マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【年間89億円赤字】仙台市営地下鉄東西線は東北大学とパンダの為に整備したもの【利権スペイン鉄道】

 地下鉄について書きます。

南北線は1972年に答申された鉄道であり、現在は黒字化しており残債もわずかで解消します。これは整備して正解だったものです。

当時は東西線の話もあった様です。

まぁ、南北に延びた鉄道に対して90度で東西に線を引くのはクルスであり十字架ですね。

だからこれは私とは無関係であると・・。

 

これにより市バスの路線が改変されて、全て東西線に運ぶ経路になったわけですね。

市民からは不便になったとの愚痴しか出ていない現状です。

市民を不幸にして自分たちの研究施設がほしかったのが東北大学です。

 

 

 

これが、まさに東北大学が自分たちがほしいILCと放射光の誘致アピールのために、

仙台市奥山恵美子と組んで事前整備した東西線です。

 

宮城のニュース

<次世代放射光施設>仙台の候補地、交通利便性など確認 文科省小委が現地調査

次世代型放射光施設の整備候補地で行われた現地調査

 次世代型放射光施設の提案内容を審査する文部科学省科学技術・学術審議会の小委員会メンバーは15日、整備運営パートナーに応募した産学連携組織「光科学イノベーションセンター」(仙台市)が示した東北大青葉山新キャンパス(同市青葉区)内の整備候補地を現地調査した。
 小委員会主査の雨宮慶幸東大大学院教授ら委員10人が出席。約6ヘクタールの候補地でセンターの担当者が地質や地形、市中心部から地下鉄で約10分の交通アクセスの良さなどを説明した。
 視察後、委員はセンターと東北大、東北経済連合会の関係者に加え、村井嘉浩宮城県知事、郡和子仙台市長から整備に向けた具体的な取り組みなどについて意見を聞いた。
 センターの高田昌樹理事長は「交通アクセス面の高い利便性や東北大の先端研究施設群との近接性、放射光施設の実現による効果などを理解してもらえた。今後の審査対応に最善を尽くしたい」とコメントした。


関連ページ:宮城社会

2018年05月16日水曜日

 

 

<次世代放射光施設>仙台の候補地、交通利便性など確認 文科省小委が現地調査 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201805/20180516_13026.html

 

 

 

  そして、奥山恵美子仙台市職員として居座り、市長が代替わりしながら整備したのが東西線です。 

 

携わった仙台市長がこの3人ですね。

藤井 黎
梅原 克彦
奥山 恵美子

 

ケヤキの精と語り、マスコミからそう話していたと距離を置かれたのが梅原市長です。

神の国発言にもその姓が出てきます。

 

これは2000年の産物であり、この年に私は人生を潰された。

だからこんな鉄道は全く相手にしないし、知りません。

だから昨日に仙台市交通局に電話を入れて、利用しないと明言しました。

 

 

 

 

 東西線の内容です。

 

 

概要

スペイン鉄道 仙台市営地下鉄東西線

スペイン現行憲法公布日(2015年)12月6日に開業

総工費 7903億円。

当初想定における乗車率 40%

黒字化 No

市債管理基金借入額  煩悩退散 仙台市民108万人に合わせて108億円

 

東北大学待遇駅

スペイン鉄道東西線 青葉山駅
https://goo.gl/maps/Ck39fKiPjD12

 

 

仙台市営地下鉄南北線東西線の比較


総工費

南北線 2400億円
東西線 7903億円

1車輌の乗車定格定員

南北線  144名 (座席) 58名
東西線   92名 (座席) 28名


仙台市交通局 車両紹介
https://www.kotsu.city.sendai.jp/subway/sharyo.html

 

 

 

仙台市営地下鉄南北線東西線の乗り継ぎの利便性比較

 

南北線  泉中央においては宮城交通との連携でバックには昇格した
       ベッドタウン富谷市も存在し黒字化を達成。運営は良好。

東西線  仙台駅→八木山動物公園は市バスと比較して同額300円の運賃、
       短縮時間はたった16分。
       周辺の市バス路線の再編で便数が大幅に減り、高齢者が仙台市に行けなくなる。

       うみの杜水族館との連携
       JR仙台駅→中野栄駅 200円 徒歩15分 高齢者も安心
       東西線仙台駅→荒井 300円 宮城交通 420円 計720円 宮交の便数は2時間おき、午後3時で最終便←東北大学の無能の集大成

 

 

 

 

そして、最悪な結果になったわけですね。

私は、八木山に地下鉄が整備されると大昔にはちらっと聞いたのですが、あんなところに地下鉄をどうやって持って行くんだよ(笑)と驚きと笑いでしたが、本当に持って行ったようで、規格も小さくなり、そして工事費もものすごいことになって、更には利用者も計画通りにならない、全てが大失敗の東西線が出来上がったんですね。

現行では、仙台市オンブズマン一般財源の投入の指し止め訴訟を起こされていますが、当然ではないですか?

 

 

 私は下記の記事のとおり、ヤマハに乗ってますが、東西線ヤマハの原付を潰されたわけで、そして私の免許を失効させて取り上げて、精神障害者に仕立て上げ足を奪い、東西線と言う悪魔の産物に乗車させられようとしたわけですよ。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

私が医療福祉に取り囲まれて、泉区保健福祉センターからはへらへらと一人だけケア会議に遅刻して到着し、八木山動物公園の紹介のみしたのが仙台市の職員です。

あの人らは犯罪者だからね。

 

私は、退職後に投機に流れてそして一人で海を眺めていた。そしたら自民党に投機の妨害をされて、そして海ではなく閉鎖病棟にぶち込まれて、見せ物小屋である檻の動物園に行かされそうになり、そこに秋篠宮が園長対応になり、パンダの話が来た

 

これは皇室と政治の話であり、民に下った私は無関係でしかなく、全て刑法193条で処理、民事訴訟で始末。

それだけの世界ですね。

頭がおかしいシロアリには用は無いんですよ。

 

 

 

下記に、整備後の顛末の記事を転載しましたが、この整備は私とは全く関係無い。こんなものに誘導されては人間としてお仕舞いだ。私は他人の失敗の尻ぬぐいのために存在はしていませんからね。

仙台市内のキリスト教に率先的に乗ってもらえばいい。

私には関係無いよね。

 

 

 

 

宮城のニュース

<週刊せんだい>シニア世代の移動手段(2)バス路線不便さ際立つ 地下鉄東西線の影響

屋内待合室設置を望む声も上がる東西線薬師堂駅のバス乗り場。右端が地下鉄口=仙台市若林区 乗り継ぎ時間を生かせる商業施設が少ない東西線八木山動物公園駅付近=仙台市太白区 乗り継ぎ時間の設定などに課題が残る「バスのりつぎ時刻表」

◎中心部直行できず 乗り継ぎもネック

 2015年12月、仙台市地下鉄東西線の開業に伴い、沿線の市バス路線が大規模に再編された。利用促進をもくろみ、バス乗客を地下鉄に一律誘導する方策は高齢者の外出をかえって遠ざける結果を招いている。

<30分待ち時間発生>
  「2年がたち、街中に繰り出す機会がすっかり減ってしまった」。若林区沖野の無職菊地享子さん(83)がため息をつく。
 近くのバス停から市バスで真っすぐ中心部に出掛け、同世代の友人と音楽や食事を楽しんできた。だが、慣れ親しんだ路線が薬師堂駅行きになり、地下鉄への乗り継ぎを強いられるようになった。

 帰り道、薬師堂駅のバス乗り場で30分前後の待ち時間が生じることがある。寒空の下、風邪などひいたらたまらない。思わずタクシーに乗り込む。「年金暮らしでの出費は手痛いし、家にこもりがちになれば今度は健康を損ねてしまう」

 丘陵地にある太白区緑ケ丘3丁目から中心部まで直行していた「緑ケ丘線」は大半がルート途中の八木山動物公園駅行きになった。3キロほどの区間を走るバスは空席が目立つ。緑ケ丘の主婦三品悦子さん(72)は「路線が寸断され、買い物や通院に使いづらくなった。八木山動物公園駅周辺は店が少なく、乗り継ぎ時間の活用も難しい」と指摘する。

 市バス事業は昨年度、全46路線の営業係数=?=が100を超え、赤字となった。市交通局は来年春から段階的に減便する方針を示す。

<遠回り変則ルート>
  若林区若林の無職加藤武彦さん(80)が利用するバス停は、薬師堂駅行きがほとんどになった。中心部に向かう路線は平日だけ1日5便残るものの、方角の異なる薬師堂駅まで遠回りし、若林区役所前を2度通る変則ルート=図=。以前より20分ほど余計にかかってしまう。
 加藤さんは中心部に直行するルートの復活を要望する。「利便性を検証しないまま、減便ありきで進められては困る。地下鉄を優先するあまり、乗り継ぎが大変な高齢者の暮らしを軽視してはいないだろうか」
 市交通局も策を講じてはいる。地下鉄からバスへの接続便を案内する「バスのりつぎ時刻表」(八木山動物公園、薬師堂、荒井の3駅)を作って4月から3駅に配置した。時刻表は乗り継ぎに要する時間に5分を見込む。だが、地下鉄やエスカレーターの混み具合、エレベーターのタイミングに左右されるため、足腰が弱る高齢者にはもっと余裕が必要で、厳しい設定になっている。
 「高齢者が気軽に外出できる環境を整えてこそ、公共交通の役目と言えるはず」。3人の切実な思いだ。

[営業係数] 100円の収入を得るのに要する費用を示す指数。主に鉄道やバス路線の経営効率を表す。100を下回れば黒字、上回れば赤字。仙台市若林区などを運行する市バス「大和町線」は2014年度は89と、同年度で唯一の黒字路線だったが、市地下鉄東西線開業に伴う路線再編後の16年度は338に悪化した。


関連ページ:宮城社会

2017年12月14日木曜日

<週間せんだい>シニア世代の移動手段(2)バス路線不便さ際立つ 地下鉄東西線の影響 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171214_13047.html

 

 

宮城のニュース

<仙台東西線2年>仙台市バス赤字 改革遅れ収支悪化、青森や八戸と格差

 仙台市地下鉄東西線開業に伴う路線再編で、市バスは2016年度、全46路線が赤字に陥り、危機に直面する。東北で独立採算の公営交通機関を有する青森、八戸、仙台3市の公営バス事業は過去5年間で利用者が12.5%減り、乗車料収入は計12億2000万円減少した。先行して路線や便数を削減した青森、八戸両市は経営が改善しており、改革の進度が経営を左右している。
 3事業者の12~16年度決算によると、利用者は12年度の計5950万人から、16年度は計5205万人に減った。乗車料収入も11.6%減少した。
 100円の収入を得るために要する費用「営業係数」の推移は表の通り。仙台は市地下鉄東西線の開業で164に悪化した。青森は101と比較的良好。八戸は124で収支の均衡は大きくは崩れていない。
 仙台は地下鉄とバスが客を奪い合う。市一般会計からバス事業への補助は30億4800万円(16年度)。政令市では名古屋市(34億4200万円)に次いで高い。12年度より20.7%増えるなど、さらなる市民負担が生じる懸念がある。
 経営健全性を示す資金不足比率は、仙台が2年前の0.4%から5.9%に悪化。健全化計画策定が義務付けられる「経営健全化団体」の基準「20%以上」が視野に入る。一方、八戸は16年度にゼロ、青森は17年度に解消する見込み。
 青森、八戸は近年、経営危機に陥り、資金不足比率が一時、青森が66.9%(08年度)、八戸は88.1%(02年度)に達した。青森は市が民間事業者に委託する「市民バス」を12年度にスタート。八戸は民間バス会社に路線移譲してスリム化するなど、早期の経営改善で復活した。


関連ページ:宮城経済

2017年12月05日火曜日

 

 

<週刊せんだい>シニア世代の移動手段(2)バス路線不便さ際立つ 地下鉄東西線の影響 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171214_13047.html

 

宮城のニュース

仙台市バス>赤字の現状知って 車内などに「営業係数」掲示

 仙台市交通局は20日、全46路線が赤字となっている市バスの経営状況を周知するため、8月中旬からバス車内や一部停留所に、路線・系統別の「営業係数」を掲示する方針を明らかにした。不採算の現状をつまびらかにして、沿線住民の利用促進につなげる狙いだが「不安をあおるだけ」と異論もある。
 営業係数は、100円の収入を得るために掛かる経費。100を超えると赤字を意味し、数値が大きいほど採算性は良くない。
 掲示するのは2016年度の実績値で、路線別は表の通り。循環観光バス「るーぷる仙台」を除く全472台のバス車内に、一覧表を貼り出す。
 全路線の平均(164)を大きく上回り、400を超えた八ツ森線(八ツ森作並駅)など10路線は停留所156カ所に、より詳しい営業係数を掲示する。
 市交通局輸送課の担当者は「身近な路線、系統の収支状況を知ってもらうことで、バス事業は市民の利用で成り立つということを感じてほしい」と説明した。
 20日の市議会都市整備建設委員会では「不採算を知った住民はどう思うか。利用促進につながるかは疑問だ」と懸念する声も上がった。


関連ページ:宮城社会

2018年07月21日土曜日

 

 

仙台市バス>赤字の現状知って 車内などに「営業係数」掲示へ | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180721_13023.html

 

 

  

 

最後に、私はこんな連中は全く相手にしておりません。

人生上関与したことは一度も無い。

顔も知らない。

 

 

東北推進協など、8日に政府へILC誘致要望 

科学&新技術
2018/6/7 22:29
 
 
 
 

宇宙研究に使う次世代加速器国際リニアコライダー(ILC)」の誘致実現に向け、東北ILC推進協議会などは8日、政府が前向きな姿勢を早く示すように求める。北海道東北地方知事会、東北市長会と共同で行うもので3者での要望活動は初めて。

協議会代表の大野英男東北大学学長と高橋宏明東北経済連合会名誉会長、理事の達増拓也岩手県知事と村井嘉浩宮城県知事らが上京。二階俊博自由民主党幹事長、菅義偉官房長官らに要望書を手渡す予定だ。

要望書は同協議会が5月10日に開いた総会での決議内容になる。決議ではまずILCが日本の科学技術の高度化、ものづくりの競争力強化などに貢献することを強調。海外からの資金分担と研究参加に関する国際協調の速やかな進展や、成長戦略や地方創生の観点から内閣官房を中心に省庁横断での評価検討などを求めている。

ILCは宇宙誕生の謎に迫る大規模プロジェクトで、世界に1つだけ建設する。国内の建設候補地として北上山地(岩手、宮城県)が決まっている。欧州は2019年1月に素粒子物理学5カ年戦略の協議を始める予定で、同協議会は同戦略にILC計画を盛り込むためには18年中の態度表明が必須としている。

東北推進協など、8日に政府へILC誘致要望  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31513040X00C18A6L01000/

 

 

関係する記事

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com