マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【だて正夢】障害者の都市仙台【カード型障害者手帳】

 10月24日のニュースです。

さて、2001年に第一回宮城障害者スポーツ大会をやった障害者の都市仙台市で、2つのニュースがありましたので紹介します。

当然私とは一切関係なく、伊達政宗が独眼竜と言う、天然痘(疱瘡)で片眼が落ちたことから障害者の街として親しまれているようです。

当然2020年東京五輪では、唯一パラリンピックのサッカーのみが利府町で開催されると言うことで、この土地の取り柄はそれのみです。

 

ちなみに私も精神障害者手帳は現在は持っておりますが、特に使い道がなかった。あとは更新する気は全くありません。

 

ちなみに、私の家系の過去の称号は天狗であり、職域の一部として疱瘡を管轄しておりましたが、まぁそれは過去のお話であり、私の人生では微塵にも関係無い御恩と奉公の関係は無く、家臣でも何でも無いので完全に無視です。

ちなみに、仙台市役所の市章が伊達の家紋であり、清和源氏から賜った三ツ引両(竪引両)です。

 

さて、下記の通り同日ニュースは、宮城県古川農業試験場で仕上がった新種の「だて正夢」ですね。

そして、障害者手帳のカード化厚生労働省よりです。

 

本日は、仙台市内では私にキリスト教が挑発してきましたが、仙台市と言う土地はそういう土地です。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

宮城県農林水産部は、今般のだて正夢の広報に当たり、ユーチューバーを採用したようですが、まぁ勝手にやられればいいと言うことで私が関与する必要はありません。

 

youtu.be

 

私は下野したので関係ない。しかしながら退職後に更に実害を受けたので、司法で金は回収する。それだけですね。

 

私は宮城米は食べておりません。全く知りません。

ちなみに、1kgは1080円(笑)と言うことで相変わらず臭いですね。

誰が食べるか!ですね。

 

また、ユーチューバーは木下と言うそうですが、木の下にあるのは土です。

水の私は逃げます(笑)

8月11日山の日なのでですが、これは私とは違う奴ですね(笑)

 

 

 

宮城の新ブランド米「だて正夢」 首都圏でも販売開始

もっちりとした食感が特徴の宮城県の新たなブランド米、「だて正夢」の本格的な販売が県内や首都圏で一斉に始まりました。

「だて正夢」は宮城県農業試験場が10年ほどかけて開発した新たなブランド米で、県内のほか首都圏の百貨店やスーパー、それにインターネットで24日から一斉に販売が始まりました。

このうち、東京・銀座の百貨店では炊きたての「だて正夢」が配られ、県の職員らがもっちりしていて甘いことなどをアピールしていました。

通常の販売単位は2キロか5キロですが、この百貨店では1キロ単位で販売していて値段は税込みで1080円。早速多くの人が買い求めていました。

2キロを購入した埼玉県の20代の男性は、「もちもちしておいしく、お弁当のごはんとして使いたいです。早く家で食べてみたい」と話していました。

宮城県農産環境課の千葉啓嗣技術補佐は「天候にも恵まれ品質の良いものができました。食卓の天下取りを目指し県内のみならず全国の多くの人々に食べてもらいたい」と話していました。

 

宮城の新ブランド米「だて正夢」 首都圏でも販売開始 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181024/k10011684331000.html?utm_int=all_side_ranking-social_010

 

 

 

f:id:masafree:20181024220633p:plain

障害者手帳も「カード」に 以前から希望する声が…

 

2018年10月24日 16時35分

 

自治体が交付する障害者手帳は、提示するとさまざまな料金の割引が受けられることなどから、多くの障害者が携帯していますが、手帳のサイズが大きいため、持ち運びしやすい小さなカード型にしてほしいという声が上がっていました。

24日開かれた厚生労働省の専門家会議で、障害者手帳のカード化が議論され、身体障害と精神障害の手帳について、希望する人はカード型で交付されることになりました。

カードは運転免許証などと同じサイズのプラスチック製で、氏名や住所、それに障害の内容などが記載されます。

厚生労働省によりますと、平成28年度末の時点で手帳の交付を受けている人は、身体障害がおよそ515万人、精神障害がおよそ92万人だということです。

知的障害については、以前からカードでも交付できることになっていて、自治体によってはすでに導入されています。

厚生労働省は今後、必要な省令の改正を進め、できるだけ早い時期にカード型の交付を始めたいとしています。

 

 障害者手帳も「カード」に 以前から希望する声が… | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181024/k10011684001000.html

 

 

関係する記事

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com