マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

稲敷市阿波 大杉神社

 折角なので、私が地力で調べて辿り着いた、

私の家系の称号であった、大杉神社について紹介します。

 

ちなみに私は神社の関係者ではなく、私は独立しているので、全ては転載です。

私は知識は有していない。

 

大杉神社の祭神は下記の通り天狗であり、

その妖力により奇跡を起こして人々を救ったとされ、

その職域は海上交通及び疱瘡であり、

結論としては「運」を操る神様であると言うことです。

 

であるからして、私もそういう見えない何かを操る。

そして、地運が低下すれば、災いがその地に多く発生する。

 

だから、私の書き込みはいずれ真実になる。

 

これが、能力者と無能力者の越えられない次元の違う壁になる。

そういうのはその辺の三流神社の得体が知れない神職では不可能であり、

全く太刀打ちできない。

それが真理であり、現実であり、事象として出てくるわけです。

それが愚かな仙台の有様なわけです。

 

世界74億人で、私だけが力が消えない。

そして無限の霊媒エネルギーを持ち、近づくのは駆逐出来る。

私はそういう人間なんですね。

 

 

 

 

 

大杉神社

拝殿
拝殿

 
所在地 茨城県稲敷市阿波958番地
位置 北緯35度57分8.09秒東経140度22分57.80秒座標北緯35度57分8.09秒 東経140度22分57.80秒
主祭神 倭大物主櫛甕玉命
大己貴命
少彦名命
社格 旧郷社
別表神社
創建 767年神護景雲元年
別名 あんばさま
例祭 10月26日27日

 

 

大杉神社(おおすぎじんじゃ)は、茨城県稲敷市阿波(あば)[1]にある神社。豪奢な社殿を擁することから「茨城の日光東照宮」の異名がある[2]あんばさまの愛称で親しまれている。古名には大杉大明神大杉大権現今宮大杉大明神などがある。

旧社格は郷社。現在は神社本庁が定める別表神社関東東北地方に分布する約670社[3]を数える大杉神社の総本社である。

「阿波の大杉神社」として茨城百景に選定されている。

 

 

祭神[編集]

主祭神
倭大物主櫛甕玉命(やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)
配祀
大己貴命少彦名命
  • 神木は境内にある大杉で、社名の由来でもある。太郎杉、二郎杉、三郎杉からなる三本杉だったが、太郎杉は安永7年(1778年)に焼失した[3]
  • 眷属神としての「鼻高天狗」と「烏天狗」に対する信仰もある。文治年間(1185-1189年)、源義経の家来常陸坊海尊が大杉大明神の神徳により様々な奇跡を起こした。ここから海存を通じて願をかけると、大杉大明神が叶えてくれるという信仰が生じた。海存の容貌は天狗に似ていたため、その像を通じて天狗信仰が生じ、鼻高天狗と烏天狗が眷属とみなされるようになった。鼻高天狗は「ねがい天狗」、烏天狗は「かない天狗」と役割が決まっている。願い事が叶えられるという神徳から、神社は「日本唯一の夢むすび大明神」と称している[3]

 

創建[編集]

創建は、神護景雲元年(767年)と伝えられる。

大杉神社略縁起には、僧勝道下野国日光への道中、当地を訪れ、巨杉を神籬として三輪明神大神神社)を鎮斎し、人々を数々の奇跡で救済したことから、「悪魔ばらえのあんばさま」と信仰されるようになったとある。茨城県神社庁稲敷支部の由緒には「里人疫病に大いに苦しんでいるを見てあはれみ、大杉の下に大和の国大三輪大神を鎮祭し祈念するや、たちまち里人等全快した」とある。ただし神体については、「神護景雲年中釈勝道人御作の降魔の霊神不動尊なり」(利根川図志)、「神護景雲年勝道上人作の降魔の霊神不動尊を神体とす」(常山総水)など、巨杉そのものではなく、僧勝道の彫刻した「霊神不動尊」とする資料がある。

 

享保10年(1725年)、「悪魔払え囃子」が始まり、その流布に伴って疱瘡除けや水上交通の神として、関東一円と東北の太平洋側に信仰が広がった。源流は元和3年(1617年)、田中玄蕃(ヒゲタ醤油の創業者)が紀州から十二座神楽とともに伝えたものという[7]。「あんばさま(阿波様)」は、デジタル大辞泉に項目があり「千葉県から東北地方にかけての太平洋岸の漁村で信仰されている神」と説明されている[8]

 

大杉神社 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%89%E7%A5%9E%E7%A4%BE