野を見回しても見たことにならない、見るためには見るべきものに目を向けて、しかも注意を向けなければならない」そして「見るということは受動的なことでなく、積極的なことである」などの専門家の指摘に尽くされていると思われます。
そこで、つぎにこれらの重要性を認識したうえで、正しく見るために行わなければならないことおよび留意点について考えてみましょう。
見るというのは、「必要な情報をとる」ことですから、対象を視野に入れることになりますが、ここには幾つかの問題があります。
「正しく見る」ためには
■動体視力を使っている
視力とはものを見分ける能力ですが、運転では殆ど動体視力で見ることになります。動体視力は、通常静止視力より低く、また動きが早ければ早いほど低下するものですから、基本的に見えている事象が確実に見えているわけではないことに留意しましょう。従って確実に見分けるためには運転中の速度のコントロールが極めて大事になります。
なお、視力は加齢によって低下しますが、動体視力は、静止視力よりもその低下の度合いが大きいので、高齢者はとくにこのことを意識しておく必要があります。(図2)
■こまめに動かし広い範囲を見る
視野とは目を動かさずに見える範囲をいいます。両眼での視野は約200度で、そのうち色彩まで確認できるのはそれぞれ左右35度までと限られています(図3)。特に、動いている状態で、注視点の周辺の情報を発見できる範囲の有効視野はさらに狭いものです。広い範囲が見えているような気がしていても、実は本当に見えている範囲はそれほど広くはないのです。
従って、交通の場面の状況を正しく把握するためには、こまめに眼を動かして、(ミラーも活用しながら)前後左右の広い範囲を視野に入れていかなければなりません。
■中心視で確認する
視野に入る様々な情報の中で、これは、というものについてより詳しい情報を取ろうとすることが運転では必要です。
それには、目を向けて中心視(図4)で見ようとしないと確認はできません。周辺視ではぼんやりとしか見えていないのです。さらにはっきり確認するためには時間をかけて見ることも留意すべきです。したがって停止すべきところや確認が必要な場面では「止まって(目を向けて)見ること」がもっとも確実な方法であるということができます。
■ひとつのものを見すぎない
人は見るべき対象を2つ以上を同時に注視できません。同時に見ているように思えても、実際には短い時間で視線を移動させているためにそのように感じられるだけで、各瞬間には一つの対象しか見えていないのです。たとえば携帯電話のディスプレイをみているときは前方の信号は見えてるようで見えていないのです。したがって、1点だけの注視は危険の見落としや発見の遅れにつながりますので、ひとつのものを注視しても、留めることなく、目を回していく(注視先を移していく)必要があります。


正しく見るために心身の健康な状態での運転が大前提です。疲労は、目にもっとも影響します。とくに動体視力を低下させます。また、悩み事や考え事は見る意識を阻害し、交通の場面から情報をとることに集中できず、まさに「心ここにあらざれば見れども見えず」という事態になりかねません。日頃の健康に対する自己管理が最も大切なのはいうまでもありません。

 

http://daikai.net/drive/d/anzen0501_2.gif

http://daikai.net/drive/d/anzen0501_3.gif

http://daikai.net/drive/d/anzen0501_4.gif

 

安全運転のポイント
http://daikai.net/drive/0501.html

 

 

 

『動体視力の定義』

動的に変化する状況を、速く正確に見分けて判断する能力。 
視野・眼球運動・認知・判断・反射神経などの能力を駆使して発揮する視機能の一つ。




動体視力トレーニングソフトV3 

センスと視覚の関係
よく、「センスが良い」「センスが悪い」という言葉が使われます。では、センスとはいったい何なのでしょうか?
センスとは日本語で言えば感覚のこと。つまり、五感のことです。そのうち、日常生活で最も使われる感覚は視覚です。私たち人間は、情報収集の約80%を視覚に依存していると言われています。
つまり、センスの要素として、視覚は非常に重要な役割を担っているはずなのです。

脳の2種類の処理能力
脳の情報処理能力は大きく分けて言語性と非言語性(動作性)との2種類があります。例えば、記憶処理だと、前者は単語や公式などのように言語として記憶する能力で、後者は空間的な位置関係や風景などを言語にせずに感覚的に記憶する能力です。現在の学校教育では前者の処理能力に偏った学習法が指導されていますが、実は後者の処理能力も人間の日常生活や仕事、スポーツには大変重要な役割を担っており、この両方のバランスがとても重要なのです。

視覚情報の同時並行処理
目から入った視覚情報は脳で処理されます。つまり、脳の情報処理能力が高くなければ、とっさの判断や反応は速くなりません。ずばり、天才といわれる人の多くは、視覚情報の処理能力が高く、複数の視覚情報を同時並行的に処理できるのです。
例えば、野球やサッカー、テニス、バスケットボールなどで優れたスポーツ選手は、ボールを目で追いながらも、同時に周囲の状況を正確にとらえて的確に状況判断できます。スポーツに限らず車の運転や仕事でも、優れた人たちは、複数の状況を同時に見て判断し行動することができます。

武者視行の役割
動体視力トレーニングソフト「武者視行」は、視覚の中でも特に動体視力に着目しています。 動体視力とは、一般的な視力が良いから動体視力も良いというものではありません。逆に視力が悪くても動体視力が良いという場合も少なくありません。つまり、静止しているものをじっくり見る能力と動的な状況を素早く見分ける能力とは、はっきりと区別されるべきものなのです。

私たちが生きていくうえで、自分自身が動き続ける限り、周りの風景全ては動画(動体)として目に映ります。日常生活においても、静止した状況をじっくり見るという状況はむしろ少ないわけで、特に車やバイクの運転中や歩行中、とっさの状況に反応するためには、まさに動体視力が必要です。 

さて、よく仕事やスポーツの現場では、指導者が部下や選手に向かって「どこを見ているんだ、しっかり見ろ!」などと叱っています。しかし、聞いた方はその言葉だけでは、どうしたら良いのかわかりません。実は、「見る」にはそれなりの技術が必要なのです。特に目まぐるしく変化する動的な状況を見て判断するためには、見るべきポイントへの意識の集中させ方、眼球の動かし方、視野のコントロールなどをはじめ、記憶や予測など様々なものが必要です。

動体視力トレーニングソフト武者視行はこのような「見る」技術を鍛えるために開発されたPCソフトです。武者視行の動体視力ソフトでは、眼球運動や周辺視を鍛えるなど、見て認知・判断するための基礎技術をトレーニングし、脳速視力ソフトでは、目に映る状況を言語に置き換えず、そのまま情報処理する「非言語性処理能力」を活用して、複数の視覚情報を同時並処理して判断する能力をトレーニングできる仕組みになっています。

 

動体視力とは 動体視力トレーニン武者視行
http://afin-sports.com/kinetic/