マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【独占キリスト資格 保健師】看護師資格は採血を失敗しないようになれば一人前【作業をしない口だけ(笑)】

 前の病院で、採血の時にこんな事件がありました。

まずは若い女性看護師に採血を受けたのですが、2回失敗されました。

そしてちゃんと謝罪されたので、まぁ仕方がないかなと・・。

 

次におばちゃん看護師に替わって、ため口。

そして1回目は失敗して謝罪がなかったので、その時点でこちらが中止を求めたのですが、

なにやら「先生に聞いて」と言いながらそのまま続行するんですよね。

そして2回目で採血は完了したわけです。

この件で父親が騒いでてすね、こちらはカチンと来たので、文書作成してですね、

刑法211条業務上過失致死傷と民法709条を書いて、病院に提出しました。

そしたら、後ほど主治医が謝罪したと言うことで、最後まで看護師は逃げたと言うかですね。

 

まあ、法律を知らないで調子乗ると、こういう展開にはなりますね。

患者を診る自分たちが上と言う驕りですね。

対等だと理解していない。

 

 精神病院と言う場所は、まぁ患者全体からすれば、確実に健常者よりは劣っているので舐められるのは仕方がないとは思います。

しかしながら、精神病院での精神保健福祉法による入院は、主治医が第三者にも説明出来る根拠があり、それで初めて精神保健指定医の権限で入院させることが出来るので、退院すればあとは対等なんですね。

 

 私は、閉鎖病棟ではいたって看護師は普通で何も問題無い人ばかりだったので、嫌な思い出は無いです。みんな普通の対応でしたね。

外来の看護師のみに怒ったと言う展開は不思議ですね。

まあ閉鎖は私くらいから下の看護師しか居ないので、年齢もあるとは思いますが。

 

免許センターの警察職員でも丁寧語で話すのに、ちょっとこのおばちゃん看護師はと思いましたね。今では。

 場所柄、そうなるのでしょうね。

 

 ということで、保健師です。本題です。

 

 

 まずは、保健師データについて。

 

 

保健師(ほけんし、Public Health Nurse)は、所定の専門教育を受け、地区活動や健康教育・保健指導などを通じて疾病の予防や健康増進など公衆衛生活動を行う地域看護の専門家のことである。

 

概要[編集]

日本では保健師保健師助産師看護師法(以下、保助看法と記す)において、「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」と定めており、大学保健師養成校にて所定の教育を受けた後、保健師国家試験に合格して得られる国家資格免許)である。

保健師名称独占の資格であるため(保助看法2条及び第42条の3)、資格を持たないものが保健師であることを名乗ったり、紛らわしい名称を用いることはできない。しかし、業務独占資格ではないため、医師歯科医師養護教諭管理栄養士栄養士などが適切な保健指導を行う場合は法的な問題はない。

保健師は、主に都道府県・市町村などの保健所保健センター等で保健行政に従事する行政保健師と企業の産業保健スタッフとして勤務する産業保健師、学校等で学生と教職員の心身の健康保持に努める学校保健師養護教諭)の3つに大別される。最近では、JICANGOなどに属し、発展途上国などで母子保健活動や感染症対策、衛生教育など国際地域看護活動を行う保健師なども存在し、活躍の場は広まっている。

学問的基盤としては、地域看護学(公衆衛生看護学[1])が中心となる。

 

沿革[編集]

保健師活動は1887年京都看病婦学校同志社)がキリスト教精神にのっとった慈善事業として実施した巡回看護がもとになっている。巡回看護は社会事業的活動として、病院に行くことができない貧しい病人に対して看護活動を行ったものである。その後1920年代から東京市聖路加国際病院済生会などが精力的に活動していた。巡回看護の内容は、貧困者への看護、災害被災者への手当てと保健指導(伝染病予防)、妊婦の妊娠出産に対する援助や育児相談などであり、現在保健師が行っている公衆衛生看護活動の基礎となっている。

その後1937年に保健所法が制定され、乳幼児、妊産婦、結核患者、感染症患者、精神科疾患患者などの訪問指導が本格化した。

第二次世界大戦敗戦後の保健所保健師活動は伝染病、結核対策、母子保健業務が中心となる。このころ保助看法が制定され、在宅看護における看護師が消えた時期が存在した(訪問看護参照)。

また1993年の法律改正により、1994年3月の国家試験で男性保健士が誕生した。その後2002年からは男女を問わず保健師と名称が統一された。

 

基礎資格の厳格化[編集]

かつては保助看法第19条において、保健師国家試験の受験資格として「看護師国家試験の合格者」があげられていた。しかし、大学や統合カリキュラム校においては、保健師と看護師の養成課程を並行して行っており、卒業にともない、慣習的に保健師国家試験受験資格、看護師国家試験受験資格が与えられていた。そのため、看護師免許を所有していなくとも保健師国家試験を受験することができ、看護師の国家資格を持たずに保健師の免許のみを取得する者がいた。平成18年6月に保助看法が改正され、平成19年4月以降からは新たに保健師になるためには、保健師国家試験の合格だけでなく、看護師国家試験にも合格しなければならず、保健師国家試験に合格しても、看護師国家試験が不合格の場合は免許が取得できなくなった。なお、保助看法第31条第2項は改正されていないため、保健師免許のみで看護師業務を行うことは可能である。

 

保健師 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%81%A5%E5%B8%AB

 

 

 ということで、保健師はそもそもキリスト教から出来ました。だからこちらは毛嫌いしています。

1993年の法改正より翌年から男性保健士が出来たわけですね。1993年は浅野史郎が初知事なので、バレバレです。

 そして2002年に保健師で統一ですね。私が美人局で潰された三位一体の改革です。

山田奈緒子です。

 

2006年6月に保助看法が改正されて2007年4月以降からは保健士の資格を取るには同時に看護師の資格も必須になったわけです。

 

 元々、この保健師で私を閉鎖にぶち込むストーリーであったのは、現時点から振り返ればみんな判明しています。

 

ということで、2007年4月以前の保健師には、看護師資格が無い似非。本当の口だけの知ったか保健師が存在するわけです。

 

 

 でですね、これが保健師の仕事ぶりです。

 

 

保健指導は「効果あり」 特定保健指導で3割がメタボから脱出 厚労省調査

 
 厚生労働省は、特定健診メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や肥満と判定された人を追跡調査したところ、積極的に保健指導を受けた人は1年後、体重や血圧、血糖などの値が改善し、男性の3割、女性の3~4割がメタボリックシンドロームではなくなるなど、一定の効果が認められたとする結果をまとめた。
3ヵ月の「積極的支援」で腹囲は男性2センチ、女性3センチ細くなる

 特定健診(メタボ健診)は2008年、生活習慣病予防のため、40~74歳を対象に始まった。男性で腹囲85cm以上、女性で90cm以上の人のうち、血糖、脂質、血圧の2つ以上で基準値を超えるとメタボ該当者で「積極的支援」が必要とされ、1つだけだとメタボ予備群とされ「動機付け支援」が必要と判定される。

 積極的支援の対象者は、問診や面接を受け、食事や運動習慣などを見直すことになる。企業の健保組合や市区町村の国民健康保険などの医療保険者は、判定された人たちへの保健指導が義務づけられている。

 2011年には約2,347万人がメタボ健診を受診し、約427万人が保健指導の対象となった。厚生労働省の作業グループは、2008度から3年間に、保健指導の対象となった人のうち600万人以上のデータを調べた。

 その結果、保健師などから電話や面接などのきめ細かい「積極的支援」を3ヵ月以上受けた人たちは、受けなかった人たちに比べ、男女いずれもすべての項目で値が改善した。

 積極的支援を受けた人たちは1年後、腹囲は男性で2.2cm、女性で3.1cm、それぞれ細くなっていた。体重は1.9kg、2.2kg、BMI(体格指数)は男性で0.6、女性で0.9、それぞれ減った。また、血糖、血圧、中性脂肪などの値も大幅に改善した。

 メタボリックシンドローム改善状況について、積極的支援を受けた人では、男性で約2~3割、女性で約3~4割の人がメタボ該当者又は予備軍から脱却していた。動機付け支援を受けた人においても、メタボリックシンドロームから脱出した割合が、男性で約2~3割、女性で約1~2割と増加するなど、動機付け支援の効果が示された。

 また、特定健診の改善効果は2008~09年度以降は、年度を経るにつれ弱くなる傾向がみられた。厚労省は「意欲の高い参加者が早い時期に参加するため、年度を経るとともに生活習慣修正の困難な参加者が増加している可能性がある。保健指導担当者の指導技術の研鑽は、継続して実施する必要がある」と述べている。

 特定健診の2011年度の健診の受診率は44.7%で、17年度までの目標70%に比べ低迷している。厚労省は「一定の効果が見られたので、受診率向上をめざしたい。今後、健診と保健指導がどのくらい医療費の抑制につながるかも分析する」としている。

第12回保険者による健診・保健指導等に関する検討会(厚生労働省 2014年4月18日)

 
[Tera

 

 

保健指導は「効果あり」 特定保健指導で3割がメタボから脱出 厚労省調査 | ニュース | 保健指導リソースガイド
http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2014/003533.php

 

 

一応タイトルには3割がメタボ改善と言うことになっています。

全体の大まかな数字は記事に記載されておりますが、分布は知りません。

そしてそれぞれの計測値で、血液成分は素人が語ってはならない領域なので、単純に体重で見るとですね。

平均で、年間男女ともにたった2kgしか減っていない。

これはですね、ピンと来ないかも知れませんが、実は人間の成人の体は1日で1kgの増減があります。飲んだり食べたり、排出もしますからね。

一日で1kgの増減があるのに、365日で2kgしか変化が無い。

これはおかしいんですよ。

 

私は、退職時に抗精神病薬の副作用で体重が70kgになっていたので、自分で減量して3か月で16kg落としました

元々そういう体質なのであっさり落とせます。燃えやすい、新陳代謝が良い体質なので。

大方メタボは50歳以上の肉体が老化して肥満になりやすい年代なので、なかなか成果が出ないのは理解出来ますが、積極的支援を受けてこのザマであれば、保健師なんて全て首にして、別な方法を考えるべきじゃないかと思いましたね。

 

これがキリスト教の仕事なのかと思いました。

やはりラマダンのイスラム教には遙かに劣る体たらくぶりだなと。

そもそも肥満が多いのはキリスト教ですからね。だらけ宗教なので。

 

ラマダーン
Ramaḍān


アラビア語で「暑い月」の意で,イスラム暦第9月をいう。イスラムではこの月の 27日にコーランが人々にくだされたとされる神聖な月で,教徒には日の出から日没までの断食の義務が課せられている。ただし旅行者,病人,妊婦などはこの義務を免除されるが,別の数日間に行うべきものとされる。この断食の習慣は元来ユダヤ教の断食日 (1月 10日) の規定にまねてつくられたものであるが,バドルの戦勝 (624) を記念するためにこの月に移された。現在ではラマダーンという言葉で断食を意味することがある。

 

 ラマダーンとは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%B3-147732

 

 

ちなみに、調査統計は2008年から2011年なので、8と11で8月11日です。

2008年は私の退職年で、2011年は東日本大震災ですね。

 

 

 まぁ、あれじゃないですか?

 

バレンタイン、クリスマス、ハロウィン等々。

 

 チョコとかケーキとか、お菓子食べて、性(聖)なる夜でSEXだけしていればその通りかと・・。

日本版ですけど。

 

 

 

 ということで、実は保健師は、震災で人を殺した悪魔資格ですね。

 まぁ、まともに生きていれば会うことはない資格ですから、無視でいいです。

保健師を見たら詐欺師と思いましょう。

 

 

最後に、2002年の時に美人局で潰されたときに、宮城県嘱託医とセットで居たのが、宮城県職員の当時主査だったそれなりの美人女性保健師ですね。

当時で私より年上だったので、もう見る影もないと思います。

ちなみに、メモだけ取っていたのでその通り何の役にも立ちません。

アドバイスもありません。いつものことです。

それが保健師なので。