マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【国旗国歌法】実はスペイン国民に全く相手にされていない自民党【諸行無常】

 この記事で100回目です。

それに相応しいとっておきのがありました。

 

まさに、スペインに相手にされていない自民党です。

 

1999年8月13日国旗国歌法は、エルナン・コルテスにあやかり、

自民党が決めた2000年代の為の君が代日の丸でした。

その下調べとして、自民党有識者に調べさせたと推測されます。

 

その成果が「西洋神名事典」でした。

 

西洋神名事典

西洋神名事典

シリーズ名:Truth In Fantasy
著者:山北 篤
定価:本体2,500円(税別) 
A5 379ページ 
ISBN 4-88317-342-9
発行年月日:1999年11月27日
在庫:品切れ
電子書籍版あり

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
 

本の紹介

ギリシア、ローマ、北欧、ケルト、スラブ、フィンランド、エジプト、バビロニアユダヤ・キリスト・イスラム教、アフリカ、ネイティブ・アメリカ、マヤ、アステカ、インカ…。西洋神話体系を中心としながら、さらには創作神話の神々までもピックアップ。主要神話の解題付。

 

西洋神名事典 | Shinkigensha Web
http://www.shinkigensha.co.jp/book/%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E7%A5%9E%E5%90%8D%E4%BA%8B%E5%85%B8/

 

1999年11月27日とは、これは1982年の中曽根康弘の第一次政権の開始日です。

 

要するに、スペイン大衆紙自民党なんて更々相手にしていない国からすれば蚊帳の外であり無関係と言うことで、自民党が関係妄想スペイン帝国無敵艦隊、スペインの太陽を崇めていたと言う結論がわかりました。

 

これは、まさに自民党の身から出た錆であり、この思想で人生を最低まで潰された私としては、大笑いするしかありません。

 

統合失調症は、まさに私ではなく自由民主党清和会であったと言う証明ですね。

スペイン人は自民党など更々相手にしていない。完全に無視です。

相手にしていないからニュースにならない。当然ですね。

 

ということで、単なるキチガイの関係妄想であったと言うことで、こちらがスペインに対して憎しむ意味もなく、単に日本国内で霞ヶ関が妄想していただけの結論でした。

 

ということで、私がスペイン帝国にメールを送ってもスルーされるのは、スペイン帝国が何も分からないので当然だと思うわけで、まぁやむを得ないと言うことです。

スペイン人は日本の政治には興味がない。

要するに一方的にスペインの太陽に依存するストーカーは自民党清和会であると言うことです。

神の国発言を見るとですね、神様を横並べしてみんな上げているんですよ。

その腹の内は、どの神様を使おうかな?と思っている腹黒い政治家の心の表れです。

 

このような行動をする人間はろくな結末にはなりませんね。

まさに、伊達政宗の仕事そのもので、帰国して自殺した支倉常長そのものです。

 

醜い2000年でした。

 

そして、 El Mundoの記事では、2012年でマヤの太陽が滅んだので、

2013年からスペインと日本の合意を格上げしたそうです。

150年記念と言うのもあるみたいですね。それは下記のリンク先の記事です。

まぁそれは別にいいのですが、私個人は自民党など更々相手にしていませんし、

こっちを見るなストーカーと言う言葉のみですね。

 

 最後に、「テフロン安倍」と言うあだ名が付いているようです。

テフロンはゴムと金属の中性物質だそうです。

スキャンダルに巻き込まれながら抵抗していく能力に対してのものみたいです。

これは馬鹿にされているあだ名ですね。

それがスペインでの日本の評価と言うことで。

 

最後に、スペインにすら面会できない仙台市役所男女共同参画財団 エル・ソーラ仙台市営地下鉄東西線スペイン帝国憲法鉄道など、これは関係妄想の度が過ぎた、キチガイの領域であると思います。

そして、表彰を受ける国はドイツですからね(笑)

知的障害者なので頭の治療が必須ですね。

 

 

 

 

安倍首相のスペイン訪問、スペイン最大紙は報じず、他紙も報道少なめ

白石和幸
El Mundo

3大紙の中で安倍首相のスペイン訪問を比較的きちんと報じた『El Mundo』

 安倍首相が今月18―19日にベルギーのブリュッセルで予定されているアジア欧州会議(ASEM)に出席する前の16日、スペインのマドリードを訪問。サルスエラ宮殿を訪問して国王フェリペ6世に謁見、その後、モンクロア首相官邸に移り今年6月に就任したペドロ・サンチェス首相と会談をもった。

 

スペイン最大紙は安倍訪問を無視

 

 スペインの3大紙『El País』、『 El Mundo』、『 ABC』の中で安倍首相の訪問内容を比較的詳細に報じたのは『El Mundo』だけであった。『ABC』は訪問を伝えるだけで、その詳細についての説明はなし。スペインで一番購読率が高い『El País』に至っては今回の訪問についての報道はまったくなし。(参照:「El Mundo」、「ABC」)

 地方紙では、情報元がスペインを代表する通信社EFEを利用するカタルーニャ地方の2大紙『La Vanguardia』と『El Periódico de Cataluña』が安倍首相の訪問を取り上げている。特筆すべきは、前者の記事の中にスキャンダルに色々と巻き込まれながらそれに抵抗している能力を称えて<「テフロンの安倍」>というあだ名が付けられていると指摘している点だ。

 ちなみに、同様に王宮と首相官邸からも広報として今回の訪問が伝えてはいる。

 

安倍首相のスペイン訪問、スペイン最大紙は報じず、他紙も報道少なめ | ハーバービジネスオンライン
https://hbol.jp/177037

 

 

関係する記事

 

マヤ・アステカ文明を滅ぼしたのはキリスト教 - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/15/174150

 マヤの太陽の消滅に向けた国旗国歌法に係る「男女共同参画」 - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/10/170001

東北大学卒 前仙台市長 奥山恵美子の犯罪について - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/20/151123