マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

仙台市長会見の動画配信へ

 これは縦割りの叩き合いでそういう展開になったのだと私は捉えます。

 

さて、第11番目の政令市で太陽を自称している仙台市役所ですが、こういう情報公開には後ろ向きで疎いようです。

平成元年とはなんだったのか?と首をかしげるばかりです。

特に平成で仕上げたのが仙台市営地下鉄東西線であり、これがスペインの太陽ですから私の風は全くないと言うことです。

南北線は1972年発進の私の太陽でしたが、もはや更々相手にしていないと言うことです。

市バスに松陵が切られたのもまさしくそういうことです。

そもそも、陵は天皇の墓のことなので、こちらは全く関係無いですね。最初から。

 

下記ニュースを眺めると、元TBC社員の現市長が動画に配信されると言うことで、テレビ業界の人間が、今更寝不足とか化粧を心配するのは、素人だなと感じるわけですが、

まぁ、神社を更地にしたり、馬鹿げた市政は進めないでほしいものです。

特に、馬鹿でも出来る「障害者差別解消法」のパンフレットすら障害者家庭に送付も出来ず、ラーメン屋の出前レベルの仕事も出来ないのかと驚いているわけですが、何がやりたい仙台市役所なのかは私は全く存じ上げません。

 

 

 

宮城のニュース

仙台市>市長会見ようやく動画配信 全国20政令市で18番目

ユーチューブにアップされた郡市長の定例記者会見の映像

 仙台市は16日、インターネット上で、市長定例記者会見の動画配信を始めた。生中継せず、録画した映像を会見終了後に動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップする。市長会見を動画配信するのは、全国20政令市で18番目。
 市役所本庁舎の記者会見場にビデオカメラ1台を設置。会見中は市長のみを撮影し、音声は質問する記者や補足説明する市職員を含め収録する。原則編集せず、当日中に動画をアップする。市ホームページ(HP)にリンク画像を貼る。
 市長会見は市議会定例会開会中を除き、原則として毎週火曜にある。従来はやりとりを文字に起こして言い間違えなどを修正し、市HPに概要を掲載していた。動画配信後も聴覚障害者向けに文字情報は載せる。
 「(市政トップが)どんな表情で何を話すかというのは、市民にとって重要な情報になり得る」と意義を強調した郡市長。「動画配信に耐えられるよう、前の晩は夜更かししないようにしなければ…」と語った。


関連ページ:宮城政治・行政


2018年10月17日水曜日

 

仙台市>市長会見ようやく動画配信 全国20政令市で18番目 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181017_11028.html

 

 

 

関係する記事

 

【仕事が出来ない集団】仙台市教育委員会のレベルの低さ(伊達の遺跡を地元に無断で解体) - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/16/093301