マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

北風と太陽(イソップ童話)

これは人として当然のことなのですが、

この仙台はそういう倫理教育が施されない土地なので、こうやってブログに書くわけです。教育委員会のレベルが知れます。

人は相手にされなくなれば終わりであり、何をやっても未来永劫相手にされないわけです。

特に仙台の自治体の体質として、看板として何を過去にしでかしたかが理解出来ていない

人を入れ替えれば、全てがリセットされるのだと、妄想しているようです。

 

下記が有名すぎて知らない人間は存在しないと思われるイソップ童話です。

知らなければ、教育水準が低いと言われるかも知れません。

ただ、国柄、地域によっては別な格言等で代用されているかも知れません。

重要なのは中身が何を言わんとしているかです。

 

北風の人間は、何処まで行っても相手にされないんですよ。当然ですが。

何をやっても無駄で、逆に悪化すると言う教えが下記ですね。

 

結論として、私は仙台なんて相手にしてない。勝手にストーカーが関係妄想を持っているのでは?

そういうのは、ただのキチガイとしか言えませんね。

サイコパスでもあると思います。

 

 

 

北風と太陽

 北風と太陽が、どちらが強いかで言い争っていました。
 議論ばかりしていても決まらないので、

それでは力試しをして旅人の着物を脱がせた方が勝ち

と決めようという事になりました。


 北風が、始めにやりました。
 北風は思いきり強く、
「ビューッ!」
と、吹きつけました。
 旅人は震えあがって、着物をしっかり押さえました。
 そこで北風は、一段と力を入れて、
「ビュビューッ!」
と、吹きつけました。
 すると旅人は、
「うーっ、寒い。これはたまらん。もう1枚着よう」
と、今まで着ていた着物の上に、もう1枚重ねて着てしまいました。
 北風は、がっかりして、
「きみにまかせるよ」
と、太陽に言いました。


 太陽はまず始めに、ポカポカと暖かく照らしました。
 そして、旅人がさっき1枚よけいに着た上着を脱ぐのを見ると、

今度はもっと暑い強い日差しを送りました。
 ジリジリと照りつける暑さに、旅人はたまらなくなって着物を全部脱ぎ捨てると、

近くの川へ水浴びに行きました。

 人に何かをしてもらうには、北風の様に無理やりではうまくいきません。
 太陽の様に相手の気持ちになって考えれば、

無理をしなくても人はちゃんと動いてくれます。

 

北風と太陽 <福娘童話集 きょうのイソップ童話
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/09/18.htm

 

 

 

関係する記事

 

馬鹿は何もすべきじゃない、火に油を注ぎ最悪の結果になる - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/14/222200

東北熊襲(くまそ)発言 - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/15/084901

関係妄想(統合失調症の代表的症状) - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/13/190000