マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

10月22日

10月22日とは下記の様な日です。

 

ここで、国連が出てきます。

国連というのが、私の人生の重大な癌の一つです。

 

私は2008年10月24日に退職しましたが、この日が国際連合が設立されたと言うことで、私は官から下野したわけですから、こんな世界の癌は相手にしていません

国連そのものについては別な機会に書きます。

 

今回は年表のみに絞り、

環境と開発に関する国際連合会議は、1972年がスタートです。

そしてメキシコのカンクンで下記の通り1981年に行われています。

1992年2002年に行われていますが、

これがエルナン・コルテスの時代ですね。

私の最初の人生を潰す精神障害者医療の長期計画の策定です。

 

個人的に国連の様な犯罪組織の相手はしていません

それと国連の廃止は世界の民の願いです。

ネットではそういう声が多いんです。

 

1972年設立だとしても、私は脳の障害者の相手はしませんね。

無関係ですし、なぜ1972年の会議設置なのか理解に苦しむ案件です。

 

 

 

10月22日(じゅうがつにじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から295日目(閏年では296日目)にあたり、年末まであと70日ある。


1926年 - 明治神宮外苑が完成。

1981年 - メキシコ・カンクンで初の「協力と開発に関する国際会議」(南北サミット)開催。

エジプトのアブ・シンベル神殿の奥に陽が届く日。(年2回。もう1日は2月22日)


10月22日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/10%E6%9C%8822%E6%97%A5

 

 

環境と開発に関する国際連合会議(かんきょうとかいはつにかんするこくさいれんごうかいぎ、英語:United Nations Conference on Environment and Development、UNCED、ポルトガル語:ECO-92)は、1992年国際連合の主催によりブラジルリオ・デ・ジャネイロで開催された、環境と開発をテーマとする首脳レベルでの国際会議である。

 

経緯と概要[編集]

国際連合の主催による環境や開発を議題とする会議は、1972年6月の「国連人間環境会議」(ストックホルム会議)以来、1982年の国連環境計画管理理事会特別会合(ナイロビ会議)、1992年の環境と開発に関する国際連合会議2002年の「持続可能な開発に関する世界首脳会議」(環境開発サミット、ヨハネスブルグ・サミット)と、約10年ごとに開催されている。

このような流れの中、環境と開発に関する国際連合会議は、1992年6月3日から14日にかけて開催され、国際連合の招集を受けた世界各国や産業団体、市民団体などの非政府組織 (NGO) が参加した。世界172か国(ほぼすべての国際連合加盟国)の代表が参加し[1]協議資格英語版を持つNGOの代表約2400人のべ4万人を越える人々が集う国際連合の史上最大規模の会議となり、世界的に大きな影響を与えた。

 

環境と開発に関する国際連合会議 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%A8%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A%E8%AD%B0

 

 

関係する記事

 

 

元厚生官僚 前宮城県知事 浅野史郎の犯罪について - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/19/140800