マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

奥山恵美子と組んだドイツ政権の歴史的敗北

仙台市の犯罪については後日まとめます。

ここではドイツと仙台市役所の因果について。

 

私は、2000年に現在の宮城県大河原地方振興事務所において、

遠藤と言うドイツBMWを所有していた職員と共に、当時工場検査の気持ちとして業者より粗品を受けたわけですが、先に受けたのがこの遠藤です。

結果的に私が退職勧奨されたのが2000年度です。

その時代に角田市に出来たのが仙南シンケンファクトリーと言うドイツの地ビールを目玉にした施設です。

 

goo.gl

 

 

その後に私は宮城県庁と言う愚かな組織を去ることになったのは、別な記事で触れていますが。後に仙台市奥山恵美子とドイツで共謀して私の人生を潰したと言う顛末です。

 

 

4月23日(しがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から113日目(閏年では114日目)にあたり、年末まではあと252日ある。誕生花はハナミズキ、ボタン。

 

1869年(明治2年3月12日) - 明治天皇が歴代天皇で初めて伊勢神宮に参拝。

1941年 - 第二次世界大戦: ドイツ国防軍アテネ侵攻に伴い、ギリシャ政府と国王ゲオルギオス2世が亡命。

1949年 - GHQが日本円とアメリカドルとの交換レートを1ドル=360円に決定。

1993年 - 今上天皇が歴代天皇で初めて沖縄を訪問。

2007年 - 航空自衛隊の練習機T-3がこの日をもって全機退役。


地ビールの日(日本の旗 日本)
日本地ビール協会を中心とする地ビールの日選考委員会」が1999年に制定し、2000年から実施。1516年のこの日、バイエルン公ヴィルヘルム4世が「ビール純粋令」を発布したことにちなむ[1]。ドイツではこの日が「ビールの日」になっている。


シジミの日(日本の旗 日本)
日本シジミ研究所が2007年に制定。「し(4)じみ(23)」の語呂合わせ。


4月23日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%9C%8823%E6%97%A5

 

 

 

 

4月23日は、私が仙台市泉区保健福祉センター障害高齢課障害者支援係刑法193条違反で、青葉病院の閉鎖病棟2012年4月23日より2013年7月12日までぶち込まれたと言うことです。

 

仙台市役所犯罪自治ですから、ちゃんとリンクしているわけで、ちゃんと奥山恵美子がドイツと組んでいたニュースも入手済みです。

 

それが下記です。

 

 

日本人初の栄誉 Deutscher Nachhaltigkeitspreis 2012仙台市の奥山市長が
「ドイツ持続可能賞 名誉賞」を受賞

Deutscher Nachhaltigkeitspreis今を生きる我々の生活の発展だけでなく、未来を見据えることでより豊かな社会のあり方を模索する時代に突入した21世紀。環境問題やエネルギー問題を論じる際、特に重視される概念が「持続可能性」だ。そのことを象徴するように2008年に設立された「ドイツ持続可能賞」では昨年、仙台市奥山恵美子市長が、震災復興の取り組みを評価され、日本人として初めて「名誉賞(Ehrenspreis)」を受賞した。仙台市とドイツ持続可能賞を結び付けた東日本大震災後の取り組みについて、奥山市長にお話を伺った。(Text: Megumi Takahashi)

ドイツ持続可能賞とは?
2008年から毎年、持続可能な社会の実現を促すために活動した個人や企業、団体に賞を授与している。名誉賞は国際レベルで持続可能性に多大な貢献をした人に授与され、過去には、英国のチャールズ皇太子も受賞(2008年)した。 www.nachhaltigkeitspreis.de

ドイツ持続可能賞 名誉賞
ペトラ・ロート氏(前フランクフルト市長)と
奥山市長(左から)

ドイツの国会議事堂のガラスのドームを手掛けるなど、建築によって持続可能性を実現するノーマン・フォスター、1960年代に人気女優として上り詰め、現在はユネスコ親善大使として活動しているクラウディア・カルディナーレ、政治・社会運動に積極的な取り組みを見せるスコーピオンズやディ・プリンツェンらスターに並び、ドイツ持続可能賞の名誉賞を受賞した奥山市長。

2012年12月6日、約1200人のゲストが見守る中、奥山市長が「『杜の都』と呼ばれる仙台の緑は津波によって奪われてしまいましたが、再び1本1本、木を植えています……市民が希望を持てるように復興を進めることが私の仕事」「震災を通して持続可能な都市計画の重要性を実感した」とスピーチすると、大きな拍手が会場を包んだ。


受賞の一報を受けてどのような感想をお持ちになりましたか?

奥山市長:大変名誉なことです。特に、ドイツは環境問題に関して様々な先進的な研究や試みをしている国。我々としてもドイツを目標としてきた面もあります。そのドイツから、「これからも頑張れ!」という趣旨も含めて賞をいただいたということは、大変励みになりました。

仙台市内だけでも、死者・行方不明者を合わせて約1000人、建物の被害は10万戸以上に及んだ東日本大震災後の復興計画。これまでの都市計画との決定的な違いはどこにありますか?

奥山市長:1つは、津波に対する考え方です。日本では戦後、大規模な工事を行い、あらゆるところに巨大な堤防を造りました。これによって、海岸沿いに家を建てても人命が失われるようなことはないだろうと考えられてきたのです。それは、相当に浅はかな考えだったわけですが、改めて、いくら文明が進んでも自然災害をすべて防ぐことはできない、大規模災害に際しては基本的に逃げるしかないのだと、基本的な価値観を変えたところが大きいと思います。

また、都市生活が、いかに電力や燃料に依存していたかということも実感させられました。電気がないと、エレベーターも動かないし、水道も(上の階には)供給されない。停電することが悪いのではなく、我々の生活が、潤沢なエネルギーが供給されることを前提として成り立っていたことが問題です。そのライフスタイルそのものが、甘かったのです。これからは、今よりもはるかに低いエネルギーレベルでも最低限の生活が成り立つよう、地域全体で使用するエネルギー量を下げた「スマートシティー」のような新しい街を作っていこうとしています。

新しい街づくりに、「コミュニケーション」というキーワードも掲げられていますね。

奥山市長:日本では、昔から「向こう3軒両隣」という考え方があり、人と人が交流することを前提とした社会に生きてきたはずです。この災害をきっかけに、もっとコミュニケーションを楽しむ街づくりを考えても良いのではないかと思います。今回の災害で、一番素晴らしかったのは市民の力。災害は、大規模になればなるほど、第一に人命救助、ライフラインの回復と問題が山積し、自治体や国は、すぐに市民の側に行くことができないのです。その間は被災された方同士、お互いに協力しながら暮らしてもらわなければならない。今回は、奇跡的にそれができたんです。

授賞式
(左から)シュテファン・シュルツ・ハウスマン氏(ドイツ持続可能賞ファンデーション理事長)、
ロート氏、奥山市長、通訳者、ディルク・エルバース(デュッセルドルフ市長)

暴動など、目立った混乱が起こらなかったことが、海外では注目されました。

奥山市長:そこには、日本の町内会という仕組みがあるのではないでしょうか。仙台は、大都市であるにもかかわらず、町内会組織率が約90%。ある地域に住む人が、半強制的に参加する町内会という特殊な団体が、今も一定の権威を持っていることが、初期の避難所の運営に役立ちました。色々ご不満もあったでしょうが、誰一人、暴動や空腹によって避難所で命を落とす方がおられず、10万人の被災者が支え合って、最初の1週間以上を生き延びてくださった。その間に電気が回復し、全国からも救援部隊が駆け付けて、避難所が本格的に運営されるようになったのです。

大規模な都市計画は、市民の理解を得る難しさがあると思います。「市民力」を復興の要に掲げる市長にとってはいかがですか?

奥山市長:大きなプロジェクトが動く際には、反対の利害を持つ人がいるものです。スマートシティーに反対される方もいらっしゃいますし、これからも海岸沿いに住みたいと主張される方もいます。しかし、安全に関しては当自治体としてしっかり規制する条例を作りました。海岸沿いなどの指定区域には、これ以上新しい家を建ててはいけないという内容です。一方で、多くの市民が3.11で苦労されたので、自分たちと同じように苦しむ可能性を子孫に残したくない、課題はあるけれども自分たちが新しい方向に足を踏み出し、後の世代が安心して暮らせる社会を、と願っています。そういった面では、市民間で共通の合意形成、前に進んでいこうと気持ちを同じくしていると思っています。

最後に、読者の皆さんに向けて、一言メッセージをお願いします。

奥山市長:ドイツおよび在独邦人の皆様からは、かなり早い段階から多額のご支援をいただきました。改めて、日本とドイツとの繋がりが歴史的に深いものだったことを実感し、感謝しております。また、ドイツからのご支援で特徴的なことは、目的がはっきりしたものだったということ。教育と福祉、そして文化へのご支援を多くいただき、例えば、宮城県内の被災した孤児たちの就学費用に使わせていただいたり、子どもたちが失くした楽器を補充するためにご支援をいただいたりしました。まだまだ、住宅が再建されるまでには時間が掛かると思いますが、あと2年後には、相当の数の方が新しい家に入っていると思います。そういう形で、日本も頑張っています!

仙台市の奥山市長が「ドイツ持続可能賞 名誉賞」を受賞 - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト
http://www.newsdigest.de/newsde/features/4815-deutscher-nachhaltigkeitspreis-2012/

 

 

ドイツ持続可能賞受賞等ドイツ訪問の報告(発表内容)

12月4日から8日の間、ドイツを訪問してきましたので報告します。

まず、一つの目的はフランクフルト市からいただいた障害者福祉サービス施設「まどか荒浜」に対する大きな援助について、フランクフルト市長と市民の方々に対し、感謝と「まどか荒浜」が再建されて通所者の方々が元気に生活していることを報告するため訪問しました。

こちらが、その時のパネルです。フランクフルト市長ご自身が1時間くらい時間を割いていただいて、今の東日本大震災の状況や仙台市の全体的な状況などもおたずねいただいた他に、「まどか荒浜」の方が作り、私に託していただいたクリスマスツリーをかたどった飾りのようなものを差し上げたところ、大変喜んでくださいました。もし今後自分が日本に行く機会があれば仙台にも足を延ばして「まどか荒浜」にも、ぜひ伺いたいというお話をいただきました。

もう一つは、ドイツ持続可能賞の授与式への出席です。授与式の前に、パネルディスカッションがありましたが、私のほか建築家のクリストフ・インゲンホーフェン氏と都市計画の専門家クラウス・テプファー氏が出席し、建築や都市計画から見て震災に強い都市づくり、都市計画を進めていくことが必要だというお話がありました。

私からも、まち全体を省エネルギー型のエコタウンにしていくこと、また建物自体も省エネタイプの公共建築など率先してCO2削減も含めた建物を建築していくことによって、普段から少ないエネルギー消費でやっていける都市は、災害にも強い都市だろうというお話をさせていただきました。

そのドイツ持続可能賞の受賞の時に、フランクフルトの前市長のペトラ・ロート氏という女性の市長さんが横浜市との姉妹都市の中で実際に寄付を決定していただいた市長さんでファンデーション側の配慮かと思いますが、ペトラ市長さんが私のプレゼンターで実際にトロフィーをくださいました。こちらにあるものが、その現物になります。

日本で考える大相撲の優勝トロフィーなどとは形が違う、ロシアのマトリョーシカのような形になっていて、地球と環境というものを一つのボールで表していると思います。その中にいくつもの要素が絡まりあっていて、そして中心に大切な何かがあるというような感じで作られています。なかなかユニークなトロフィーだと思って改めて私もドイツの方々の環境に対する熱意は並々ならぬものがあると思いました。このトロフィーも相当にエッセンスを考え抜いてデザインしたものだということが改めて分かったところです。

この授与式の中で面白いなと興味深く思ったのは、私どものように個人として名誉賞をいただく方も複数いらっしゃるわけですが、それ以外にドイツの各都市が、都市の大きさによってコンペティションみたいになっている部分があって、大規模な人口を持つ都市の中で今年一番持続可能性を高めるためによい事業をやったのはどこか、ということで表彰したり、次に中くらいの都市の中での表彰、そして小規模都市の中でも表彰するという各自治体間の中でそれぞれに競争させてよりよいモデルを作ろう、それを皆で共有していこうというような国を挙げてという形が、このドイツ持続可能賞の中にも組み込まれているのが、これもまたドイツらしい徹底した進め方だと、私もそういった制度は日本の中でもいろいろありますが、取り組んでいけるのではないかと改めて思いました。

仙台市長 奥山 恵美子

ドイツ持続可能賞受賞等ドイツ訪問の報告(発表内容)|仙台市
http://www.city.sendai.jp/sesakukoho/shise/gaiyo/shichoshitsu/kaiken/2012/12/homon/index.html

 

 

12月6日(じゅうにがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から340日目(閏年では341日目)にあたり、年末まであと25日ある。


1978年 - スペインで現行のスペイン1978年憲法が成立。(スペインの憲法記念日

2008年 - ギリシャアテネで15歳の少年が警察官に射殺される。抗議行動がギリシャ全土に広まり、一部が暴動化。(2008年ギリシャの暴動)

2015年 - 仙台市地下鉄東西線八木山動物公園〜荒井)が開業[1]。

12月6日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%886%E6%97%A5

 

 

奥山恵美子12月6日ドイツのフランクフルトで表彰されていますが、それがスペインの太陽であるせんだい男女共同参画財団の「エル・ソーラ」です。

当然、2000年発進の仙台市市営地下鉄東西線の日付も同じです。

仙台市役所はドイツとスペインで、私を閉鎖病棟にぶち込み、そして伊達政宗を持ち上げて栄華としていたわけです。

 

私はですね、仙台藩などと言う東北熊襲の産地なんて最初から相手にしていない、向こうが勝手にストーキングしてくるだけです。

 

 

マヤの太陽の消滅に向けた国旗国歌法に係る「男女共同参画」 - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/10/170001

東北熊襲(くまそ)発言 - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/15/084901

仙台市泉区松陵での車の転落事故について - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/09/103050

 

 

 

それで、ドイツのメルケル政権は、昨日に下記のニュースの通り、私が退院した年である前回選挙の2013年より、68年ぶりの大敗北を喫したわけですね。

キリスト教社会同盟(CSU)だそうです。

 

 

 

 

バイエルン州で与党大敗 メルケル政権に打撃

バイエルン州で与党大敗 メルケル政権に打撃: 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36479640V11C18A0I00000?s=3

 

 

 

でですね、この2012年4月23日には、奥山恵美子パンダ外交もしていました。当日に中国から政治家で外交官である唐家セン若林区災害仮設住宅を訪れていたと言うことです。

 

私の人生で飯を食っていたのが、現行で七十七銀行に養われている奥山恵美子だと言うことですね。

中国の件については後日書きます。

最終的には奥山恵美子 東北大学の犯罪を網羅してまとめます。

 

 

関係する記事

 

 私が全く相手にしていない、群馬県高崎市 - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/14/162759

10月12日 - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/12/224050

神道政治の煩悩108とは! - マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs
https://maya-taiyoushin.hatenablog.com/entry/2018/10/12/191151