マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

2018年10月30日の太陽活動

 本日の太陽活動です。

本日の29日付の黒点は0個でした。

私の予測通りでした。

明日30日付の黒点も0個と思われます。

31日付の明日の黒点も同様に0個と思われます。 

 

太陽風は、低速の320km/s前後での推移でした。

予測通りでした。

明日も同程度だと思われます。

 

 

最近10日間の観測値 
データ日: 20181029 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT) 黒点 F10.7
2018年10月20日 0 70
2018年10月21日 0 71
2018年10月22日 0 71
2018年10月23日 0 72
2018年10月24日 0 70
2018年10月25日 0 69
2018年10月26日 0 69
2018年10月27日 0 69
2018年10月28日 0 68
2018年10月29日 0 69

 

黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)
http://swc-legacy.nict.go.jp/sunspot/index.php

 

 

日報2018年10月30日

【今日の宇宙天気情報(2018年10月30日 15時00分JST)】

この情報は、国立研究開発法人情報通信研究機構が配信しています。
担当:酒井
------------------------------------------------

【概況・予報】

太陽活動は静穏でした。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。
地磁気活動は静穏でした。
引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。
------------------------------------------------

【太陽活動】


太陽活動は静穏でした。
太陽面で目立った活動は発生しませんでした。

STEREO探査機の極端紫外線画像(EUVI)によると、本日から明日にかけて太陽面の東端から新たに回り込む活動的な領域はありません。

30日6時UT現在、太陽面上に目立った活動領域はありません。
引き続き今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。

■過去3日間に大きなフレアの発生はありませんでした。

 

地磁気活動】


地磁気活動は静穏でした。
太陽風速度は低速な320km/s前後で推移しました。
この間、磁場強度は弱い4nT前後で推移しました。

SOHO探査機の太陽コロナ画像(LASCO)とSTEREO探査機の太陽コロナ画像(COR)によると、今後の地磁気に大きな影響を与えるCME(コロナ質量放出)は新たに観測されていません。

SDO衛星の極端紫外線画像(AIA211)によると、太陽面低緯度の西35度付近にコロナホールが位置しています。
このコロナホールは小規模のため、今後の地磁気への大きな影響はない見込みです。

引き続き今後数日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。

 

レポート | 過去の日報・週報・臨時情報・トピックス一覧 | 宇宙天気予報センター
http://swc.nict.go.jp/report/view.html?ym=201810&ids=d2018303&type=daily+weekly+bulletin+topics#js-report-viewer

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com