[PR]

 17日午前8時過ぎ、福岡県大牟田市通町1丁目にある熊野神社の鳥居がトラックの上に倒れ、運転手の60代男性が負傷し、病院に搬送された。

 大牟田市消防本部などによると、トラックは重機を積んでおり、市道に立つ鳥居の下をくぐろうとしたところ衝突。石製の鳥居が運転席の上に崩れ落ちたという。男性は意識はあり、ドクターヘリで救急搬送された。

 現場は市役所から約2キロの住宅地。近くに住む介護職員の女性(20)は「突然がーんと地響きのような音がして家を飛び出した。乗っていた男性が脱出しようとしたが出られず、消防に救助されていた。大変驚いた」と話した。