マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【キリスト教】10月24日 東北学院大学 郡和子 キリスト教で進む「憲法違反」の仙台市役所【復興五輪】

 10月24日の記事です。

この回で126回目です。

13×2で26です。フナブ・クーです。

6つのニュースについて転載紹介します。

 

仙台市役所は最初からキリスト教です。

だから泉区には、東北学院大学榴ヶ岡高校、そして仙台白百合女子大学があるわけですね。

こちらは全て排除済みであり、更々相手にしていません。

 

元々、私はこの泉区なんて好きで来たわけではなく、住んだわけではない

親が政治家や公僕に操られてきただけの話であり、私の人生上著しく迷惑であった土地と言うことですね。

こんな土地、踏み入れる必要すらなかったです。

 

下記は、だて正夢技能五輪と全国障害者技能競技大会虐め防止条例石巻市東松島市アプリ開発

 

これは全てキリスト教なんですよ。そして10月24日同日に街宣カーで挑発してくる。これが郡和子そのものですね。

 

一番下は、美里町で性犯罪者を逮捕です。

ここが三塚博であり、これが煩悩108万都市の仙台市役所と言うことです。

メキシコ8月1日(801)に航空機が墜落してもその通りですね。

関係妄想に、キチガイ思想に矯正は不可能なんですよ。

それで生きているキチガイなので。

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

問題なのは、そういう妄想を他所でやってくれる分には構いません。

完全に私とは無関係であるのに、私が引きずり込まれるからキチガイと連呼しているだけですね。

 

やはりその通りキチガイではないですか?

 

 

ですので、私が宗教妄想組織に対しては郵便局から内容証明郵便を送るのは当然であり、私はまともだからキチガイの相手は更々しないと言うことです。

 

これくらいのキチガイ相手だと、裁判の序章になるのは当然ですね。

自分たちがキチガイ組織なのが分かってないのでは?

脳の障害はやばいですね。

 

 

 

 

宮城のニュース

<だて正夢>天下にとどろけ 宮城県内などで本格販売

宮城待望の新銘柄米「だて正夢」を求め売り場を訪れた買い物客=24日午前11時25分ごろ、仙台市青葉区の仙台三越

 宮城県が開発した高価格帯ブランド米の新品種「だて正夢」の本格販売が24日、県内と首都圏の百貨店、スーパーなどで始まった。
 仙台市青葉区の仙台三越は、地下1階の食品売り場に特設コーナーを開設。午前10時の開店と同時に、新銘柄の本格デビューを待ちわびた人たちが次々と買い求めた。
 青葉区の主婦須賀川久美子さん(78)は「普段食べているひとめぼれに比べ、もちもちとした食感でおいしい。甘みや香りも強く、早速炊いてみようと思う」と話した。
 2018年産だて正夢は2キロ入りと5キロ入りを販売。店頭価格はそれぞれ税抜きで1200円前後、2800円前後となる見通し。50グラム入りのパックご飯も市販されている。
 県は、だて正夢を県産米ブランド化のけん引役に位置付ける。プレデビューの17年産と比べ約6倍の約301ヘクタールで作付け、約1500トンの販売を見込む。


関連ページ:宮城経済

2018年10月25日木曜日

 

<だて正夢>天下にとどろけ 宮城県内などで本格販売 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181025_12037.html
 
 
宮城のニュース

<だて正夢>初陣上々の出だし 首都圏でのPRに注力

買い物客はだて正夢の特設コーナーで足を止めた=24日、仙台市宮城野区のみやぎ生協幸町店

 宮城県産米期待の新品種「だて正夢」が24日、本格デビューを果たした。主力の「ひとめぼれ」以来となる大型銘柄は、他産地のライバルがひしめく高価格帯に打って出た。県は米どころの復権を懸け、首都圏でのPRに注力する。
 仙台市宮城野区のみやぎ生協幸町店では店舗入り口近くに売り場を特設し、2キロ入り180袋、5キロ入り560袋を準備。初日の特別価格は税抜きでそれぞれ1280円、2380円に設定した。
 仕入れを担当するコープ東北サンネット事業連合店舗商品本部の高橋透さん(55)は「発売前から問い合わせが多く、注目度の高さを実感している」と手応えを強調した。
 2017年産のだて正夢はプレデビューの位置付けで250トンを販売。このうち224トンが県内で流通したが、予想以上の売れ行きで購入希望者に行き届かなかった経緯がある。
 高橋さんは「県内では知名度こそ高いが、食べたことのない人が多い。一度食べてもらい、味の良さを知ってほしい」と話す。
 一方、県外での知名度は決して高くない。県は23日、販売開始に先駆けて東京・六本木でPRイベントを開催。日本航空全日空JR東日本機内食や軽食に採用を売り込むなど、新銘柄の浸透に躍起だ。11月には東京・表参道に期間限定のアンテナショップも設ける。
 東京・JR錦糸町駅近くで全国のブランド米を扱う専門店「亀太商店」。だて正夢を店頭精米で販売し、初日は約20キロが売れた。市野沢利明代表は「(だて正夢を)知らない人が多かったが、紹介したら20~30代の人が興味を持って買ってくれた」と話した。
 18年産は山形県の「雪若丸」や福井県の「いちほまれ」など新ブランド米の市場投入が相次ぐ。市野沢代表は「滑り出しは上々だが、競争は相当厳しい。埋没しないよう販売戦略に工夫が必要だ」と指摘する。


関連ページ:宮城経済

2018年10月25日木曜日

 

<だて正夢>初陣上々の出だし 首都圏でのPRに注力 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181025_12027.html

 

 

宮城のニュース

技能五輪宮城県選手団が活躍誓う 県庁で結団式

大会への決意を語る萱場さん

 11月2~5日に那覇市で開催される技能五輪全国大会と全国障害者技能競技大会(アビリンピック)に出場する宮城県選手団の結団式が24日、県庁であり、選手や関係者ら約100人が活躍を誓った。
 選手団長を務める渡辺皓県職業能力開発協会長が河端章好副知事から県旗を受け取った。フラワー装飾の部に出場する会社員萱場麻生さん(22)は「これまで培ってきた技術を発揮できるように全力を尽くす」と決意表明した。
 河端副知事は「自分の可能性を信じ、挑戦する心を持って大会に挑んでほしい」と激励した。県内からは技能五輪9種目に15人、アビリンピック7種目に7人が参加する。


関連ページ:宮城社会

2018年10月25日木曜日

 

 

技能五輪宮城県選手団が活躍誓う 県庁で結団式 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181025_13032.html

 

 

宮城のニュース

仙台市いじめ防止条例>骨子案 意見公募に440件 「差別生む」文言に注文も

 仙台市は24日、制定を目指す「いじめの防止等に関する条例」の骨子案に対する意見公募(パブリックコメント)に、91の個人・団体から440件の意見が寄せられたと発表した。いじめの背景として示した「発達の特性」などの言葉に「差別意識を生む」との指摘があった。2013年度以降に市が行った意見公募では最多の件数で、市民の関心の高さがうかがえる。

 骨子案の文言に関する注文や意見が目立った。内訳は「学校、教職員」の役割に関するものが87件で最多。案全体への意見が77件、「いじめへの対処」が42件と続いた。条例案と直接関連のない「その他」は73件だった。
 いじめの背景として「劣等感や発達の特性」を例示した基本理念に、「劣等感などの言葉はいじめの要因になりかねない」「差別の意識を生む」などの指摘があった。市子供未来局の担当者は、それぞれの意見に「条例化に当たっては適切な表現とする」と回答した。
 学校教育法に禁止規定のない教職員による不適切指導を禁止したことには「教員の指導が不可能になる」「混乱と萎縮を招く」と慎重な意見があったが、市は「威圧的、暴力的な言動はどんな場合も許されない」と削除しない考えを示した。
 保護者や地域の役割では「家庭の教育力を問う必要がある」「地域行事への児童生徒参加の効果は疑問」などの意見があった。
 市立小中4校の児童生徒約40人から9月に聞き取りした結果も公表。骨子案への意見ではないが、「先生も親も子どもの小さな変化に気付いてほしい」との声が上がった。
 意見公募や児童生徒への意見聴取の結果は、24日の市議会いじめ問題等対策調査特別委員会理事会で報告された。理事からは「子どもへの聴取は十分なのか」「各区1校ずつ聞くべきだ」などの意見が相次いだ。
 意見公募は7~8月に郵送などで受け付けた。意見と市の回答は市のウェブサイトで閲覧できる。


関連ページ:宮城政治・行政

2018年10月25日木曜日

 

仙台市いじめ防止条例>骨子案 意見公募に440件 「差別生む」文言に注文も | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181025_11016.html

 

宮城のニュース

<アプリ>クイズ、ゲームで食育推進 東松島市石巻専修大開発

デザインした食育アプリのイラストを確認する矢本一中の生徒

 宮城県東松島市石巻専修大宮城県石巻市)が食育を推進するアプリを制作している。クイズを通じて地域の特産や食の基礎知識、マナーを学べる内容で、画面の上から落ちてくる特産のカキをタッチして遊ぶゲームも取り入れた。11月18日から無料ダウンロードできる。
 アプリは(1)食育テスト(2)食事マナーの○×ゲーム(3)クイズ形式の野菜博士(4)栄養素を分類する栄養博士(5)カキをタッチするゲーム-の5機能で構成。市健康推進課が内容を考え、石巻専修大の学生がプログラミングを担当した。
 12日には市矢本健康相談センターで試作の発表会を開催。ゲーム理論などオペレーションズリサーチが専門の舛井道晴准教授が使い方を説明し、参加者は実際に操作してイラストの見やすさなどを確かめた。
 同大2年の三浦聖也さん(20)は「画面表示の動作がスムーズにいくようにするのが難しい。さらに改善したい」と語った。
 ○×ゲームのイラスト制作は市矢本一中美術部が協力した。部長の3年岡島政幸さん(15)は「分かりやすい絵を心掛けた。アプリで正しい食事マナーを学んでほしい」と期待する。
 市と同大は昨年度、東日本大震災からの復興支援で同大が貸し出しを受けた人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した食育テストを考案。好評だったため、本年度は気軽に挑戦できるアプリ開発に取り組むこととした。
 11月18日に市コミュニティセンターで開かれるイベント「ひがしまつしま食べメッセ」で披露する。市健康推進課の管理栄養士土井しのぶさん(43)は「市民がいつでも食育に関する情報に触れ、意識を高める環境をつくりたい」と意気込む。


関連ページ:宮城社会

2018年10月25日木曜日

 

<アプリ>クイズ、ゲームで食育推進 東松島市石巻専修大開発 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181025_13011.html

 

宮城のニュース

女子高生を盗撮しようとした疑い、男逮捕

 宮城県警遠田署は24日、県迷惑防止条例違反の疑いで、宮城県美里町駅東2丁目、会社員佐々木颯人容疑者(20)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は24日午前7時半ごろ、JR東北線小牛田駅の階段で、県北に住む女子高校生(17)のスカート内にスマートフォンを差し入れ、撮影しようとした疑い。同署によると駅で同様の被害の相談があり、署員が警戒していた。


関連ページ:宮城社会

2018年10月25日木曜日

 女子高生を盗撮しようとした疑い、男逮捕 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181025_13021.html

 
 

 関係する記事

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com