マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

カルトを呼び寄せる聖地 仙台

仙台と言うのはカルト都市です。

私は基本的に来るとろくな事が無いと申し上げています。

結果的に大方散々な目に遭いますね。

サイの目がどう出るか分からない土地です。

 

下記はJRの新幹線のお話です。

金沢から仙台までを直通で結んだ新幹線を走らせたと言うニュースですが、

これこそがカルトです。

本来は東京で乗り換えるべきですね。

 

2018年10月9日は新月でした。

この新月とは何か新しいことを始めるのに適した日と言われています。

 

記事の見出しはいきなり420人であり、これは神武天皇(年始から42日目)ですね。

110人が昨年の110年ぶり強姦罪改正の2001年の男女共同参画からの〆です。

80人は、これは私の8月11日に合わせて80と110で8月11日ですね。

あとはどうでもいい捨て値です。

この思想は当然 石川県森喜朗がやっているので2020年の東京五輪でもその通りなわけです。

国支出の8011億円とは、まさにその通りですね。

 

 

 

 

 

仙台から直通新幹線、420人金沢に 5回目運行

北國新聞2018年10月10日02時16分

仙台から直通新幹線、420人金沢に 5回目運行

 JR西日本JR東日本は9日、仙台駅から金沢駅までを乗り換えなしで結ぶ直通新幹線を運行した。旅行会社のツアーに申し込んだ約820人が利用し、金沢で約420人が降車した。10日に復路を走らせる。直通新幹線は金沢発着も含めて5回目となる。 直通新幹線は午前7時56分に仙台を出発し、福島、郡山に停車して北陸へ向かった。道中、初めて宇都宮にも停車した。金沢駅には午後0時8分に到着し、ミス百万石やミス加賀友禅加賀友禅大使らが出迎えた。JR西金沢支社によると、110人が長野、80人が黒部宇奈月温泉、170人が富山、40人が新高岡で降りた。 直通新幹線は21〜23日に金沢発着の1往復を運行する。11月にJAの貸し切り列車として、初めて金沢発着の福島行きを走らせる。

 

仙台から直通新幹線、420人金沢に 5回目運行(北國新聞) JR西日本JR東日本は9日、仙台駅か…|dメニューニュース(NTTドコモ
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hokkoku/region/hokkoku-109709515

 

 

 

 

東京五輪・パラ経費3兆円超か 検査院指摘、国支出8011億円に膨らむ

 2020年東京五輪パラリンピックをめぐり、会計検査院は4日、平成29年度までの5年間に国が支出した関連経費が約8011億円に上ったと明らかにした。これまで国の負担分は会場整備費を中心に1500億円としていたが、大きく上回った。検査院は30年度以降も多額の支出が見込まれるとしており、大会組織委員会と東京都が見込む事業費計2兆100億円を合わせると、経費の総額は3兆円を超える可能性が出てきた。

 組織委は大会に直接関係がある経費を総額として公表してきたが、検査院は各省庁の関連施策費も集計。新国立競技場のセキュリティー対策事業など五輪に直接関わる経費も除外されており、検査院は国や組織委に大会との関連性を精査して経費の規模の全体像を示すよう求めた。

 これまで公表されていた大会経費の国の負担額は、新国立競技場の新規整備費1200億円、パラリンピック経費300億円の計1500億円。しかし、検査院が各省庁の関連施策費を集計した結果、1500億円を含めて25~29年度に8011億9千万円を支出していたことが分かった。

 省庁別で最も多かったのは国土交通省の約2605億円で、経済産業省の約1993億円が続いた。施策別では「暑さ対策・環境問題への配慮」の約2322億円、「アスリート、観客らの円滑な輸送および外国人受け入れのための対策」の約1629億円の順。

 

 東京五輪・パラ経費3兆円超か 検査院指摘、国支出8011億円に膨らむ(2/2ページ) - 産経ニュース
https://www.sankei.com/tokyo2020/news/181004/tko1810040002-n2.html

 

 

 

 関連の記事を補足追加(2018/10/10 13:00更新)

仙台に触れるとその通りという一例です。

 

 

宮城のニュース

仙山線愛子駅が来年1月にリニューアルオープン

JR仙山線愛子駅新駅舎の外観イメージ(JR東日本仙台支社提供)

 JR東日本仙台支社は22日、仙台市青葉区のJR仙山線愛子駅を来年1月20日にリニューアルオープンすると発表した。旧駅舎は築88年の木造駅舎で老朽化に伴い、今年5月末から新駅舎を建設していた。現在は仮駅舎で営業をしている。
 新駅舎は鉄筋平屋建てで床面積は140平方メートル。旧駅舎より約50平方メートル広くなる。外壁は同駅近くの諏訪神社、子愛子観音堂などのしだれ桜の幹をイメージし、茶系の色合いで統一した。
 同支社の坂井究支社長は「愛子駅は通勤、通学客が増え、毎年約2%ずつ伸びている。新駅舎はより快適に使ってもらえるはずだ」と話した。

 

関連ページ:宮城社会

2017年11月23日木曜日

 

 <仙山線愛子駅が来年1月にリニューアルオープン | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171123_13016.html

 

 
住田正二氏が死去 JR東日本初代社長

 死去した住田正二氏 死去した住田正二

 元運輸事務次官JR東日本の初代社長を務めた住田正二(すみた・しょうじ)氏が平成29年12月20日午前4時1分、老衰のため死去した。95歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。後日お別れの会を行うが、日程は未定。

 JR東が5日発表した。東京帝大(現東大)を卒業し、昭和22年に旧運輸省(現国土交通省)に入省。官僚トップの事務次官を務めた後、臨時行政調査会(臨調)、国鉄再建監理委員会に加わり、国鉄分割民営化の中心的な役割を果たした。

 62年に発足したJR東の社長に就き、会長や最高顧問も歴任。同社の株式上場や完全民営化を推進した。「お役人の無駄遣い」などの著書を通じ、行政改革を唱えたことでも知られた。

  

 住田正二氏が死去 JR東日本初代社長 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/180105/lif1801050026-n1.html

 

 

 愛子さま学習院内部進学へ 東大説囁かれるも受験クラス入らず(2018年4月20日) - エキサイトニュース(1/3)
https://www.excite.co.jp/News/society_clm/20180420/Jisin_34047.html